10,999件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.041秒)

ただし、ミドルパワーのリーダーとなるためには持続可能な開発目標(SDGs)の価値を共有し、科学技術開発や環境、多様性のある社会の実現に取り組む先進性、それにその情報発信が欠かせない。 ...

日鉄、25年度までの新中計策定 国内、集中生産に挑む (2021/3/8 素材・医療・ヘルスケア)

50年までに電炉での製造やコース50の還元比率の向上、CCUS(CO2回収・利用・貯留)技術の開発を進め、CO2排出量ゼロを目指す。技術の確立までには約5000億円の研究開発費や、4兆―5兆円規模の設...

三菱ケミカルは電解液の生産性向上技術を開発し、米欧中に導入して増産する。... 三菱ケミカルは電解液の生産性を2―3倍に高める技術開発を推進してきた。... 今後1―2年が製品や製造技術を仕上げ、供給...

70%以上の市場シェアを握っている消化器内視鏡の強みを生かせる呼吸器科、消化器科、泌尿器科を注力分野とし、これらの領域の製品や技術開発につながる企業買収を推進している。 ... 患者...

土木事業ではダム工事が減少したが、コストと技術面で強みをもつトンネルやシールド工事を確保しつつ、道路や鉄道など民間土木にも注力する」 ―受注を増やすためには自動化や省力化の技術開発が...

産業春秋/石炭の力 (2021/3/4 総合1)

途上国のエネルギー需要を賄い、経済成長に資するためにも、石炭をクリーンに使える技術開発が先進国の責務とも言える。 ... 石炭のクリーン技術に秀でた日本が世界を先導するという道も当時...

製紙各社は環境対応素材の製品開発を積極化させている。 ... 化石由来のプラスチックや化学製品から紙素材やバイオマス資材に転換する技術開発や量産化も急ぐ。... 製紙産業単独では難し...

先端技術を積極的に導入し、施工のロボット化やパソコン活用などを加速する。... 来年4月に設置予定のフィールドサクセスセンターは、遠隔生産により『業務集約型の現場管理』に変革していく」 ...

車載機器メーカーと協力し、運転時の車両データを人工知能(AI)で解析し、安全運転や燃費改善など新技術の開発を加速させながら、新サービスの立ち上げにつなげる。... 技術開発では2月に買収したデータ・テ...

調達した資金は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の貢献に資する先端技術の開発などに充てる。... 2月23日に静岡県裾野市で着工した次世代技術の実証都市「ウーブン・シティ」の開発にも充てる。外貨建...

北海道大学の増田隆夫特任教授らと古河電気工業の研究グループは、家畜のふん尿由来の温室効果ガスを液化石油ガス(LPG)に変換する技術を開発した。... そこで研究グループは、CO2を含むバイオガスを貯蔵...

需要、年内に持ち直す 三井E&Sマシナリー(東京都中央区、高橋岳之社長、03・3544・3950)が港湾クレーンの技術開発を加速している。... その一環で、燃料電池を活用したコンテ...

日産自動車は独自のハイブリッド車(HV)技術「eパワー」向け発電専用ガソリンエンジンで、世界最高水準の熱効率50%を実現する技術を開発した。... エンジンの熱効率向上は電気自動車(EV)開発と共に重...

イタリアなど海外での展開事例や開発支援プログラムの実施状況を調査したほか、リユースバッテリーのスマート農機への展開の可能性を調査。農水省では結果を踏まえ、スマート農機を軸とした新たなビジネスモデルの確...

技術的なハードルも高い。... 当然、技術開発やインフラ整備には巨額の資金が必要になる。また「リチウムなどの材料をどう調達するか、代替品を開発できるのかも考えないといけない」(政府高官)という。

三菱ケミカルは、リチウムイオン電池用電解液の生産性を向上する新たな製造技術の実用化にめどをつけた。... 三菱ケミカルは以前から従来比2―3倍の生産性を目指す技術開発プロジェクトを推進し、「現在2倍を...

「オープンイノベーションによる技術開発力の強化はもちろんだが、生物多様性保全の推進にも活用したい」と意気込むのは、エスペック社長の石田雅昭さん。

エンジ棟は技術者ら2700人が入居し、工場内で分散していた拠点を集約。... 排ガス規制への適応やショベルの操作性向上などの取り組みに加え、自動化や自律化に向けた制御機能の高度化、IoT(モノのインタ...

蓑毛常務は技術畑で、半導体製造装置向け電源の開発に従事。その後は技術開発本部長として全ての事業を技術面で統括してきた。 ... 13年取締役、14年技術開発本部長、17年取締役常務執...

サントリー、糖質ゼロビール投入 機能性と味両立 (2021/2/25 建設・生活・環境・エネルギー)

独自の発酵技術で発酵時間を長くすることで、糖質ゼロでありながらアルコール度数5・5%を実現。... サントリーは16年から技術開発に着手。糖質の元となるでんぷんを時間をかけて分解することで、糖質をゼロ...

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる