電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

13,715件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.025秒)

車両は羽田みらい開発が所有し、ボードリーが技術開発を担当。... 優れた技術を持つ町工場の魅力を国内外に広める場として活躍してほしい。... ただ実際は大手側が中小の技術を知らないだけ。

【札幌】鈴木商会(札幌市中央区、駒谷僚社長)など5社2大学は、アルミニウム製品の製造過程で発生する不純物「アルミドロス」から水素を生成する技術を2026年にも実用化する。... 今回の...

太平洋セメント、GHG削減PTを常設組織に (2024/2/23 素材・建設・環境・エネルギー)

太平洋セメントはカーボンニュートラル(温室効果ガス〈GHG〉排出量実質ゼロ)に向けた技術開発プロジェクトチームを、4月1日付けで「カーボンニュートラル技術開発部」とし、常設組織にする。...

優れたアイデアを有する研究者に対して、さまざまな最先端の創薬技術や医薬品製造技術を有するアカデミアあるいは企業による支援、豊富な開発経験を有する専門人材による伴走型支援なども必要だ。... (...

CN政策、再生可能エネルギー技術開発と取り組み、水素・アンモニア技術について国、大学、エネルギー関連企業技術陣トップが講演し、市内企業と高専生の合計200人が受講した。 ... 講座...

ロートなど、微細藻類で新商品 第1弾は化粧品 (2024/2/23 生活インフラ・医療・くらし)

パブロバ以外の藻類活用、農業や畜産分野などへの用途開発を目指し、オーピーバイオ以外の協業先も募る。 ... 原料の生産技術開発後に原料の機能、効能を確認して需要が見込めると判断すれば...

2021年には水素関連を分離独立させ、「岩谷水素技術研究所」を同敷地内に設立。... 「液化水素ステーションの実用化に向けた研究開発を進めている。... いずれにせよ、中央研究所・岩谷水素技術研究所で...

シオノギファーマ、ファーミラを吸収合併 連続生産の開発加速 (2024/2/22 生活インフラ・医療・くらし)

ファーミラは2021年に設立され、医薬品原薬・中間体などの製造技術変革を目指し、医薬品の開発期間短縮や高度な品質保証体制の確立などに取り組んできた。... 今後はシオノギファーマが中核となりつつパート...

キユーピー、卵殻を床材に活用 東リとアップサイクル (2024/2/22 生活インフラ・医療・くらし)

東リもサステナビリティーを強化するため、住宅建材に使用する炭酸カルシウムなどを卵殻にさらに置き換えられるように技術開発を進める方針だ。

火星探査など複数年にわたる有人宇宙飛行で、急患が出た場合に必要となる宇宙空間における手術の技術開発の新たな一歩となった。... 「MIRA」と名付けられたロボットは、米医療用ロボット開発企業「バーチャ...

経営ひと言/帝人・内川哲茂社長「再生医療支える」 (2024/2/22 素材・建設・環境・エネルギー2)

「再生医療事業において、将来重要になるであろう技術開発の拠点となるべく開所した」と話すのは、帝人社長の内川哲茂さん。再生医療の開発・製造受託(CDMO)拠点を稼働し...

脱炭素化支援機構、脱炭素ファンドに出資 (2024/2/22 素材・建設・環境・エネルギー2)

素材や化学分野における新技術開発や、スタートアップ企業の早期成長につなげる。... 素材や化学技術は日本の強みであり、産業全体の脱炭素化への貢献が期待できることから資金支援を決めた。

2023年下期の新社長《非上場会社》 (2024/2/22 下期の新社長)

別会社で同一人物の就任含む 関連記事「23年下期の新社長、201人」 非上場会社 社&...

福岡市の再開発需要も取り込む。... 「コンクリート産業の脱炭素化に向けたプログラム『aNET ZEROイニシアティブ』に参画しており、全国の参画企業と脱炭素化に向けたロードマップの共有や技術...

山梨県など、サントリー白州工場でP2Gシステム起工式 (2024/2/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

【甲府】山梨県と民間企業10社のコンソーシアムは20日、大規模P2G(パワー・ツー・ガス)システムによるエネルギー需要転換・利用技術開発の実証事業で、事業地の「サン...

JFEエンジと積水化学、グリーンイノベ基金事業に採択 (2024/2/21 機械・ロボット・航空機2)

JFEエンジニアリング(東京都千代田区、大下元社長)と積水化学工業は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した「グリーンイノベーション基金事業/...

JR東と英大、鉄道人材教育と技術開発で連携 (2024/2/21 生活インフラ・医療・くらし1)

JR東日本は英バーミンガム大学と鉄道の技術革新や鉄道人材の教育・研究開発などでの相互連携に向けて覚書を結んだ。鉄道発祥の地の英国と連携を深め、新たな技術潮流をつくる。... 今回の提携を日本の未来を変...

政府が水素技術開発の補助金などを出したところで引き留めることはできない。... 4、化石燃料代替技術の技術開発。... コストの下がる見込みがないと判明した技術開発プログラムは中断して基礎研究に戻す。

神戸電鉄鉄道事業本部技術部の高野晃佑課長は「山岳地帯を走る鉄道会社として、マンパワーや作業員の安全性確保の面から(ドローンによる)機械化には大いに期待している」と話す。... ドローン...

東洋紡、微生物使い界面活性剤 生産システム開発へ (2024/2/20 素材・建設・環境・エネルギー2)

産業技術総合研究所と共同で、生産性を向上する高生産菌の開発や連続培養生産、スケールアップ技術などを開発する。... 原料に廃食油を使う技術開発も行い、大幅にコストダウンできる生産システムの開発を進める...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン