10,769件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.026秒)

新技術、新製品の開発や成長市場への積極参入、安定した雇用の確保など、地域において多様に存在感を示している。... 大板に対応するTGV  量産化が困難な技術への開...

ランプの新技術に興味 (総合1から続く)東京農工大学工学部では応用分子化学を専攻し、発光ダイオード(LED)素子に使われて...

「データを蓄積し、より良いシステムを作りたい」と語るのは、トヨタ自動車先進技術開発カンパニーフェローの葛巻清吾さん。国の研究開発プログラムの自動運転分野の責任者を務める。

三菱造船、液化CO2運搬船実用化へ 25年めど (2020/11/30 機械・ロボット・航空機)

同社は船舶の技術開発などを盛り込んだ長期の事業戦略を策定し、その一環で液化CO2運搬船の開発を検討している。液化天然ガス(LNG)船や液化石油ガス(LPG)船などで培った技術を開発に生かす。

2階の「服部金太郎ルーム」には服部時計店設立当時の資料や精工舎で開発した時計、製造設備などが並ぶ。... 技術革新がテーマの4階は精度向上にちなみ、部屋の奥に向かって発売年が新しくなるほど床や壁のマス...

国には脱炭素社会につながる革新的な技術の開発支援はもとより、早期の普及につながる政策を期待する。 ... コークスの一部を水素に置きかえ、高炉からのCO2を抑制する次世代の製鉄技術開...

技術開発やルール形成、市場開拓などに取り組みグローバルで主導権を握りたい考えだ。... 100以上の企業・団体が参加し、フードテックに関する活動の実態や技術開発の動向、投資環境などを調査。... 日清...

インフラRC構造物、高精度3Dモデル生成 清水建がドローン活用 (2020/11/27 建設・生活・環境・エネルギー)

開発したシステムは、高解像度カメラ2台とレーザー計測(LiDAR)を搭載したドローンで取得した対象のRC構造物のデータを補正・補強。... 従来技術で実現できなかった位置・形状の誤差を数ミリメートルレ...

技術に特化した技術部を新設した。従来は現場業務と技術開発は兼業だったが、新部署設立で計画的に技術開発する。... 技術力と営業力を高める」と、発展途上国を中心に世界を目指す。

トヨタ自動車と日野自動車が共同開発した自動運転バスを利用し、専用のレーンや自動運転に必要なインフラを整備した公道を走行。... 羽田地区での自動運転バスの実証実験は、内閣府が府省連携で実施する研究開発...

三菱重工、横浜にイノベ拠点 VBの技術開発支援 (2020/11/24 機械・ロボット・航空機1)

入居企業を募集し、ベンチャーの技術開発や事業化を支援する。

DX強化に向けた技術開発やマーケティングなどを担当する。... 顧客となる運送事業者だけでなく、荷主や物流向けのソリューション開発を担うスタートアップなどとの連携を進めている。... 開発や生産、販売...

競争力・イノベーション力についての設問では「技術開発スケジュールへの影響」を聞いたところ、予定維持が54%、前倒し(大幅前倒しを含む)が10%と64%の企業は悪影響を出さずに済んだ。 ...

しかし中小企業は国内生産の海外移転の中で技術と付加価値を高め生き抜いてきた。... 【独自技術、宝の山】 国内企業の99%以上を占めるのが中小企業だ。... また技術開発と高付加価値...

新型コロナウイルス感染症の感染者数が増加する中、感染対策と経済活動の両立に向けた技術実証を加速する。 ... 松井一郎市長は「AIやIoT(モノのインターネット)を活用し、3密を避け...

ニュース拡大鏡/JFEスチール、製銑・製鋼でCO2削減 (2020/11/20 素材・医療・ヘルスケア)

JFEスチールは開発中の技術と既存技術を活用し、製銑・製鋼プロセスの環境負荷を低減する。... 【早期に商用化】 開発は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)がJFEスチー...

化学メーカーは自社技術に基づいたMIを手がけるが、当社はより中立的な立場から技術を提供できる」 「川上から川下まで多くの中小企業を支援できる。... 日本がMIを推進するには、データ...

廃棄物の破砕・粉砕に始まって選別、貯留および定量供給、RPF造粒、冷却まで、一連の工程を担う装置をすべて社内で開発製造できる。 ... (福山支局長・清水信彦) (...

産業技術総合研究所(産総研)では、宇宙用の高性能・高機能の太陽電池を、地上でも使えるよう低コストで製造する技術を開発している。... 我々はHVPEで高品質なAl系材料を成膜できる技術を開発し、InG...

これまで異業種が新たなサービスや技術開発で参入しようとしても業界が通さず、新技術が育たない側面があった。 ... 資金だけでなく、技術者や専門家などの人材をスタートアップの足らないと...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる