522件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

武田、研究開発に5500億円 新規候補物質6つ申請 (2021/4/8 素材・医療・ヘルスケア)

武田薬品工業は2021年度の研究開発費に5000億―5500億円を投じる。... 一方、22年度以降の研究開発投資は21年度ほど増えない見通しとした。 武田薬品はがん、希少遺伝子疾患...

国内外の製薬企業やバイオベンチャーの新薬開発に協力し、画期的な医薬品の創出につなげたい意向だ。 ... 拡散医薬では同じく東工大の清尾康志教授らが開発した核酸化合物の合成法を生かす。...

既存薬の評価と新薬開発 新型コロナウイルス感染症を制圧し、社会活動を取り戻すために治療薬は欠かすことができない武器だ。... 強力な治療薬を得るには既存薬の転用ではなく、特異的にSA...

GEM BUにおいても、売上高の95%を5の主要領域の医薬品が占めており、国際主力品の市場浸透や新薬開発へのさらなる投資で成長を後押しする戦略だ。特に開発製品の一つデング熱ウイルス感染症ワクチンはGE...

武田薬品は契約一時金として1億9600万ドル(209億8885万円)をオービッドに支払い、開発や承認、販売額などの達成に応じて最大6億6000万ドル(706億7676万円)を支払う。 ...

滋賀医科大学医学・看護学教育センターの向所(むかいしょ)賢一教授は、生体内での状態に近い3次元構造や機能を持つがん細胞を培養できる「組織模倣型細胞培養システム」を開発した。日本バイリーン(東京都中央区...

大日本住友製薬は米製薬大手ファイザーとがんや婦人科領域の新薬開発などで提携した。

新薬開発や商用化も強化する。 ... 新たな医薬品について、開発から商用化まで切れ目のない安定した製造体制を構築する。

武田薬品は消化器系疾患と希少疾患、血漿(けっしょう)分画製剤、がん、神経精神疾患の五つを主要なビジネス領域と位置づけ、新薬開発を強化する。... また、新たな開発製品の一つで好酸球性食道炎(EoE)治...

科学技術の潮流(76)創薬DX、競争力強化 (2020/11/13 科学技術・大学)

【厳しさ増す環境】 新薬開発は難易度を増している。... 製薬業界では、デジタル変革(DX)により創薬イノベーションと新薬開発の効率化を両立させる取り組みが進んでいる。... 製薬企...

富士通研、メガビット級に対応する並列探索を開発 (2020/11/10 電機・電子部品・情報・通信1)

今回は最適値への収束過程を観測しながら並列レベルを変化させ、サーバー1台当たり10万ビット級の組み合わせ最適化問題を高速に解く技術を開発。... 具体的には計算の初期段階や探索精度を高める段階で、ビッ...

武田薬品は、消化器系疾患と希少疾患、血漿(けっしょう)分画製剤、がん、神経精神疾患の五つを主要なビジネス領域と位置付け、新薬開発の強化を進める。

塩野義製薬は13日、中国の平安グループとの合弁事業で、オンライン診療や新薬開発、一般用医薬品(OTC)販売などを展開し、2024年度に売上高700億円以上を目指すと発表した。... 医薬品開発は、塩野...

富士通など、創薬候補を12時間で探索 「デジタルアニーラ」活用 (2020/10/14 電機・電子部品・情報・通信2)

医薬品候補化合物の探索期間を短縮し、新薬開発の可能性を高める。 現在、開発を進めている新型コロナウイルス感染症の治療薬開発にも適用する。... ペプチドリームは中分子医薬品の候補化合...

基盤は後発薬としつつも、国内外で業務提携を積極化し、新薬開発やデジタルヘルスに触手を伸ばす。

経営ひと言/クライミング・浜地信社長「自社HP充実」 (2020/9/22 中小・ベンチャー・中小政策)

製品が新薬開発で使われ好況かと思いきや「実は景気にも左右されない業界」とか。

医療ビッグデータ始動 NTTデータ、研究者などに提供 (2020/9/7 電機・電子部品・情報・通信)

医療ビッグデータ(大量データ)を用いて希少疾患の解明や新薬開発につなげる動きが本格化する。 ... NTTデータのスペイン子会社エベリスが開発した自然言語処理基盤を用いて電子カルテか...

武田薬品は非中核事業を売却する一方で、医療用医薬品事業に投資を集中し新薬開発を強化しており、TCHCの売却もその戦略の一環。 武田薬品は、消化器系疾患と希少疾患、血漿(けっしょう)分...

しかし、新薬開発の難易度は高い。... 新薬開発はどのような疾患領域でも困難を伴う。... 日刊工業新聞社が実施した研究開発アンケート(有効回答238社)によると、20年度の研究開発費上位10社のうち...

日刊工業新聞社が実施した研究開発(R&D)アンケート(有効回答238社)によると、2020年度の研究開発費計画額を回答した102社の合計は、19年度実績比1.9%増となり、微増ながら11年連続増加とな...

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる