44件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

大阪府立大学とリガク(東京都昭島市)、MORESCOは、ガラスや金属の基板と樹脂の異種接合材料の内部構造の観察に成功した。... 材料内部の状態や接合部の界面を観察し、従来は破断後の観察から推測するし...

大陽日酸は炭化ケイ素(SiC)や窒化ガリウム(GaN)などのパワーデバイス向けに、銅ナノ粒子を用いたシート状の接合材を開発した。... 一方でSiの接合材に広く使われているハンダ系材料は耐熱性に乏しい...

金属間化合物粒子を解析 エムナプラ(東京都葛飾区、関根重信社長、03・3694・1530)は、銅とスズの金属間化合物粒子で、パワー半導体素子向け接合材料を開発する。... 環境問題が...

同社は主力の鉄管や機械システムに次ぐ産業建設資材事業での新規商材として、土木分野の需要取り込みを狙う。 ... カップラーは接合時の強度を保持しつつ接合部分のズレがあってもバネのよう...

エムナプラ(東京都葛飾区、関根重信社長、03・3694・1530)は、パワー半導体素子向け接合材で銅とスズの金属間化合物粒子から成る「IMCC(インターメタリックコンパウンドコンポジット)」の冷熱衝撃...

エムナプラ(東京都葛飾区、関根重信社長、03・3694・1530)は、独自開発の次世代パワー半導体用接合材料を、ペーストやシートの接合材料や基板を製造する二次実装処理向けに4月以降量産する。... 約...

高温半導体素子向け接合材、三菱マテが2種開発 (2019/3/8 素材・ヘルスケア・環境)

三菱マテリアルは、炭化ケイ素(SiC)や窒化ガリウム(GaN)などの高温半導体素子を接合するための焼結型接合材料で、銅を使った2種類の材料を追加で開発した。... サブミクロン銅粒子を使った「焼結型銅...

樹脂シートと金属の間には窒化ケイ素製品のような接合材がないことで、部材全体でより高い放熱性を実現できた。

帝人ナカシマメディカル、脊椎領域の事業譲渡が完了 (2018/1/12 素材・ヘルスケア・環境)

今後、人工関節、骨接合材、脊椎の3事業を展開する「総合整形インプラントメーカー」として成長し、20年度に売上高100億を目指す。

帝人は人工関節や骨接合材料などを手がける帝人ナカシマメディカル(岡山市)と、生体内分解吸収性骨接合材などを手がける帝人メディカルテクノロジー(大阪市北区)を子会社に持つ。 ... 渡...

丸久、異種金属の接合材開発 造船・半導体製造装置に提案 (2017/10/17 モノづくり基盤・成長企業)

【福岡】丸久(福岡県志免町、松下健三社長、092・936・0900)は、アルミニウムと鉄などの金属を溶接した接合部材を開発、受注を始めた。... 異種金属の接合...

Mナプラが量産する接合材料は、ナノメートル(ナノは10億分の1)単位のスズと銅の金属粒子を結合した化合物。接合材料は250度―280度Cの高温でも強い接合力を持つ。... 金や銀を使った接合材料がある...

コバルトの磁性薄膜と白金の接合材に電流を流し、磁化の方向を制御する。

18年度までに、パワー半導体の接合材用途などで銅ナノ粒子を事業化。... 粒径は30ナノ―150ナノメートル(ナノは10億分の1)で、接合材や積層セラミックコンデンサーの電極に使われる。 &#...

タムラ製作所、導電性接合材を50%以上狭小化 (2017/2/16 電機・電子部品・情報・通信2)

タムラ製作所は導電性接合材「SAM32シリーズ」で、面積を従来に比べて50%以上小さくした製品(写真)を開発した。... 塗布の自由度が高く、すでにスマートフォンの接合部分やモバイル機器の接合部分で採...

一般に200度C以上の加熱が必要なハンダ接合に比べ180度Cで接合できるため、加熱によるセルのひずみを低減できる。ハンダ接合が難しい約150マイクロメートルの薄いセルに使える点も評価され、国内では太陽...

【重点研究開発助成Aグループ研究(塑性加工)】▽「生体吸収性マグネシウム素形管材の革新的レーザダイレスフォーミング法の開発」東京大学生産技術研究所古島剛准教授ら 【重点研究開発助成B課題研究(...

三菱マテ、銀不使用のDBC基板−ショートのリスク低減 (2016/9/27 素材・ヘルスケア・環境)

三菱マテリアルは26日、銀を接合材に使用しない、銅と窒化アルミニウム(AlN)セラミックスの接合技術を開発したと発表した。銀を含まない低融点の銅合金とチタンを組み合わせた材料を接合材に使い実現した。....

ニッケルなどの金属粉を導電接合材として分散させたCFを電極とタブ線との間に圧着して挟み込んで導通する。... そこで開発した銀メッキ樹脂粒子を導電接合材として太陽電池セル用のCFに混ぜることを考案。....

接合材として用いる焼結型素子の世界市場も今はほぼゼロだが、20年には50億円規模になると予測する。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる