電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

345件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

JAL、奄美・瀬戸内町でドローン輸送 (2024/3/1 生活インフラ・医療・くらし2)

目視なしで遠隔操縦する「レベル3・5」で飛行する。 ... JALは高度なドローン運航管理や安全管理のノウハウを提供し、操縦者の養成を含む安全な運航体制づくりを支援した。

災害研究者との議論の中では、30年前の阪神・淡路大震災や20年前の新潟県中越地震で起きた問題は今回とあまり違わない印象を受ける。... ドローン事業者と自治体が協定を結び、平時から使っている機体を災害...

視察団は創業者の高倉可明氏が発案した専用重機3台を並べ、リレー式で自動車を解体する工程などを見学。ボディーなどの大型部品から、ワイヤハーネス(組み電線)といった細かな部品まで素材を見分...

ニシベ計器のドア自動開閉装置、建機に初採用 日立建機向け (2024/1/30 機械・ロボット・航空機1)

操縦者の転落事故防ぐ ニシベ計器製造所(東京都大田区、蓮井康二社長)は、車両ドアを自動開閉する自社製装置が日立建機の建設機械に採用された。

当時の担当者は「小石のように見えても実は軟らかいかもしれない。... 可搬重量は犠牲になるが操縦者が確実にアームを操作できるようにする。

「僕の研究はどこまでいっても遠隔操縦。... このケーブルが潮流から受ける力など、「操縦者はいろんな要素を考えながら操作する必要がある」。

企業や自治体が簡単にドローンを導入できるよう、2024年度内に運航者向け支援サービスの提供を開始する。 ... 操縦者が目視せずにドローンを運航する「目視外飛行」や1人で複数機を運航...

東電PG、ドローンの公開競技 社内操縦資格の取得者拡大後押し (2023/12/13 素材・建設・環境・エネルギー2)

同社は社内操縦資格「ドローンエキスパート認定」の取得を進め、現在までに約90人が取得する。... ドローンエキスパート認定制度は、社内から選抜した操縦者を、同研修センターに集めて座学・実技研修し、試験...

エアロネクスト、君津でドローン輸送 (2023/12/5 機械・ロボット・航空機2)

物流課題のほか、災害時対応やインフラ設備点検、農業や観光の振興、操縦者育成などでもドローンを活用する。

今回の実証では、タマネギ畑のうねの幅に合わせて設計したロボットを操縦者が時速1キロメートルで動かしながら農薬を散布した。

遠隔操縦の作業用アームを別のアームに搭載したカメラから見て動かす。... この時に視点や操作アームが切り替わると向きや応答が変わり、操縦者が混乱する問題があった。 ... ミスできな...

操縦者が手動で動かす場合に比べて、10分の1の時間で目的位置に腕を動かせた。操縦者の負荷軽減やヒューマンエラー低減につながる。 ... 手動操作はシステムの自由度が多く、操縦者への負...

【千葉】千葉市は飛行ロボット(ドローン)の操縦ライセンス取得を支援する補助制度を創設した。... この制度は改正航空法の施行による操縦ライセンス(無人航空機操縦者技能証明...

NTTコムウェア、低遅延通信でDC省人化 「APN」産業用途の実証加速 (2023/8/29 電機・電子部品・情報・通信1)

NTTコムウェアIOWN推進部の都筑佳紀技術戦略部門担当課長は「ネットワーク遅延が大きくなると現場の状況と操縦者の判断がずれ、急に飛び出してきた人とロボットの接触が起きかねない」と説明する。

既存建機に操縦支援機能後付け アースブレイン、キット発売 (2023/8/28 機械・ロボット・航空機2)

ブルドーザーに装着した場合、操縦者は運転席のタブレット端末で3D設計データと自車の接地面の位置などを確認しながら作業でき、生産性向上が見込める。

DXで保全効率化 産業機械・エンジ、相次ぎ導入 (2023/8/15 機械・ロボット・航空機)

ドローンは老朽インフラの点検用途として注目されるが、手動では操縦者の技量に依存し、撮影品質確保や点検時間を十分短縮できない課題がある。

現場で除草の様子を調べて作業者の声を丹念に聞き、開発に反映した。 ... 車体後方は傾斜角度を瞬時に判断できるように水平を基調として一体感のあるデザイン」とし、操縦者に安全・安心を提...

ラインを都度停止して操縦者に画像を送信する現状のデータ量であれば、Wi―Fi(ワイファイ)など通常の通信回線で使用可能という。

同ツールを入れたiPad端末を四足歩行ロボットに搭載し、設備や建設現場の自動巡回、遠隔操縦による巡回・巡視を可能にした。... LiDAR機能で現場の3D空間を理解し、危険があれば遠隔の操縦者に「壁に...

ドローンはインフラの老朽化などの点検用に注目されるが、手動では操縦者の技量に依存し、撮影品質確保や点検時間を十分短縮できない課題がある。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン