1,258件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

中外薬、がんウイルス療法でオンコリスとの技術契約解消 (2021/10/21 素材・医療・ヘルスケア2)

19年4月に契約を締結し、OBP―301の国内開発を進めてきたが「協業によって開発を進めることが本剤の製品価値最大化につながらないという判断に至った」(同)。... OBP―301は腫瘍を溶かすように...

 エーザイの抗がん剤「レンビマ」と米メルクのがん免疫薬「キイトルーダ」の併用療法が、いずれも進行性の腎細胞がんと子宮内膜がんに関して欧州医薬品委員会(CHMP)から承認勧告を受けた。... 同併用療法...

調達資金は高田製薬が埼玉県加須市に建設する抗がん剤の製造を担う新工場「北埼玉工場2号棟」の建設費に充てられる。  

古河電工、埋め込み型医療機器の位置 目で確認 (2021/9/28 電機・電子部品・情報・通信1)

CVポートは皮膚の下に埋め込んで抗がん剤や高カロリー輸液などの薬剤を投与するために使う医療機器。

【松村氏】抗がん剤治療前進 生理学医学賞は最近の傾向として、治療や創薬につながる研究が受賞対象となることが多い。... がん細胞周辺の血管壁にはすき間があり、大きな分子化合物がそこを...

キヤノンメディカルシステムズ(栃木県大田原市、滝口登志夫社長)は、複数の光子を収集できる次世代型検出器を搭載したフォトンカウンティングコンピューター断層撮影装置(PCCT)の実用化に向け、国立がん研究...

エーザイ、リンパ腫に効能効果とする抗がん剤 (2021/8/26 素材・医療・ヘルスケア1)

エーザイは、再発または難治性のEZH2遺伝子変異陽性の濾胞性リンパ腫を効能効果とする抗がん剤「EZH2阻害剤タズベリク錠200ミリグラム=写真」(一般名タゼメトスタット臭化水素酸塩)を発売した。......

「抗がん剤など新薬の開発が主力事業だ。... また現在、真性多血症治療薬として試験中の『PPMX―T003』は赤芽球やがん細胞への鉄の取り込みを遮断し、がん細胞の増殖を抑制できるため、がん治療薬候補と...

エーザイ、がん治療薬の併用療法でFDA承認取得 (2021/8/19 素材・医療・ヘルスケア1)

エーザイの抗がん剤「レンビマ」(一般名レンバチニブメシル酸塩)と米メルクのがん免疫薬「キイトルーダ=写真」(一般名ペムブロリズマブ)の併用療法が、成人の進行性腎細胞がんの1次治療の適応で米食品医薬品局...

大塚製薬、ゲイツ財団から助成 (2021/8/17 素材・医療・ヘルスケア1)

大塚製薬は米子会社の大塚ファーマシューティカル(ニュージャージー州)が実施する新規結核レジメン(抗がん剤の治療計画)の臨床試験に、米ビル&メリンダ・ゲイツ財団から最大1780万ドル(約20億円)の助成...

製薬大手、医療用医薬品を特許切れ前に拡販 (2021/8/12 素材・医療・ヘルスケア)

アステラス製薬の抗がん剤「イクスタンジ」は前立腺がんの治療薬として、2012年に米国で、14年には国内で発売された。... エーザイ 抗がん剤、適応領域広げる エーザイの抗がん剤「レ...

慢性骨髄性白血病に限らず、がんは患者の病質や体質など多くの条件によって、適した抗がん剤を特定するのに相当な時間を要する。... この間に抗がん剤が患者の体力を奪い、病気が進行してしまう懸念がある。

エーザイの通期見通し、全利益上方修正 抗がん剤好調 (2021/8/5 素材・医療・ヘルスケア2)

開発中の抗がん剤「MORAb―202」で米ブリストル・マイヤーズスクイブとの提携による一時金受領に加え、抗がん剤「レンビマ」などの販売が好調で、当期利益は5月公表値比140億円増の585億円(前期比3...

(特許がない)保険商品に追随は付き物だが、簡単には追随できないとみている」 ―09年に抗がん剤特約を業界に先駆けて販売するなど独自性の高い商品開発が特徴ですが、その源泉は。 ...

【広島】広島大学大学院の田原栄俊教授らの研究グループとスリー・ディー・マトリックス(3DM)は、アスベスト(石綿)によるがん「悪性胸膜中皮腫」で、腫瘍の増殖や再発の抑制につながる核酸医薬の抗がん剤「M...

エーザイの抗がん剤「レンビマ」(一般名レンバチニブメシル酸塩)と米メルクのがん免疫薬「キイトルーダ」(同ペムブロリズマブ)の併用療法が進行性子宮内膜がん(子宮体がん)の適応で、米食品医薬品局(FDA)...

ソレイジア・ファーマは抗がん剤の副作用を軽減する製品に取り組む。... 現在、二つの抗がん剤も導入の上で開発中。... 1兆円を超えるといわれる日本の抗がん剤市場。

アステラス製薬は、米シアジェンと共同開発中の抗がん剤「パドセブ」(一般名エンホルツマブベドチン、遺伝子組み換え)について、米食品医薬品局(FDA)から正規承認を取得した。シスプラチン不適応で治療歴のあ...

適切な選択によって2本鎖を完全に修復できないと、細胞死やがん化が発生する恐れがある。DNA修復のメカニズムは、抗がん剤耐性細胞の発生などにも関わるとみられる。

東京大学大学院薬学系研究科の小松徹特任助教、浦野泰照教授らの研究グループは、がん細胞の代謝の働きを細胞が生きた状態で見える方法を確立した。... がん細胞の機能を抑制する薬剤の開発につながると期待され...

おすすめコンテンツ

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる