電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

308件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

このような背景から、廃棄物中の電池を自動で検出する効率的な技術が求められている。 ... 本技術が全国のリサイクル施設に普及すれば、電池が効率的に自動で選別されるため、処理速度が向上...

そのため産業技術総合研究所(産総研)では、インフラ整備・防災・資源利用に資する知的基盤情報として、変成作用の解析を基に日本全国の地質図を整備している。

産業技術総合研究所(産総研)は、わが国の鉱物資源の安定供給のため、鉱床の評価や探査手法の開発を行っている。

産業技術総合研究所(産総研)地質調査総合センターは全国の火山研究者や気象庁などと協力して噴火直後の降灰試料を逐次採取し、火山活動を物質的にモニタリングすることで火山活動の状況の把握や今...

新技術では、三つの要素技術の組み合わせで遺伝子配列を決定する。... 13年に産総研に職を得て以来、微細加工技術を用いた分析技術の高速化に関する研究開発に取り組んできた。23年7月、高速遺伝子配列解析...

産業技術総合研究所(産総研)では、工業利用放射線レベルを含む先述の放射線レベルで、アラニン線量計と電子スピン共鳴装置を用いた郵送線量測定技術の開発を行っている。 .....

そこで、産業技術総合研究所(産総研)は、スーパーグロース法によって得られた単層カーボンナノチューブ(SGCNT)に着目した。... (木曜日に掲載)&#...

そこで産業技術総合研究所(産総研)では、実残留試料を用いて温度などのSFEの条件を検討し、適切な条件を確立した。 ... 食品中残留農薬分析技術の高度化を目的として、...

このような評価・分析技術は、材料開発を効率化するプロセスインフォマティクスの構築に不可欠であり、汎用性が高いことから、他の材料へも適用しやすい。現在、筆者らの研究チームでは、開発した評価技術を使って、...

現行の検定手法におけるこの問題を解決するため、産業技術総合研究所(産総研)では検定に要する時間の短縮化を目的とした新たな手法を開発した。... 国際勧告の改定作業委員会において産総研発...

産業技術総合研究所(産総研)は、ISO/IEC5259シリーズの第2部の開発を主導している。 ... 今後、このテストベッドを利用して、AIを包括的、定量的...

海底面近傍の泥質堆積物内に塊状で存在する表層型メタンハイドレートをガスとして回収するためには、従来にない新しい技術の開発が必要であり、さらに海洋環境への影響も適切に評価することが求められる。 ...

その中で、光ネットワーク技術はさまざまな計算資源(スパコンやデータセンター、IoT〈モノのインターネット〉デバイス、量子コンピューターなど)を、消費電力を抑えてつなぐ技術として重要性を...

これを解決するため、産業技術総合研究所(産総研)では1100度C以上の温度域に金属―炭素系合金を利用した高温の温度定点(高温定点)を世界で初めて提案・実現した。... ...

産総研は北里大学や次世代天然物化学技術研究組合との共同研究で、細菌人工染色体(BAC)を用いた生合成遺伝子群の全長クローニング技術と微生物宿主における天然化合物生産システムを開発してき...

そこで産業技術総合研究所(産総研)では、地図とカメラ画像の景色の類似性から、自己位置を推定する技術を研究している。... 本技術の応用先は機械の自動化だけにとどまらない。... 計測し...

産業技術総合研究所(産総研)では、太陽光発電の計測標準の研究を進め、規格原案作成に関わって標準化にも貢献してきた。... (木曜日に掲載) ...

産業技術総合研究所(産総研)では、不純物を多く含んだ一般的なアルミスクラップから、展伸材に利用可能な高純度アルミを精錬するアップグレードリサイクル技術を開発している。 ...

技術で未来拓く 産総研の挑戦(282)GICの大量合成 (2023/10/26 科学技術・大学2)

(木曜日に掲載) 産総研 電子光基礎技術研究部門 超伝導エレクトロニク...

産業技術総合研究所(産総研)では、18年にデンマークのビジネスデザインスクールである「KAOSPILOT」と連携確認書を結び、イノベーション創出に向けたデザイン教育と評価手法を研究して...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン