電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

10,185件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.032秒)

さらにコロナ禍の後、テレワーク向けで市場が動いたが、これから我々の生活の中で需要が期待できるアプリケーションが見当たらないというのもあり、市場全体の動きは鈍い」 《数年前から設備投資...

メルシャン、ワイン販売ライブ配信 社員が出演・マーケ育成 (2024/5/24 生活インフラ・医療・くらし2)

さらに多様化が進んだこともあり、ワイン市場もこの数年伸び悩んでいる。

ここ数年は設備を新設せず、能力を増やせるよう生産設備を合理化して数量増に対応してきた。 ... また、日本触媒は三洋化成と19年に経営統合の検討を始めたが、新型コロナウイルス感染症の...

ナベル、工作機械の駆動部カバー製販 独社と技術提携 (2024/5/23 機械・ロボット・航空機2)

メラーヴェルケが22年に発売したダイアモンド・フレックスは、工作機械の動きと連動して伸縮し、加工時に発生する切粉や粉塵、切削油などの液体から機械を保護する。... 欧州では十数年前から工作機械の高速化...

数年に一度のトラブル学ぶ NECファシリティーズ(東京都港区、橋谷直樹社長)は21日、工場のインフラ設備を管理・運用する人材の早期育成と事業のデジタル変革(D...

フィンランドの風力発電能力はここ数年で急成長。業界の統計によると、2022年だけで75%増の5677メガワット(メガは100万)となり、風の強い日には電気料金がマイナスになる。...

鬼塚硝子、金属・ガラス気密封着のパイプ状部品開発 (2024/5/22 素材・建設・環境・エネルギー2)

鬼塚硝子は数年かけて技術者を育成し、このほどハウスキーパーシールを使ったパイプ状部品の製品化に至った。

ボッシュ社長「SDV推進を歓迎」 統合制御開発に注力 (2024/5/22 自動車・モビリティー)

また制御するアクチュエーターのタイプや数に依存しない柔軟なソフトパッケージの展開が可能だ。 ... ボッシュグループは世界のVMM事業の売上高を数年後に数億ユーロの規模に育てる目標を...

産業界と連携して発電実証炉の設計・開発を担う企業を輩出し、核融合発電の実証を2050年から30年代への前倒しを狙う。大規模な試験施設の整備や拠点化に向けて研究機関や大学などを体制強化し、数年にわたって...

電機メーカーでは十数年前に、植物工場やスマート農業への参入を目指す機運が高まった。

21―23年に中国、タイ、日本で工作機械や基幹部品の生産能力を相次ぎ増強するなど生産基盤を強化してきた。... ここ数年で生産量が上がり手順書に沿って業務をこなす体制はできたが、問題が起きた際に自ら対...

ニューノーマルで輝く(111)RYODEN 模擬ソフトで効率開発 (2024/5/21 電機・電子部品・情報・通信2)

RYODENの斎藤一智グループリーダーは「ここ数年、シミュレーションを活用する場面が多くなり、導入が進んできた」と話す。顧客には数世代先の派生製品を同時平行で開発する例も多く、同ソフトによって開発の効...

機能化学8社の通期見通し、5社が営業増益 半導体・医薬けん引 (2024/5/17 素材・建設・環境・エネルギー)

機能化学8社の2025年3月期連結業績予想は、開示した全6社が増収、5社が営業増益を見込む。... 今後もこの流れを継続し、25年3月期は前期比8・2%増の総額4400億円...

また2022年ごろからは材料の入手が困難な状況が続いたが現在は落ち着いた。... 数年前からは材料購入や加工外注の現金払いを始めて、サプライヤーの負担を軽減する取り組みも実施している。

2022年は人的資本経営元年、23年は人的資本開示元年と言われるほど、ここ数年、日本でも言葉の認知度が高まりつつある。背景には、20年頃から産学も交えた人的資本経営に関する政策を経済産業省が公表し、2...

同校のクライアント・ディベロップメント部門のダイレクターを務める宗像佐尭氏によれば、2023年の日本からの受講者数は100人を超え、過去最高の伸び率を記録。... これまでは商社、金融機関、メーカーの...

内閣府によると、2023年のロケット打ち上げ回数は世界全体で10年前の13年と比べて約2・8倍の212回で、そのうち米スペースXが96回を占める。ただ打ち上げ回数よりも需要が上回り、数年単位で待機して...

経営ひと言/八幡ねじ・鈴木建吾会長「社員の幸せ一番」 (2024/5/15 機械・ロボット・航空機2)

数年前に本社工場の昼食を、弁当から社内調理に切り替えた。... 誕生日プレゼントのパンも自ら探して数種類を集める。

中小企業優秀新技術・新製品賞 受賞38氏「喜びの声」 一般部門 (2024/5/10 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

その際の微生物スクリーニング技術は、数十年、イノベーションがありません。 ... (埼玉県八潮市) 一般部門・優秀賞 &...

特種東海は傘下の新東海製紙(静岡県島田市)で2027年初頭に稼働予定のバイオマスボイラなどで使う廃棄物固形燃料(RPF)の原料を安定確保し、内製化率を高める。... 貴...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン