電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

164,625件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.036秒)

電子情報技術産業協会(JEITA)が21日発表した黒物家電を主とする民生用電子機器の1月の国内出荷額は、前年同月比17・7%減の780億円で11カ月連続して...

ゲル・コート・バイオマテリアルズは水分を多く含む高分子のハイドロゲルと、酵素などの不安定な分子を包み込んで安定化させる技術を基に起業した。この技術は東京大学の高井まどか教授らの研究成果。

この設計ノウハウを要素技術として活用し、大量生産対応技術を開発する。 ... この要素技術を海外工場の大量生産ラインに展開する」としている。

入野機工は旧山田工機(2020年に廃業)の内面研削盤事業を存続するため、「第二会社方式」を応用し、製造技術を譲り受けて20年に発足。

2021年には水素関連を分離独立させ、「岩谷水素技術研究所」を同敷地内に設立。... だが技術的に難しいので、足元ではふん尿などのバイオマスから合成する『バイオLPG』の研究が先行する。... いずれ...

ファイルいい話/清川メッキ工業 樹枝状ニッケル粉 (2024/2/22 素材・建設・環境・エネルギー1)

技術部の児玉清人部長代理は「開発した2021年ごろと比べ、年間の問い合わせ件数が5―6倍近くに増えた」と声を弾ませる。 ... 樹枝形状のため表面積が大きく「(表面積の大きさ...

企業研究/ミクニ(4)EV開発期間の大幅短縮対応 (2024/2/22 自動車・モビリティー)

脱炭素に向け、完成車メーカーや部品メーカー各社が電動化関連技術の開発でしのぎを削る。... 取締役常務執行役員最高技術責任者(CTO)の橋本徹は「世界中で同様のことが進んでいるが、先頭...

日本ゼオン、米新興に投資 原料製造を脱炭素化 (2024/2/22 素材・建設・環境・エネルギー1)

日本ゼオンは21日、光を用いて化学反応を促進させる技術を手がける米Syzygy Plasmonics(シザジー・プラズモニクス)に投資したと発表した。

東洋炭素、SiC・TaCコーティング黒鉛製品を増強 パワー半導体向け (2024/2/22 素材・建設・環境・エネルギー1)

同社の生産技術センター(香川県観音寺市)に、SiCとTacコーティング黒鉛製品向けにコーティング処理炉をそれぞれ増設する計画だ。

例えばコネクテッド技術の活用で車両の状況をモニタリングし、部品の交換箇所を把握して『来週のこの日に来店したらお得に短時間で修理できます』といった提案ができる形に近づいている」 ―24...

同地域の中小企業や団体、学校など131団体が出展し技術・製品を紹介した。

シオノギファーマ、ファーミラを吸収合併 連続生産の開発加速 (2024/2/22 生活インフラ・医療・くらし)

ファーミラは2021年に設立され、医薬品原薬・中間体などの製造技術変革を目指し、医薬品の開発期間短縮や高度な品質保証体制の確立などに取り組んできた。... 今後はシオノギファーマが中核となりつつパート...

ソニーとKDDI、5G SA活用で中継映像安定化 年内に新サービス (2024/2/22 電機・電子部品・情報・通信1)

固定ネットワークやデータセンター(DC)、クラウドなどを活用した放送機材のシェアリングに関する技術検証も進める。

自律走行ロボが料理宅配 三菱電・ウーバーなど、都内で来月開始 (2024/2/22 電機・電子部品・情報・通信1)

カートケンのロボットはAIなどを活用した高度な物体検知技術や自律走行性能、遠隔操作機能を備えている。

短編動画、文章から生成 米オープンAIが基盤モデル (2024/2/22 電機・電子部品・情報・通信1)

米ランウェイの技術は、アカデミー賞受賞作品でも使われた。

現場状況をAIで可視化 NECが分析サービス (2024/2/22 電機・電子部品・情報・通信1)

行動解析技術と人物照合技術を組み込んだ映像処理能力の高いハードウエアと、現場撮影用カメラ、専用の分析ツールを用いる。

キユーピー、卵殻を床材に活用 東リとアップサイクル (2024/2/22 生活インフラ・医療・くらし)

東リもサステナビリティーを強化するため、住宅建材に使用する炭酸カルシウムなどを卵殻にさらに置き換えられるように技術開発を進める方針だ。

デジタルツインが開く製造・流通業の未来(上)アクセンチュア・Mujin (2024/2/22 電機・電子部品・情報・通信1)

アクセンチュアの江川昌史社長は、独自のコア技術を搭載した汎用の知能ロボットや無人搬送車(AGV)を提供するMujinとの共同出資で立ち上げた新会社「アクセンチュア・アルファ・オートメー...

機械技術3月号/電動化市場に切り込む金属加工技術 (2024/2/22 機械・ロボット・航空機1)

日刊工業新聞社が24日に発行する「機械技術3月号」は「電動化市場に切り込む金属加工技術」を特集する。 ... 特集では、こうした新たな部品やニーズに対応する金属加...

そのため産業技術総合研究所(産総研)では、インフラ整備・防災・資源利用に資する知的基盤情報として、変成作用の解析を基に日本全国の地質図を整備している。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン