28件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

2003年の土壌汚染対策法の施行当初から、汚染対策は掘削した汚染土壌を敷地外に運搬し処分する掘削除去に偏重している。これは汚染を除去せず残置すれば、跡地利用が一定の制限を受けることや、汚染そのものに対...

土壌汚染対策には、掘削除去のほか遮水工封じ込めや吸着層工法などがあるが、費用がかさむのが課題だった。... 具体的には、掘削直後の海成堆積物に粉砕した貝殻を混ぜる。

従来の掘削除去方法と比べて半分以下に費用を抑え、浄化期間も短縮した。

第48回「環境賞」に5件 (2021/5/10 建設・生活・環境・エネルギー)

従来の掘削除去方法と比べて半分以下にコストを抑え、加温しない従来の原位置浄化方法に比べ浄化期間を半分以下に短縮した。

VOC浄化“見える化” 竹中工務店がシステム、コスト・CO2排出半減 (2020/10/16 建設・生活・環境・エネルギー)

竹中工務店は15日、グループ会社の竹中土木と、揮発性有機化合物(VOC)に汚染された土壌を掘削せずその場で浄化する原位置浄化システム「温促バイオ」を開発したと発表した。... 全体を掘...

【環境大臣賞】 エコサイクル、「バイオ浄化剤による土壌地下水汚染対策技術」 土壌地下水汚染の浄化は掘削除去や揚水処理が主流だが、高コストや長期化が課題だった。......

【掘削除去が大半】 環境中に出た有害有機物質は、大気や河川、土壌、地下水、海洋そして生態系を通じて濃縮・拡散したり、また移動したりするので、その全容の把握、ましてやその完全な浄化は極...

土壌汚染対策の従来工法と比べ安価で済み、例えば掘削除去工法と比べて10分の1程度にコスト削減できるケースもあるという。

通常の掘削除去工事や従来の微生物製剤に比べて安価で、浄化工事全体で3―4割のコストダウンが可能としている。

重金属汚染土壌などの掘削除去も受け持つ。一方、同第二部は原位置浄化を含め、掘削した汚染土壌を現場で処理し搬出を伴わない“オンサイト”の土壌浄化プロジェクトを専門に担当する。

揮発性有機化合物は汚染土壌の掘削除去や化学物質による浄化で対応している。

土壌汚染対策法の対象である重金属や揮発性有機化合物(VOC)の除去では総合力に勝る大手ゼネコンの陰に隠れがちだった。... 一方、環境意識の高まりや法令による規制強化などで、これまで汚...

(1)Bについては、法的には浄化や措置をする必要性はないが、土地所有者等が土壌汚染を除去・浄化するか、またはそのまま何もしないで保有するのかなどについて決定できることとなっている。&#...

(2)不動産売買を契機とした土壌汚染対策が多く、掘削除去の手法が多用されたこと。 ... (2)掘削除去中心の対策とそれによる汚染土壌管理の懸念 売買時...

しかし、過去の土壌汚染対策としては、ほとんどのケースで掘削除去の対応がとられている。 ... しかし、掘削除去は多額の費用がかかるだけではなく、単に汚染物質を移動するだけにすぎないともいえる。...

また「舗装」「原位置浄化」「不溶化」「掘削除去」など代表的な15の対策法とコスト、具体的な対策事例も掲載した。 都のまとめによると、都内での土壌汚染対策は9割以上が掘削除去を採用している。「人...

原位置浄化は土壌そのものを入れ替える掘削除去と比べて低コスト。

掘削除去工法では、汚染土壌を場外に運搬する経路において、人への暴露リスクが却(かえ)って増大するという指摘もある。 【第三者の役割】 筆者は某所のガソリンスタンド跡地に...

改正法では汚染土壌の掘削除去が制限されるため、汚染場所の地中で泡と一緒に噴き出すことで土壌を浄化したり、井戸の中に入れて地下水を浄化したりする同社の鉄粉方式の採用が進むと見ている。

現場から掘削除去する汚染土壌の適正処理を強化するため、適切な浄化処理施設を認定し、汚染土壌を運搬から処理まで管理する仕組みを取り入れる。

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン