551件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

海外アルミニウム生産大手と日本の商社やメーカーとの間での4―6月期のアルミ地金対日プレミアム(割増金)の交渉は、前期(1―3月期)に比べ1ドル安いトン当たり82ドルで一部決着した。... 日本アルミニ...

2月のアルミ圧延品生産、7%減 車・住宅向け減 (2020/3/30 素材・医療・ヘルスケア)

日本アルミニウム協会がまとめた2月のアルミ圧延品生産(板・押出合計)は、前年同月比7・8%減の14万4174トンだった。... 日本アルミニウム協会の石原美幸会長(UACJ社長)は、新型コロナウイルス...

1月のアルミ圧延品生産、6%減 車生産減など響く (2020/2/28 素材・医療・ヘルスケア)

日本アルミニウム協会がまとめた1月のアルミ圧延品生産(板・押出合計)は、前年同月比6・8%減の13万3033トンだった。

50年前にアルミニウム鋳造工程に初めて導入して以来、今では搬送や組み立て、加工や検査などの合理化に活用しています。... SIer協会は2018年7月13日に設立しました。... 日本は人手不足に陥っ...

67年に独立し、日本伸管を創業。一代でアルミニウムの伸管業から機械加工、表面処理、日用品の組み立てなどの事業を次々と軌道に乗せた。埼玉経済同友会副代表幹事や埼玉県経営者協会常任理事、埼玉産業人クラブ副...

日本アルミニウム協会がまとめた2019年暦年(1―12月期)のアルミ圧延品生産(板・押出合計)は、前年比4・9%減の109万4921トンと、2年連続でマイナスとなった。

東京地区のアルミニウムスクラップ相場の上値が重い。... 日本アルミニウム合金協会によれば、アルミ2次地金と2次合金地金の19年11月の生産量は前年同月比10・7%減の6万6419トンとなり、11カ月...

―アルミニウム材流通の2020年の需要は。 ... 日本アルミニウム協会と共催の技術研修会は昨年、自動車メーカーの取り組みや半導体の需要動向、アルミの基礎技術をテーマに東京と名古屋、...

「アルミにとって環境は結構良くなってきている」と笑顔を見せるのは、日本アルミニウム協会会長の石原美幸さん。... さらに世界各国で環境問題の観点から「脱プラスチック」の動きが顕在化し、特に北米や日本で...

11月のアルミ圧延品生産、9.1%減 車の生産減など影響 (2019/12/27 素材・医療・ヘルスケア)

日本アルミニウム協会がまとめた11月のアルミ圧延品生産(板・押出合計)は、前年同月比9・1%減の15万7622トンだった。

2020年賀詞交歓会、開催予定 (2019/12/18 賀詞交歓会)

※団体名/日時(1月)/会場(所在地) 【経済中央団体】 経団連、日本商工会議所、経済同友会  7日14時、ホテルニューオータニ(東京・紀尾井町)...

海外アルミニウム生産大手と日本の商社やメーカーとの間での2020年1―3月期のアルミ地金対日プレミアム(割増金)の交渉は、今期(10―12月期)に比べ15%程度安いトン当たり83ドルで一部決着した。....

自動車部品やアルミニウムの強度を高める添加剤などに使われるマグネシウム地金の相場は軟調に推移。... 日本でも主用需要家であるアルミ材メーカーの生産が振るわない。日本アルミニウム協会によれば、10月の...

「実は、働き方改革が影響している」と自動車用アルミの需要増の意外な背景を明かすのは、日本アルミニウム協会会長の石原美幸さん。

10月のアルミ圧延品生産、8.8%減 機械・サッシ向け低調 (2019/11/28 素材・医療・ヘルスケア)

日本アルミニウム協会がまとめた10月のアルミ圧延品生産(板・押出合計)は、前年同月比8・8%減の16万1525トンだった。

「UACJはアルミニウム事業に経営資源を集中し、拡張路線を図っている。... 工場を拡張する可能性はあり得る」 【記者の目/再始動のかじ取り 手腕に期待】 NJT銅...

アルミニウムはオーストラリアや中国、ブラジルなどで採掘されたボーキサイトからアルミナ(酸化アルミニウム)を取り出した上で精製し、さらに電解精錬して新地金アルミニウムが作られる。現在国内では新地金製造を...

自動車部品やアルミニウムの強度を高める添加剤などに使われる中国産マグネシウムの価格は続落。... 日本でも主用途となるアルミ材の生産量が低調だ。日本アルミニウム協会によれば4―9月期のアルミ圧延品生産...

4―9月期のアルミ圧延品生産、3.8%減 半導体関連低迷 (2019/10/28 素材・医療・ヘルスケア)

日本アルミニウム協会がまとめた2019年度上期(4―9月期)のアルミ圧延品生産(板・押出合計)は、前年同期比3・8%減の96万5136トンと2年連続でマイナスとなった。

輸送機の燃費向上に寄与 持続可能で環境にやさしい社会を実現するには、限りある資源を循環させることが重要であり、アルミニウムが持つ「軽さ」と「冷えやすく温めやすい」といった省エネ性や、...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる