電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

50,100件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

ロームは多品種少量生産ラインで品質のバラつきを減らすため、自動化を推進。

お酒を「飲める人」と「飲めない人」が一緒に楽しむ文化「スマートドリンキング」を推進する一環で、販売品目のうちアルコール分3・5%以下の飲料の構成比率を25年までに20%に引き上げる。&...

一方で各国はLNG価格の高騰に対し再生可能エネルギーの導入拡大や効率的な利用の推進でガス使用量を可能な限り抑制する態勢を整えた。

初期費用や燃費改善効果に対する船主の懸念といった課題を解消する新塗料の販売を推進し、海運業界で高まる温室効果ガス(GHG)の排出削減ニーズを取り込む。

混合ガス導管の供給実証 岩谷産業はグループの研究開発拠点「中央研究所」を兵庫県尼崎市に構える。2021年には水素関連を分離独立させ、「岩谷水素技術研究所」を同敷地内に設立。カーボンニ...

「T&Dグループの生命保険会社と資産運用で協働するほか、外部への資産運用ビジネスも推進する」と語るのは、T&Dアセットマネジメント社長の田中義久さん。 &#...

中小企業基盤整備機構北海道本部と北海道経済産業局などは、北海道内の事業承継推進を目的とする「北海道事業承継キャラバン2023」を札幌市内で開いた。

新社長登場/ヨコレイ・古瀬健児氏 冷蔵倉庫、効率化を徹底 (2024/2/22 生活インフラ・医療・くらし)

組織横断で広域的に活動する新設の販売推進事業部により、生産者と消費者の新たなつながりを形成していく。

デジタルツインが開く製造・流通業の未来(上)アクセンチュア・Mujin (2024/2/22 電機・電子部品・情報・通信1)

アクセンチュアはDXの推進で顧客とともに共同出資会社を相次ぎ設立しているが、AAAは位置付けが異なる。

魅力的なスマート社会を実現するため、自動運転技術など先進的なデジタル技術の実装を目指すプロジェクト推進に1億5200万円、若者と企業の出会いの場創出など県内就職・定着促進関連に1億2700万円を充てた...

東洋エンジ、インドネシアで開発 地熱エネフィールド最適化 (2024/2/22 機械・ロボット・航空機2)

東洋エンジは、地熱フィールドの全体開発・最適化を進める構想「カーボンニュートラルパーク」実現のための取り組みを推進し、同国の持続可能な社会実現と経済発展につなげる。

新役員/クボタ エグゼクティブオフィサー・和田光司氏ほか (2024/2/22 機械・ロボット・航空機2)

15年建設機械事業推進部長、19年作業機事業推進部長、24年経営企画部長。... 16年農機国内管理部長、18年農機国内業務部長、21年コンプライアンス推進部長、23年コンプライアンス本部副本部長、コ...

アオイ、バイオマスチューブ増産 流体制御機器向け (2024/2/22 機械・ロボット・航空機2)

同社はバイオマスナイロンチューブを発売開始以来、約50年にわたって蓄積してきた知見、経験を生かし、バイオマスマーク認証を取得したエコロジー製品の開発を推進してきた。

世界標準のSCM教本(日刊工業新聞)』の著者である山本圭一・水谷禎志・行本顕の3氏によって創設された世界標準のSCM普及推進プロジェクト。

2023年下期の新社長《上場会社》 (2024/2/22 下期の新社長)

別会社で同一人物の就任含む 関連記事「23年下期の新社長、201人」 上場会社 社&#...

3社が協業する理由について、ENEOS水素事業推進部の大立目悟副部長は「水素事業は一民間企業だけでは難しい」と説明した。

モーダルシフトの推進や連結トラックの導入、さらに高速道路や地下を利用した自動物流道路なども政府は構想している。

経済産業省が22年に設立したロボットフレンドリー施設推進機構では、導入事例を持ち寄り、コストも含め導入を効率化する術を共有している。

一方、人事では女性の工場長を誕生させ、ジェンダーにとらわれない登用制度を推進する。

同合同会議で小野寺五典調査会長は「再生エネルギーの重要性は理解しているが、中国資本をはじめ、風力発電企業に海外企業が多い実態があり、安全保障に懸念がない形で再生エネ推進を後押ししたい」と話した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン