285件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

一つは感染拡大の収束への道筋を描くことができないなどの不透明感が、リスク・オフによる新興国売りを引き起こしていることだ。アジア諸国やブラジル、トルコなど、多くの新興国は2019年来、景況感が悪化する中...

【ワシントン=時事】国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は23日、2020年の世界経済が「マイナス成長に陥る」との見通しを示した。... 「投資家がこれまでに新興国から過去...

【ワシントン=時事】国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、ワシントンで記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大で「今年の世界経済の成長率は2019年(2・9%)を下回る」と述べた。... I...

水素プロジェクトや人工知能(AI)など新事業育成も急務だ。... 紙の通帳を廃止したEco通帳(インターネット通帳)の導入やデジタル通貨にも今後取り組む。... 20年4月にはタイでウォシュレットの生...

国際通貨基金(IMF)の最新の世界成長率見通しは、前年の2・9%から今年は3・3%に上向くと予測した。... 中国の不振は新興国をはじめ日本や欧米各国の景気低迷を招くため、成長率の下方修正は避けられな...

輝け!スタートアップ(18)スタンデージ (2019/11/7 中小・ベンチャー・中小政策)

実際に製品が港に着いたら、代金は仮想通貨で支払われる。 仮想通貨と言えば、変動が激しくリスクが高いと思われがちだが、USDコインなどドルと連動した比較的安定した通貨の使用を想定。.....

また円に対するユーロやルピーなどの新興国通貨安も響き、当期利益は同41・8%減の793億円だった。

金融・地政学リスク注意 10月に国際通貨基金(IMF)が発表した「世界経済見通し」によれば、世界全体の実質経済成長率は2018年の3・6%から19年に3・0%まで減速した後、20年に...

【ワシントン=時事】国際通貨基金(IMF)は15日、最新の世界経済見通しを発表し、2019年の成長率予想を3・0%と、7月時点から0・2ポイント下方修正した。... 世界貿易量が7年ぶりの低い伸びに急...

米国は中国を「為替操作国」に指定するなど、通貨戦争の様相も呈してきた。... 資金の海外流出を自由に認めると、元安が急激に進んで世界中の新興国通貨安を誘発する、あるいは海外に資産を移そうとする富裕層が...

同日都内で開いた会見で山本悟社長は「石油系原材料の上昇とユーロや新興国通貨で円高となり減益要因になった」と説明した。

池谷光司三菱自副社長は「米中貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)問題など先進国の不透明感が新興国にも波及する可能性がある」と懸念を示す。 ... この目標達成をけん引...

新興国通貨安も懸念材料でスズキはインドルピー安が26億円の減益要因になるとみている。 ... 日産自動車はリストラモードを鮮明にしたが、「新商品とCASE関連投資は増加させる」(西川...

20年3月期の営業利益は、駆け込み需要の反動減や新興国通貨の為替環境の悪化、原材料価格の上昇により減益を見込む。

だが、インドネシアルピアなど新興国の通貨安は懸念材料で、営業利益率向上が課題だ。

ブラジルレアルなど新興国の通貨安や、トルコ工場などの増産投資に伴う減価償却費が利益を押し下げるとみる。

ただ中国に投入した新ブランドの押し上げ効果があり、それを除くと同1・2%減少だった。 ... 米国事業が低収益から抜け出せず、原材料高や新興国通貨安の逆風が直撃した。

米中の貿易摩擦問題などで世界経済の不透明感が高まっており、原材料費高や新興国通貨安も向かい風だ。電動化など新技術への対応も喫緊の課題で、各社経営トップのかじ取りは困難さを増している。... 米国の金利...

主力のタイヤ事業は販売本数を伸ばすがブラジルなど新興国の通貨安などが利益を押し下げる。 ... 一方、利益面はブラジルレアルやタイバーツの通貨安や、増産投資に伴う減価償却費の増加など...

変革者描く『日本資本主義の形成者』 新成人の道しるべにも 発展途上国研究者を志したきっかけは大学の恩師である鶴見和子先生。... 国際舞台に台頭...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる