226件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

■JAXA研究開発部門第一研究ユニット研究開発員・東尾奈々氏 人類が宇宙空間に日常的に出るにはまだまだ障壁が大きい。... その後、姉の一押しと「人の役に立ちたい」との思いから09年...

おことわり/「拓く研究人」は休みました。 (2018/3/21 科学技術・大学)

「拓く研究人」は休みました。

研究成果の論文がまとまり、メディアに発表した。... 運がいい人というのはそういうもの」と信じている。 ... 「研究の環境を変えて“引き出し”の数を増やし、どれとどれをつなげると魅...

進学した信州大学では繊維学部、同大学院工学系研究科で学んだ繊維畑の出身だ。「人は全員、服を着る。... 15年に帰国後、ガルフェンの研究開発とユーザーへの用途提案の双方に携わる。

「橋の変形も可視化できることが分かり、国内外で同じような研究をする人が増えてきた。... そこで研究の世界に戻ることを決意。今では自身の経験と知識を総動員し、研究に励んでいる。

おことわり/「拓く研究人」は休みました。 (2018/2/21 科学技術・大学)

「拓く研究人」は休みました。

COIプログラム 技術の実用化促進 孤立しがちな若手研究者を、国の事業の採択拠点を越えて連携させ、融合研究や技術の実用化を促そう―。... 思春期のその悔しさが「...

「拓く研究人」は休みました。

火山観測研究、即時性も重視 霧島の新燃岳噴火などで注目の高まる火山研究。従来は、噴石や堆積物といった“過去”のものを調べて噴火のメカニズムを説き明かす研究が多かっ...

全方向性LHP 20年めどに開発 名古屋大学大学院工学研究科の長野方星(ほうせい)教授は熱物性計測や熱輸送デバイス、宇宙機熱制御を研究テーマの3本柱に据える。.....

おことわり/「拓く研究人」は休みました。 (2018/1/17 科学技術・大学)

「拓く研究人」は休みました。

困難を選び目立ちたい 若手研究者にとって研究の内容以外の悩みといえば、自らのポストと研究室の環境が上位に来るだろう。「おだやかな性格だが、研究では目立ちたい。.....

おことわり/「拓く研究人」は休みました。 (2017/12/20 科学技術・大学)

「拓く研究人」は休みました。

触媒の可視化技術研究 名古屋大学物質科学国際研究センターの唯美津木(ただ・みづき)教授は、燃料電池などに用いる固体触媒の合成技術を研究している。... 研究資金と...

研究成果を早期に社会で役立てたいと、大阪府立大学大学院工学研究科の牧浦理恵准教授は、「製造現場で使える研究成果を生み出す」ことに力を入れる。... だが、研究のブラックボックス化に疑問を持ち、大学での...

博士号取得後に、東北大学の博士研究員を経て13年10月に東大の沙川貴大准教授の研究室に助教として赴任することとなった。 ... 「原子集団の理解が進めば研究に広がりが出るかも」と思い...

「機械を実際に自分で使って研究するようになった。... その後京都大学に移り、博士研究員時代からがん細胞の研究を本格的に始めた。... この技術をさらに発展させる研究を進めている。

だが「研究が覆ったら絶望するかというと、それは違う。研究をやり、その状況で最善の研究を組み立て、できることをやっていく」と力を込める。 ... 「画像認識で人間を超えてもAI研究は終...

東京工業大学地球生命研究所の兵頭龍樹日本学術振興会特別研究員は、シミュレーション手法を使い、火星衛星の成り立ちを研究する。... また研究者が一般の人々に自分の研究内容を説明し、理解してもらうことの重...

採択案件は、視覚障害者や外国人に対する地図情報の“可聴化”プロジェクトだ。... ビジネスに近いところでは、耳に付ける小型発信器のビーコンを使い、店舗や倉庫の人の動きを把握する屋内測位技術を研究する。...

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる