78件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、文化審議会が5月に予定していた建造物の国宝・重要文化財への指定答申が見送られる可能性があることが分かった。指定に向けた専門調査会の開催が難しいためで、次回の答申時に...

その後、サートラスが学生・生徒1人当たりの補償金額を文化庁へ申請し、文化庁長官・文化審議会の諮問・答申を経て、運用スキームが確定する。 ... サートラスの構成員である各著作権協会な...

横顔/近畿財務局長に就任した青木孝徳氏 (2019/7/23 中小企業・地域経済2)

「関西は歴史、伝統、文化が豊かで訪日外国人も訪れる日本の顔。2025年の国際博覧会『大阪・関西万博』など、追い風も吹く。... 15年主計局法規課長、17年同総務課長、18年内閣審議官(内閣官房副長官...

文化審議会(佐藤信会長)は、日本で最古となる「函館公園こどものくに空中観覧車」(北海道函館市)など196件の建造物を新たに登録有形文化財として登録するよう、柴山昌彦文部科学相に答申した。 &#...

企業庁、承継・創業・防災に焦点 事業拡大への方策提示 (2019/4/9 中小・ベンチャー・中小政策)

2日に開かれた中小企業政策審議会の委員からは内容を評価する一方で、積極的な広報活動に加え、視覚的なわかりやすさなどユーザビリティーでの要望が出された。 ... 異なる文化、宗教などに...

18年度の新事業では、変革期に直面する自動車・交通関連産業に焦点を当てた「新モビリティー研究会」を発足させる。... 来賓として出席した経済産業省の水野正人製造産業局ものづくり政策審議室長は「受賞企業...

文部科学省の白間竜一郎審議官は「体育の授業で学んだことを、休み時間に自分たちで試して楽しむ環境が理想」と期待する。... 【条件を付加】 そんな中、山口市の文化施設の山口情報芸術セン...

「当学では人間の心理を製品に反映する感性工学や仮想現実(VR)を用いた視線の動きの研究など、社会や文化とつながる文理融合的な研究が多い。... 17年中央教育審議会委員。

100年経営の会(事務局=日刊工業新聞社)は東京・飯田橋のホテルグランドパレスで通常総会を開き、2017年度の事業・収支報告や18年度の事業計画などを審議し承認した。18年度もシンポジウム、勉強会を各...

第五次環境基本計画は、環境相の諮問機関である中央環境審議会が議論した。... 財務データだけだった融資審査の文化が変わる」 ―製造業にも変化をもたらしますか。

【イノベーション文化再び】 21世紀の現在、「モーレツ社員」「企業戦士」的な働き方が見直されつつあり、この時代の負の遺産ばかりが浮き彫りになっているが、実は日本が再び成長するヒントは...

文化審議会がこのほど文部科学大臣に答申した。... 文化審議会は旧試作工場に関して「A1型試作乗用車が生まれた記念碑的な工場」としている。

近年、女性2代目経営者による企業再生は脚光を浴び、国も産業構造審議会(産構審)のメンバーとして、諏訪のほかに日本電鍍工業(さいたま市北区)の伊藤麻美、小松ばね工業(東京都大田区)の小松万希子の3人の女...

国籍・ジェンダー・年齢・経歴などの枠を超えて異質な人々や文化と出会うことで、新しい発想が生まれ、それまでにない新たなイノベーションを創出する原動力となることが期待できる。... 内閣府(1997年に男...

文化審議会は31日、2019年の世界文化遺産登録を目指す候補に「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」(大阪府)を推薦することを決めた。閣議了解などを経て、政府が18年2月1日ま...

文部科学省が文化庁の文化審議会小委員会で具体化を進め、4月に報告書をまとめた。

20年の東京五輪・パラリンピックで日本の新しい文化として情報発信したい意向だ。... 関西経済同友会は3月、関西への外国人観光客数1200万人などを前提に、IRは年間7000億―8000億円規模の投資...

官界からは佐野忠克元経済産業審議官、鴇田(ときた)勝彦元中小企業庁長官、及川耕造元特許庁長官らが瑞宝重光章に選ばれた。 ... 今後も、ものづくりの立場から地方創...

一方、2005年日本国際博覧会協会企画調整グループ長として「愛・地球博(愛知万博)」の開催に尽力し、産業界とのパイプを構築。... この点、15年間続けている趣味の茶道は「日本文化の集大成でもあり、自...

そこで、6月2日には、行政、関係団体、民間事業者など25団体で構成する「日本遺産プロモーション協議会」を設置し、今後、官民そして地域が一体となり、多くの人がこのストーリーを「知る」「見る」「触れる」機...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる