1,199件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

植物細胞を低コスト培養 北海道三井化学が新技術 (2021/2/24 素材・医療・ヘルスケア)

同培養技術は、タキサン系抗がん剤の中間体を生産する植物のイチイの細胞向けに開発した。

アステラス製薬は、米バイオ企業のシアジェンと共同で開発する抗体薬物複合体(ADC)の抗がん剤「パドセブ」(一般名エンホルツマブ ベドチン遺伝子組み換え)について、米国食品医薬品局(FDA)へ一部変更の...

大日本住友製薬は9日、開発中の抗がん剤「ナパブカシン」の結腸直腸がん患者を対象とした第3相臨床試験について、主要評価項目を達成しなかったと発表した。... ナパブカシンは、がん幹細胞の性質を維持するメ...

世界戦略品の抗がん剤「レンビマ」の販売が伸びた一方、共同開発する米メルクから支払われる販売マイルスストーンの一部が22年3月期以降にずれ込むことを受け、売上高を修正した。

血液のがんである多発性骨髄腫、脳のがんのグリオブラストーマ、薬の耐性がついた大腸がんについて、動物実験で有効性を示す結果が得られたという。... 副作用の少ない抗がん剤が作れる可能性がある。 ...

米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)は、進行腎細胞がんに対するファーストライン治療薬(第一選択薬)として、がん免疫治療薬「オプジーボ」と進行腎細胞がんなどの治療薬「カボメティクス」の併用療法につ...

小さな腫瘍も発見でき、がんの早期治療などが期待される。 ... 抗がん剤とセットで使うこともできる。... 現在、同社は甲状腺髄様がんの抗がん剤も開発中だ。

金ナノ粒子は、透過型電子顕微鏡を使用する際の生体染色剤などに使用される。... また、金やパラジウム、銀などのナノ粒子の分散溶液(ナノコロイド)は抗菌材料や活性酸素除去剤、抗がん剤など医療や健康食品、...

第一三共、米で胃がん薬承認 乳がんに続き2例目 (2021/1/19 素材・医療・ヘルスケア)

第一三共と英アストラゼネカは18日、抗体薬物複合体(ADC)の抗がん剤「エンハーツ」(一般名トラスツズマブ デルクステカン)について、米国食品医薬品局(FDA)に胃がんの治療薬として販売承認を取得たと...

同剤は、抗がん剤「イリノテカン」をナノ(ナノは10億分の1)サイズのカプセルに入れて、特定のがん細胞に運搬する物質を付けた。... 取り込まれると、がん細胞の中で抗がん剤のイリノテカンが放出され、がん...

慶大薬学部、抗がん剤講座をウェブで開催 (2020/12/30 科学技術・大学)

慶応義塾大学薬学部は2021年1月17日13時半から市民公開講座「『抗がん薬』って『発がん性』があるんです!」... 抗がん剤を使う場合の、患者の家族の危険性や必要な対策を紹介する。講師は埼玉県立がん...

ニュース拡大鏡/期待の新薬、米で攻勢 大日本住友製薬 (2020/12/24 素材・医療・ヘルスケア)

(大阪・中野恵美子) 【1日1回1錠】 進行性前立腺がんは、最初の治療後に進行または再発する前立腺がんで、従来は注射剤による治療に限られていた。... 進行性前立腺...

エーザイ、川島工園に新製剤棟 抗がん剤生産 (2020/12/21 素材・医療・ヘルスケア)

エーザイは、製剤拠点の川島工園(岐阜県各務原市)に、抗がん剤製剤の専用施設として、第5製剤棟(写真)を完成した。... 高活性物質の抗がん剤を取り扱う。... 将来的に他の抗がん剤の製造設備を導入でき...

シオノギファーマ(大阪府摂津市、久米龍一社長、06・6381・7341)は、セコム医療システム(東京都渋谷区)と協業し、医療従事者が抗がん剤にさらされるリスク対策として「セコム抗がん剤曝露調査サービス...

カテーテルで腫瘍の近くに投与してがん細胞を兵糧攻めにする。... がん細胞への酸素や栄養供給を抑える。... 日本の製薬会社とも共同研究を進めており、抗がん剤とナノデバイスを組み合わせた治療法を探る。...

検証2020/コロナ禍の臨床試験 安全優先、中断相次ぐ (2020/12/7 素材・医療・ヘルスケア)

大日本住友製薬が開発中の抗がん剤「ナパブカシン」では、結腸直腸がんを対象とした第3相臨床試験で遅れが生じる。... ASP7317は多能性幹細胞由来の細胞医薬品で、細胞移植後に免疫抑制剤を投与する。

「当社の主力品である非定型抗精神病薬『ラツーダ』の米国での特許切れを乗り越える必要がある。... 「子会社化した米マイオバント・サイエンシズによる子宮筋腫や前立腺がんなどを適応症とした『レルゴリクス』...

外部環境が酸性になると抗がん剤を放出するナノサイズの高分子カプセルを開発。がん細胞を脳内に移植したマウスを使った実験では、抗がん効果を従来の薬物療法に比べて2倍以上改善させることに成功した。... ナ...

第一三共、がん事業で専門組織 欧米市場を拡大 (2020/11/16 素材・医療・ヘルスケア)

主力の抗がん剤事業を欧米市場で拡大する。 第一三共は、抗体と低分子化合物を結合させた抗がん剤「抗体薬物複合体」(ADC)をがん領域の主力製品に据える。... 第一三共は、がん領域の治...

ASP7317は多能性幹細胞由来の細胞医薬品だが、細胞移植後に免疫抑制剤を投与する。... 大日本住友製薬は、開発中の抗がん剤「ナパブカシン」の結腸直腸がんを対象とした第3相臨床試験について、結果判明...

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる