電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

11件中、1ページ目 1〜11件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

事業者は、こうしたセキュリティー基準と、社内のセキュリティー規則や製品のセキュリティー仕様との整合性の確認に日々多大な労力を費やしている。... 文書分析ツールTactは現在、非公開であるが、分析ツー...

(火曜日に掲載) ◇未来ICT研究所・フロンティア創造総合研究室主任研究員 三木茂人 2003年神戸大学大学院博士課程修了後、科学技術振興機...

【6年連続トップ】 中国科学院(以下科学院)は国務院(他国の内閣に相当)直属の組織であり、その傘下に104の研究所と二つの大学の他、シンクタンクや多く...

困難を選び目立ちたい 若手研究者にとって研究の内容以外の悩みといえば、自らのポストと研究室の環境が上位に来るだろう。... これらの成果で2016年度の「文部科学...

こうした新規のマイクロ3次元構造体開発の実績で、2015年度の文部科学大臣表彰「若手科学者賞」を受賞した。

この成果は2015年に「ゲノム微生物学会若手賞」を、16年に「文部科学大臣表彰若手科学者賞」を相次いで受賞するなど、広く認められている。 ... そこで光合成研究のモデル生物「シアノ...

当時の私は、その現実を受け入れることができず、出産前の自分や周囲の研究者と比較して無理をしすぎ、体調を崩してしまったのだ。... こうした体験を通じ、未来を担う子供たちが、科学への興味・関心を深めてい...

地震と津波の両方を研究対象とする研究者は珍しく、「国内の同世代では私くらいでは」と分析する。地震波と津波のモニタリングとシミュレーションの融合研究が評価され、2013年に「日本地震学会若手学術奨励賞」...

高川主任研究官はこの誤差を解消する技術などを開発し、2015年度の「文部科学大臣表彰若手科学者賞」を受賞した。

活動の一つとして自然科学系の女子学生さんのすそ野拡大を図っているが、工学系の女子学生が少ないことは深刻である。... 科学技術振興調整費を利用した国や大学の工学系への女性研究者支援が06年度から進めら...

米国留学中の03―04年、立て続けに著名科学誌に筆頭著者の論文を発表、その名を世界にとどろかせた。... 東京大学の「スーパー准教授制度」に倍率35倍をくぐり抜けて採択され、研究者の妻と07年に帰国し...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン