1,183件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

「当社の主力品である非定型抗精神病薬『ラツーダ』の米国での特許切れを乗り越える必要がある。... 「子会社化した米マイオバント・サイエンシズによる子宮筋腫や前立腺がんなどを適応症とした『レルゴリクス』...

外部環境が酸性になると抗がん剤を放出するナノサイズの高分子カプセルを開発。がん細胞を脳内に移植したマウスを使った実験では、抗がん効果を従来の薬物療法に比べて2倍以上改善させることに成功した。... ナ...

第一三共、がん事業で専門組織 欧米市場を拡大 (2020/11/16 素材・医療・ヘルスケア)

主力の抗がん剤事業を欧米市場で拡大する。 第一三共は、抗体と低分子化合物を結合させた抗がん剤「抗体薬物複合体」(ADC)をがん領域の主力製品に据える。... 第一三共は、がん領域の治...

ASP7317は多能性幹細胞由来の細胞医薬品だが、細胞移植後に免疫抑制剤を投与する。... 大日本住友製薬は、開発中の抗がん剤「ナパブカシン」の結腸直腸がんを対象とした第3相臨床試験について、結果判明...

主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬の販売が欧米で堅調で、同剤の上期売上高は前年同期比22・9%増の2070億円だったが、がん領域と脳神経疾患領域は、後発品の影響を受け全体は減収となった。 &...

住友化学、通期見通しを上方修正 当期益300億円 (2020/11/2 素材・医療・ヘルスケア)

抗がん剤の開発期間を見直し、費用が減少する。

現在、がんの一種であるメラノーマなどの原因となる遺伝子「ZIC5」を標的に、抗がん剤を開発中だ。

第一三共は、英製薬大手アストラゼネカと共同開発する抗がん剤「エンハーツ」(一般名トラスツズマブ デルクステカン)が、胃がんの生物学的製剤として米国食品医薬品局(FDA)に承認申請し、受理された。......

大日本住友薬の通期見通し、上方修正 (2020/10/29 素材・医療・ヘルスケア)

新型コロナウイルスの影響で米国で非定型抗精神病薬の売り上げ減少を見込んでいたが、好調に推移していることを反映した。 ... 抗がん剤「ナパブカシン」の開発で膵がん患者を対象とした第3...

PRISM BioLab(神奈川県藤沢市、竹原大社長、0466・53・8383)は、抗がん剤候補の低分子化合物を開発した。... 化合物をがん細胞に投与すると、過剰なたんぱく合成を止め、がんの増殖を抑...

中国・新興国で需要拡大 三井物産子会社の日本マイクロバイオファーマ(東京都中央区)は、八代工場(熊本県八代市)で進めてきた抗がん剤原薬の製造棟が完成した。... ...

英センタス・バイオセラピューティクスは、抗がん剤「アバスチン」(一般名ベバシズマブ)のバイオ後続品(バイオシミラー、BS)「エクィダセント」について、欧州委員会(EC)から、結腸がんや乳がんなどの治療...

加えて多剤一斉分析が可能となるのが特徴。欧州では抗がん剤の投薬量の緻密管理などで使われ始めたが、従来は前処理が手作業で煩雑な上、時間もかかることが、普及への課題となっていた。

第一三共、ベトナムに子会社設立 (2020/9/29 素材・医療・ヘルスケア)

第一三共ベトナムは抗生剤「クラビット」などを販売するとともに、今後は循環器領域の主力製品である抗凝固剤「リクシアナ」の承認申請を行う。循環器領域で地盤を固め、将来的には日本や欧米で販売、開発を進める抗...

がん細胞周辺の血管から分子が抜けやすい性質により、大きな分子の化合物ががん細胞に集積する「EPR効果」を解明。抗がん剤をがん組織のみに作用させる薬物送達システム(DDS)の基になる発見として薬学分野で...

がん細胞に栄養がいかなくなり、死滅させられる。 ... 原発巣である卵巣がんおよび転移したがんを治療できる可能性がある。 ... プラチナ製剤やタキサン系抗がん剤は...

中外製薬と武田薬品工業は、複数のがん種を対象とした抗がん剤の併用療法を検討する国際的な第3相臨床試験に参加する。中外製薬の非小細胞肺がんなどの治療薬「テセントリク」(一般名アテゾリズマブ)と、武田薬品...

レナセラピューティクス(東京都千代田区、登利屋修一社長、03・4243・6081)は東京薬科大学と共同で、ドラッグデリバリーシステム(DDS)「ヘテロ2本鎖核酸(HDO)技術」を利用した抗がん剤を開発...

ナガセ医薬品は抗がん剤、局所麻酔剤、胃炎・胃潰瘍治療剤を製造する。シオノギファーマは、少量で強い薬効を持つ高薬理活性剤の開発や製造に注力している。2021年9月には高薬理活性を持つ固形剤の製造棟を、摂...

シオノギファーマ(大阪府摂津市、久米龍一社長、06・6381・7341)は摂津工場(大阪府摂津市)に高薬理活性剤の製造棟を新設する。... 高薬理活性剤は少量で薬効が強く、1回の投与量を抑えられるため...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる