411件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

日本ロボット工業会は28日、2020年10―12月期の産業用ロボットの受注額(会員ベース)が前年同期比35・4%増の2223億円だったと発表した。

経済産業省が、コロナ禍でニーズが高まる非接触や非対面に対応したサービスロボットの導入や普及を呼びかけている。... 事例集は日本ロボット工業会が実施したアンケートを基に27社の内容を掲載。... 経産...

(川口拓洋) 21年予測、受注4%増継続的生産支える 日本ロボット工業会は21年のロ...

日本ロボット工業会は2021年のロボットの年間受注額(非会員を含む)が、前年比4・0%増の8840億円になるとの見通しをまとめた。... (深層断面に関連記事) ...

第51回機械工業デザイン賞、1月1日募集開始 (2020/12/28 機械・ロボット・航空機2)

【応募資格】(1)2020年1月1日から同年12月31日までに発売の独創的で機能美のある新製品で、国産または輸入製品の生産財(間接生産財を含む)とする(2)機能・性能が優れ、安全性などの条件を満たして...

2021年 賀詞交歓会 (2020/12/17 賀詞交歓会)

団体名(順不同)日時(1月) 会場(所在地) 経済中央団体 経団連...

ロボットだけでなく農機や医療機器、クラウドの規格にも対応するのが特徴。... オラインは日本ロボット工業会傘下のORiN協議会がソフトウエア基盤を手がける。... オライン3は2015年にプロジェクト...

日本ロボット工業会がまとめた2020年7―9月期の産業用ロボットの受注額(会員ベース)は、前年同期比0・6%増の1716億円で、2四半期ぶりに増加へ転じた。... メーカー首脳は「新型コロナウイルス感...

日本工作機械工業会(日工会)の飯村幸生会長は前向きに捉える。 ... 日本ロボット工業会では受注動向について「中国がどれだけ全体をリードするかによる」と話す。... 日本建設機械工業...

稲葉氏を悼む ロボ世界一の礎を築く (2020/10/7 機械・航空機 2)

【日本ロボット工業会・小笠原浩会長(安川電機社長)】 ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。当工業会の設立時より理事として、また2度にわたり会長として活動をけん引していただき...

後日、「お別れの会」を行う。... 技術者としての評価も高く、東京工業大学で工学博士を取得。精密工学会会長のほか、日本ロボット工業会の会長は2回にわたり務めた。

【横浜】神奈川県と日本ロボット工業会、日刊工業新聞社、神奈川県産業技術総合研究所の4者は、10月14日―11月13日に「かながわロボットイノベーション2020 ONLINE」「モノづくりパビリオンwi...

日本ロボット工業会がまとめた2020年4―6月期の産業用ロボットの受注額(会員ベース)は、前年同期比9・9%減の1599億円だった。... 半導体製造装置向けを含むクリーンルーム用ロボットは、輸出額が...

日本工作機械工業会(日工会)の稲葉善治副会長は、中国市場の現状をこう捉える。... 日本ロボット工業会によると、会員企業の4―6月の中国向け輸出額は前年同期比35%増で、2四半期連続の増加となった。&...

日本ロボット工業会の新会長に就任した小笠原浩氏(安川電機社長)に展望を聞いた。 ... 市場の停滞と併せてダブルパンチになっている」 ―ロボット工業会の役割は。&#...

日本ロボット工業会は18日、2020年の産業用ロボットの年間受注額見通し(非会員を含む)を事実上取り下げた。... 19年の産業用ロボット受注額(非会員を含む)は、前年比16・2%減の8064億円だっ...

川崎重工業執行役員の高木登精密機械・ロボットカンパニーロボットディビジョン長も「大きなプロジェクトは延期となり、先が見えない」と足元の状況を語る。 ... 例えば川崎重工業は、出資先...

神奈川県は神奈川県立産業技術総合研究所、日本ロボット工業会、日刊工業新聞社と10月14―16日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催する「かながわロボットイノベーション2020」「モノづくりパビリオ...

日本ロボット工業会は、橋本康彦会長(63、川崎重工業副社長)の後任に小笠原浩副会長(64、安川電機社長)が就任した。

産業ロボ、コロナ後に備え 工場の自動化ニーズ照準 (2020/5/19 機械・ロボット・航空機2)

川崎重工業はIoTを活用し、ロボットを遠隔操作する独自システム「サクセサー」を開発。... ロボットを操作する装置「コミュニケータ」にはパラレルリンクロボットの仕組みを応用。... 1―3月期受注10...

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる