252件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

そのため、社会の仕組みを変えるイノベーションシステムが必要である。... 東京都市大学環境学部環境経営システム学科教授。... そのために、この暮らし方が当たり前だと思えるような価値観に転換する教育シ...

エア・ウォーター、大阪健都にオープンイノベ拠点 起工式開く (2022/5/27 建設・生活・環境・エネルギー)

健都の中核拠点である国立循環器病研究センター(国循)やベンチャー、大学などと連携し、高度医療人材育成のための教育システムの構築や遠隔通信技術を活用した在宅医療事業の拡大、災害食の開発な...

ロボ操作を模擬演習 三明機工、訓練機を開発 (2022/4/26 機械・ロボット・航空機2)

ロボットの導入分野が広がる中、同社は教育用分野に参入し、事業領域の拡大を図る。 これまでは周辺機器を用意し、実機のロボットを使った教育システムを使っていたが、準備時間や物流...

県内に本社事務所を置く中小企業を対象に、県の電子申請システムで27日まで応募を受け付ける。... 21年度に初の取り組みとして、金属の圧延箔(はく)を製造するリカザイ(川崎市中...

ハードそろうもソフトこれから デジタル変革(DX)による新たな教育システムが構築されつつある。... その際、南場智子経団連副会長...

開発するサービス基盤「K―VaCSプラットフォーム」は火力発電所の運転データや作業員などの行動データを基に運転状態監視、トラブルの原因分析と対策、教育資料といったデジタルサービスをクラウドシステムを介...

その背景には、「入社して初めて携わる従業員も従事できるようになる」(藤田美穂製造部長)という教育システムの存在がある。... J―TECは製造工程に従事するための教育システムの充実に力...

システムインテグレーションとして、工程分析からシステムを企画、構想、設計、設備工事した上で、全て動くような状態にして、ティーチングも行う。... その中で当社は、まずユーザーに対してロボットの操作から...

鹿島、スマホで安全教育 技能労働者向けアプリ開発 (2021/7/14 建設・生活・環境・エネルギー1)

鹿島は13日、建設現場での労働災害の撲滅を目的とした技能労働者向け安全教育システム「みんなで学ぼう建設安全!... 技能労働者がスマートフォンで手軽に現場の安全教育を履修できるシステムで、管理...

関西大学は30日、富士通と富士通Japan(東京都港区)と連携し、デジタル変革(DX)による次世代教育システムを秋に導入すると発表した。... 対話しやすい独自の遠隔会...

社会が求める横断的・異分野融合的な新しい教育システムを構想している。... 企業でもリカレント教育のニーズは高い」 ―教育・研究の環境改善の考えは。 ... 今後は...

国循、AWと連携協定 健康食など共同研究 (2021/5/27 素材・医療・ヘルスケア)

健康食などに関する共同研究、医療人材育成のための教育システム構築、循環器疾患を中心とした疾病予防と健康づくりを推進する。

アクティオ、安全教育にVR活用 高速道路作業向け (2021/5/12 機械・ロボット・航空機2)

アクティオ(東京都中央区、小沼直人社長)は、高速道路での作業用に仮想現実(VR)を活用した安全教育システムを開発、レンタルを始めた。... 作業員の人命を守るため、一層...

世界の産業開発の原動力に しかしながら、こうした数学教育の優越は、先人たちが構築してくれた教育システムのおかげである。... 逆に、日本人の英語力は、アジアの中でも低位であるが、これ...

学内で運用する手術支援ロボット利用の訓練施設とも連携し、新たな手術方法・機器の開発、教育システムの構築にも取り組む。

情報通信技術(ICT)を含む科学技術を利用した教育システムの導入が教育現場で進む。... ロボットを活用した効果的な授業を実証し、新しい教育システムの構築を目指す杉並区立浜田山小学校&...

仮想現実(VR)空間内で現実の工具や機材を扱いながらの高所作業の模擬訓練ができ、安全教育などで使う。 ... そこでゼロから現場のIT化を支援する工場作業教育システム...

全社横断でxR推進 ISID、バーチャル組織を設置 (2020/11/25 電機・電子部品・情報・通信1)

具体的には、xR実現のためのコンサルティングサービスとシステム構築(SI)に加え、遠隔コラボレーション(協働)や認知拡張などのxRソリューション開発を行う。... xR...

横顔/日本歯車工業会会長に就任した植田昌克氏 (2020/8/25 機械・ロボット・航空機1)

15年以上、講義と実習で学ぶ『ギアカレッジ』に取り組み、教育システムを構築してきた」と話す。

トーエネック、RPAを全社に拡大 業務効率化を横展開 (2020/8/24 建設・生活・環境・エネルギー)

20年度に導入事例を社内で情報公開してRPAの認知度向上に努めているほか、21年度にはベンダーのプログラムなどを活用して座学や実習による教育システムを導入し、理解を深める。 今後はR...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン