電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,407件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

第一三共、米で一部変更承認 抗がん剤「エンハーツ」 (2024/4/10 生活インフラ・医療・くらし1)

第一三共は抗体薬物複合体(ADC)の抗がん剤「エンハーツ」について、がん組織のたんぱく質「HER2」陽性の複数の固形がんの治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)から一...

東レ、ポリマー結合型抗がん剤の心毒性低減を確認 (2024/4/10 生活インフラ・医療・くらし1)

東レは研究開発中のポリマー結合型抗がん剤「TXB―001」が複数の固形がん種に対して強い抗がん作用を示し、既存のアンスラサイクリン系抗がん剤に認められる心毒性などが低減することを確認した。... TX...

奈良県立医科大学は、がん細胞増殖などに関わるマルチキナーゼの阻害剤である「カボザンチニブ」において、MET阻害剤に獲得耐性を示したMET遺伝子変異陽性進行非小細胞肺がん(NSCLC)を...

エーザイ、2剤を38億円で売却 (2024/4/3 生活インフラ・医療・くらし2)

エーザイはめまい・平衡障害治療剤「メリスロン」と筋緊張改善剤「ミオナール」について、国内における権利を科研製薬に売却する。... エーザイはアルツハイマー病治療薬「レカネマブ」や抗がん剤「レンビマ」な...

ニュース拡大鏡/TXP、生成AIで医療現場支援 患者ごとに最適創薬 (2024/3/29 生活インフラ・医療・くらし2)

医療基盤・健康・栄養研究所と大阪国際がんセンターが取り組むがん治療や創薬のプラットフォーム事業に日本IBMなどとともに参画、患者還元型・臨床指向型の統合データ構築を目指す。... 抗生物質や抗がん剤、...

エーザイは25日、抗がん剤「レンビマ」の米国における特許侵害訴訟について、インド製薬企業のサン・ファーマシューティカル・インダストリーズと和解契約を結んだと発表した。

多様な疾病の要因が解明されるにつれ、わずかな遺伝子変異が細胞のがん化や抗がん剤耐性に影響していることが判明している。... 細胞表面に発現する上皮成長因子受容体(EGFR)における変異...

製薬企業 変革の道筋(3)住友ファーマ社長・野村博氏 (2024/3/11 生活インフラ・医療・くらし)

薬価は下がる方向が続くのに、抗がん剤は国民の経済的負担が増えるなど課題が多い」 ―事業転換には時間が必要です。 ... 開発中の抗がん剤を26、27年度に相次いで市...

発酵技術を応用して抗がん剤や抗生剤の開発を手がけ、医薬品事業を拡大する。 ... その後、腎性貧血治療剤「ネスプ」、くる病治療剤「クリースビータ」など世界で存在感を示すバイオ医薬品を...

製薬企業 変革への道筋(2)中外製薬社長・奥田修氏 (2024/3/8 生活インフラ・医療・くらし1)

しかし血友病A治療薬『ヘムライブラ』や抗がん剤『アレセンサ』といった主力製品の成長がグローバルで強く、24年の売上高は3期連続で1兆円超えを達成する見込みだ。

(千葉支局長・鳥羽田継之)(随時掲載) エール・東京投資育成から/業務第5部・野...

しかし日本人を対象とした試験実施の難しさや欧米との薬事制度の違いから、これまでも抗がん剤などで日本での実用化が欧米から遅れる問題があった。

製薬企業 変革への道筋(1)第一三共社長・奥沢宏幸氏 (2024/3/7 生活インフラ・医療・くらし)

ADC抗がん剤、海外攻勢 医薬品産業は海外市場を中心に拡大傾向にあるが、メガファーマ(巨大製薬会社)による大型M&A(合併・買収)が活発化する...

がん細胞株の欠点を認識した上で、がん研究を進める重要性を示した。 ... この欠損があると、抗がん剤や分子標的薬が効きやすく、がんのバイオマーカー(目印分子)として臨...

TNBCで抗がん剤への感受性に違いがある細胞株に着目し、代謝特性を比較した。 ... そこで、マウス実験で酵素のメチル化が起こらないようにすると、抗がん剤の腫瘍縮小効果が回復した。....

がん治療効果を早期診断 がん治療では抗がん剤や放射線治療後にその効果を確認し、効果がなければ早く別の治療法に切り替える必要がある。... 実際に、重水を造影剤として膵がんモデルマウス...

第一三共のADC抗がん剤、肺がん向けで米申請受理 (2024/2/21 生活インフラ・医療・くらし1)

第一三共は抗体薬物複合体(ADC)の抗がん剤「ダトポタマブ デルクステカン」について、肺がんを対象に米食品医薬品局(FDA)に承認申請を行い、受理された。......

ニュース拡大鏡/沢井薬、生産増強急ぐ 後発薬を安定供給 (2024/2/20 生活インフラ・医療・くらし)

(大阪・市川哲寛) 約405億円を投資する新固形剤棟は生産設備の導入を進めており、春に生産移管を開始、7月に本格稼働の予定。... 沢井製薬は全社...

中外薬の前12月期、減収営業減益 政府へのコロナ薬納入減 (2024/2/2 生活インフラ・医療・くらし1)

一方、海外で血友病A治療薬「ヘムライブラ」や抗がん剤「アレセンサ」など主力製品が大きく成長したことで、2年連続で売上高1兆円超となった。

第一三共、抗がん剤「エンハーツ」が米で優先審査指定 (2024/2/1 生活インフラ・医療・くらし)

第一三共は抗がん剤「トラスツズマブ デルクステカン(エンハーツ)」について、がん組織のたんぱく質「HER2」陽性の複数の固形がんに係る生物学的製剤一部変更承認申請が米食品医薬品...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン