34件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

中国地方の新造船受注量、今年度上期48%減 中国運輸局 (2021/3/8 機械・ロボット・航空機2)

中国運輸局によると中国地方(山口県西部を除く5県)の2020年度上期(4―9月期)の新造船受注量は23隻(前年同期比48・9%減)、32万4885総トン(同55・6%減)となった。... 受注量のうち...

新型コロナ/中国5県新造船、56%減61万総トン 昨年度受注 (2020/8/20 機械・ロボット・航空機1)

【広島】中国運輸局によると、中国地方5県(山口県西部を除く)の2019年度の新造船受注量は、契約ベースで前年度比47・7%減の56隻、同56・2%減の61万6000総トンとなった。... 新造船建造量...

7月23日は海の日 (2020/8/4 特集・広告)

新型コロナの影響懸念 代替建造需要に期待 2019年の世界の新造船受注量は約4149万総トンで、18年の5040万総トンから大幅に減少している。... 日本の造船業では19年の受注量...

【広島】中国運輸局がまとめた中国地方(山口県西部を除く中国5県)の2019年度上期(4―9月)の新造船受注量は、前年同期比34・0%減の31隻、同23・7%減の29万1000総トンとなった。... 新...

前倒しで工事を進めるにしても、出荷量の多い首都圏分を他の地域で補えるかどうかは不透明だ。... 造船 グループ再編・提携加速か 新造船受注量は2019年は四千数百万総トン台と前年より...

20年から硫黄酸化物(SOx)や二酸化炭素(CO2)排出規制強化の動きはあるが、船主の様子見姿勢もあり、新造船発注の手控え状況が続いている。 日本の1―11月の新造船受注量は前年同期...

【広島】中国運輸局がまとめた中国地方5県(山口県西部を除く)の2018年度の新造船受注量は、契約ベースで前年度比13・6%増の92隻、同8・5%増の127万総トンとなった。 ... ...

18年12月末の手持ち工事量は512隻、約2586万総トンとなり、2年分の仕事量を維持した。 ... 【足元は「戦場」】 受注が上向いているとはいえ、韓国や中国との...

新造船受注、19年は2―3割増期待 造工会会長 (2018/12/20 機械・ロボット・航空機)

日本造船工業会の加藤泰彦会長(三井E&Sホールディングス相談役)は19日の定例会見で、2019年の新造船受注量について「2―3割は増えてほしい」との期待感を示した。... 18年は「思うように受注が進...

昨年度の新造船受注4.2倍 2年ぶり増、中国運輸局まとめ (2018/9/3 機械・ロボット・航空機1)

中国運輸局がまとめた中国地方5県(山口県西部を除く)の2017年度の新造船受注量は、前年度比4・2倍の69万3000総トンとなった。... 世界的な海運市況の低迷による船腹過剰で、受注量の低迷が続いて...

(長塚崇寛) 受注は増加傾向/環境規制でLNG船に商機 日本船舶輸出組合(JSEA)が12日発表した輸出船契約実績によれば、17年度の日本の新造船受注量は前年度比約...

【広島】中国地方に立地する造船所(山口県西部除く)の2017年度上期(4―9月)の新造船受注は、前年同期比32・4%増の45隻と、前年同期の激減から一転、回復基調となった。... 新造船受注量のうちは...

日本造船工業会の加藤泰彦会長(三井造船取締役相談役)は20日、都内で会見し「船腹と建造能力の双子の過剰が続き、造船市況は厳しい。本格的な受注回復時期は2018年度以降になる」との見方を示した。 ...

【広島】中国地方に立地する造船所(山口県西部を除く)の2016年度上期(4―9月)の新造船受注量が激減した。中国運輸局がまとめたもので、受注量は契約ベースで31隻(前年同期比62・2%減)、5万970...

わが国造船業が久々に年間受注量で世界2位に浮上する見通しだ。... 日本造船工業会がまとめた16年1―9月の新造船受注量は日本が293万総トン、韓国が250万総トン、中国が659万総トン。... 20...

日本造船工業会の村山滋会長(川崎重工業会長=写真)は11日、都内で会見し「原油価格の動向やドイツ銀行の問題などで世界経済の先行きに不透明感が出ており、新造船の発注はしばらく様子見が続く」との見方を示し...

造船市況に対しては「2015年の日本の新造船受注量は2222万総トンと、リーマン・ショック後では最高を記録。16年はその反動減もあり新造船需要が低迷している」と認識。... また、政府の公的支援で再建...

上期の中国地域新造船受注、4.7%増の317万総トン (2016/2/12 中小企業・地域経済)

中国運輸局がまとめた2015年度上期の中国地方(山口県西部を除く)の新造船受注量は、317万2000総トン(前年同期比4.7%増)となった。新造船建造量は56隻、175万6000総トン(同2.9%減)...

粗鋼生産量は減少に転じたが、輸出は年換算1億トン超のハイペースが続く。... ■造船/中韓で進む再編・再建 受注低迷に苦しむ中国、経営不振に沈む韓国、一定の受注残を抱えながら先行き不...

【広島】2014年度の中国地方(山口県西部を除く中国5県)の新造船受注量は、08年のリーマン・ショック以降で最多となった。中国運輸局が新造船建造実績をまとめたもので、受注量は389万5000総トン(前...

おすすめコンテンツ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

もっと見る

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる