電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,740件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

ロケットや航空機、携帯端末などの軽量化に提案する。

ソフトバンク、ヌルフォーミング実証成功 (2024/7/1 電機・電子部品・情報・通信)

上空基地局の通信エリア内にある携帯端末と、地上基地局の通信エリア内にある別の携帯端末を地理的に近い場所に配置した。... その結果、同技術を適用することで上空基地局エリア内の携帯端末の通信速度を大幅に...

NTTドコモ、量子基盤開発 全国の携帯基地局の負荷軽減 (2024/6/28 電機・電子部品・情報・通信)

ページング信号削減 NTTドコモは27日、量子コンピューティング基盤を開発し、7月から全国の携帯通信基地局で順次適用すると発表した。利用者の携帯端末の所在を確認するために基地局が発信...

携帯通信業界ではNTTやソフトバンクも衛星通信など宇宙ビジネスの実用化に動いている。... NTTは、成層圏を飛行する高高度無人機(HAPS)を用いて携帯端末と直接通信できるシステムの...

大成建、掘削土量を自動計測 複数3Dセンサー連携 (2024/6/12 素材・建設・環境・エネルギー2)

また、今回開発した技術と大成建設が自社開発した建設現場の施工管理システムを連携させることで、スマートフォンなどの携帯端末を使って、時間や場所の制約なしに掘削土量をリアルタイムで把握、管理できる。

成層圏を飛行する高高度無人機(HAPS)を用いて携帯端末と直接通信できるシステムの商用提供を国内で2026年に始める。

携帯電話の国内出荷台数が低調に推移している。MM総研(東京都港区、関口和一所長)によると、2023年度の国内携帯電話端末出荷台数は前年度比16・4%減の2668万5000台と0...

新社長登場/多木化学・多木勝彦氏 100年先も選ばれる企業に (2024/5/27 素材・建設・環境・エネルギー)

従業員や社会から100年先も選ばれる企業を目指す」 《既存事業と新規事業を両輪で伸ばす28年度までの5カ年中期経営計画が始動した》 「アグリ、化学品、不動産事業の3...

デジタル化の進展で携帯端末を用いた通信量が増え続けている。... 報告書案ではこのほか、1月に発生した能登半島地震の教訓を踏まえ、「携帯事業者とともに携帯電話基地局の強靱(きょうじん)...

まずは広く学ぶ場として、(携帯端末で動画などを視聴しながら短時間の学習に取り組む)マイクロラーニングを提供している」 ―特に、デジタル人材の育成を強化しています。&#...

NECプラットフォームズ、那須に関東最大級の電波暗室新設 (2024/4/19 電機・電子部品・情報・通信)

衛星通信などの大型パラボラアンテナから、携帯端末に内蔵される小型アンテナまで幅広い種類のアンテナの開発・生産。

ニュース拡大鏡/携帯出荷低迷、昨年16%減 AIスマホ、好転のカギ (2024/4/11 電機・電子部品・情報・通信1)

即時翻訳など高機能化 日本国内での携帯電話端末の出荷台数が低迷している。... AIを端末に搭載し、翻訳などを端末で行える「AIスマートフォン」の登場は、携帯端末市場が好転するカギと...

磁性粒子の透磁率が左右 携帯端末の高性能化、高密度実装化に伴い、端末自体が発生する電磁波ノイズが、アンテナに結合して受信感度を下げるという、いわゆる「自家中毒」問題が顕在化してきてい...

経営ひと言/NTTドコモ・小林宏常務執行役員「反省生かす」 (2024/2/14 電機・電子部品・情報・通信)

「2023年12月の計画を若干超えるぐらいの進捗(しんちょく)だ」と携帯通信の品質改善状況を説明するのは、NTTドコモ常務執行役員の小林宏さん。 ...

総務省は29日、不良在庫となった携帯端末の特例見直しについて携帯通信各社や販売代理店に聞き取り調査を行う意向を示した。... 同WGの有識者は、国内携帯各社が00年代後半から人気端末を過剰に購入させら...

能登半島地震/送電復旧、連携の真価 手法・電源車統一、共通工具も (2024/1/16 素材・建設・環境・エネルギー2)

被害・復旧状況は社員が帰社後に集計・報告していたが、現地で携帯端末に入力し、情報を即時に反映させるシステムを開発。

NTTなど、国内でHAPS実証 携帯端末に直接通信 (2024/1/9 電機・電子部品・情報・通信)

NTTとスカパーJSATなどは、成層圏を飛行する高高度無人機(HAPS)を用いて携帯端末に直接通信サービスを提供するシステムの研究開発を始めた。... HAPSは携帯通信基地局機能を持...

携帯端末 開発、第2弾に続かず バルミューダは5月に携帯端末事業からの撤退を発表した。21年5月に携帯端末事業に参入し、同11月に第1弾製品とな...

検証2023/国内スマホ市場低迷 買い替えサイクル長期化 (2023/12/14 電機・電子部品・情報・通信1)

低迷の背景にはスマホの性能向上による買い替えサイクルの長期化のほか、為替の円安や材料価格の上昇による端末価格の値上げなどがある。 ... 21年に携帯端末事業に参入したバルミューダは...

富士通は携帯端末や個人向けパソコンなどのハードウエアを主力としてきたが、米アップルや中韓勢との競争激化、2010年代から事業再編を進めてきた。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン