電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

33,538件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

堀川清司氏(96歳、ほりかわ・きよし=東京大名誉教授・海岸工学)18日死去。

新井民夫審査委員長(東京大学名誉教授)は「中小らしい着眼点と高い技術力を多様な分野で見ることができた」と講評した。

信州大学の手嶋勝弥卓越教授らは、機能性無機結晶のロボット合成ラインを構築する。

大阪大学の宮本佑特任研究員、石井優教授らは、腸内細菌などによる炎症から肝臓を守る特殊なマクロファージ(貪食細胞)を発見した。... 石井教授は「(衛兵マクロファージを)...

高密度集積デバイスに応用 東京大学物性研究所の吉見一慶特任研究員、三澤貴宏特任准教授は、名古屋大学大学院理学研究科の小林晃人准教授らと共同で、「スピン分裂」を示す新しいタイプの反強磁...

理化学研究所加藤ナノ量子フォトニクス研究室の方楠客員研究員、加藤雄一郎主任研究員は、筑波大学の岡田晋教授らと共同で、1次元と2次元という異なる次元性を持つナノ半導体の界面において、室温で動く量子光源が...

農業の持続的生産に応用 京都産業大学の木村成介教授らは、「ロリッパ・アクアティカ」と呼ばれる水陸両生植物が陸上と水中で葉の形を大きく変える仕組みを遺伝子レベルで突き止めた。

国立情報学研究所の蓮尾一郎教授と京都大学の和賀正樹助教らは、自動運転車の危険シナリオを数学的に定式化した。

日本が大好き」と語るのは、チューリヒ工科大学教授のルイーズ・ハラさん。

東京医科歯科大学は那波伸敏准教授が研究代表者を務める国内機関とキルギスとの共同研究が2024年度「JST―JICA地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム」(SATREPS)に条件付...

人工知能(AI)の進化によって文化や社会はどう変わるのか、東大大学院工学系研究科の松尾豊教授が詳細に解説するほか、東大発の知識集団「QuizKnock」のメンバーとAIでどんなことがで...

生命科学・理工学の融合境界研究を促進 中谷医工計測技術振興財団(東京都品川区、家次恒代表理事=シスメックス会長)は、生命科学と理工学の融合...

北海道大学の安成哲平准教授と東京大学の成田大樹教授、九州大学の竹村俊彦主幹教授らは、シベリア森林火災の大気質や健康、経済への包括的影響を初めて評価した。

中島氏以外の発起人はセブン銀行の松橋正明社長や埼玉大学の長谷川孝明名誉教授、三菱総合研究所の小宮山宏理事長などで、モビリティーに限らない幅広い分野から計18人が設立に関わった。

同社の渡瀬順平取締役執行役員は「(陥凹型大腸がんを発見した同病院の工藤進英教授が率いる)内視鏡診断の世界的トップチームのノウハウが詰まっており、使い勝手が良い」と強みを話す。

人工知能(AI)技術で推定できれば効果は大きい」と説明するのは、東北大学准教授の鈴木杏奈さん。

東京理科大学の吉田優准教授と小林瑛宏特別研究生らは、ベンゼン環の上を置換基が転位するベンゾフラン合成反応を開発した。

宮崎大学の新村芳人教授、国立遺伝学研究所の小出剛准教授らはカピバラ、ハダカデバネズミなどのヤマアラシ亜目に属する17種の動物の全遺伝情報(ゲノム)配列データを用い、嗅覚、フェロモン、味...

名古屋大学大学院教授などを経て現職。

サントリー生命科学財団生物有機科学研究所の所長を務める佐藤文彦京都大学名誉教授(71)が米国科学振興協会(AAAS)フェローに選ばれた。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン