436件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.044秒)

日本ロボット工業会は27日、2021年の産業用ロボット年間受注額(会員ベース)が前年比29・6%増の9405億円で過去最高を記録したと発表した。... &#...

産業用ロボットがV字回復を遂げている。... (総合1参照、川口拓洋) 日本ロボット工業会がまとめた21年の年間受注額(...

持続的社会担うロボ 工業会、統一テーマ掲げ普及事業 (2022/1/18 機械・ロボット・航空機1)

日本ロボット工業会は2022年を「ロボティクスがもたらす持続可能な社会」を統一テーマに掲げ、事業運営する。... 同工業会では「市場拡大に向けた取り組み」「イノベーション...

日本の工作機械、ロボット産業は製造業の根強い需要に支えられ、2022年も成長路線を歩む見通しだ。日本工作機械工業会(日工会)と日本ロボット工業会が示した2...

日本工作機械工業会(日工会)は工作機械の年間受注高を1兆6500億円、日本ロボット工業会は産業用ロボットの年間受注高を1兆1300億円とそれぞれ見込む。... 「22年は受注に続き、生...

―産業用ロボット事業の成長が見込まれます。 ... 日本ロボット工業会でも半導体などの部品不足に苦しんでいる声が上がっている」 ―中長期でロボッ...

2022年 経済・産業 主な日程 (2022/1/4 総合3)

1月 1日(土)▽地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が発効 ...

2022年 賀詞交歓会 (2021/12/17 賀詞交歓会)

(10日現在 ※新型コロナウイルスの感染状況で日時、会場など変更の可能性があります) 団体名...

川崎重工業は2021年度に半導体搬送用ロボット(クリーンロボット)の生産台数を20年度比約30%引き上げる方針だ。... 一方、部品・部材不足の影...

日本ロボット工業会は28日、2021年7―9月期の産業用ロボットの受注額(会員ベース)が前年同期比24・3%増の2133億円だったと発表した。

―日本工作機械工業会や日本ロボット工業会の受注統計が強い回復を示しています。 ... 工作機械やロボット業界は輸出割合が高い。... ロボットも同様に高水準が続く。

(川口拓洋) 内外で需要増 中国・北米向け受注おう盛 4―6月期、56%増2502億円 ...

第51回機械工業デザイン賞IDEA(10)日本ロボット工業会賞 (2021/8/3 機械・ロボット・航空機1)

【安川電機/多用途適用型小型ロボット MOTOMAN―GP4】 安川電機は溶接や塗装、搬送などアプリケーション別に最適な産業用ロボットを開発してきた。... 一般に...

企業研究/THK(4)不況時も投資、自動化進める (2021/8/2 機械・ロボット・航空機2)

工作機械や産業用ロボット、半導体製造装置などの産業を下支えしてきたTHK。... 日本工作機械工業会によると2021年1―6月期の工作機械受注額は前年同期比71・2%増となり、6半期ぶりにプラ...

日本ロボット工業会は26日、2021年4―6月期の産業用ロボットの受注額(会員ベース)が前年同期比56・5%増の2502億円だったと発表した。... 新型コロナウイルス感染症の...

第51回機械工業デザイン賞IDEA、栄誉に輝く18製品 (2021/7/1 機械工業デザイン賞)

日本工作機械工業会賞 ニイガタマシンテクノ/5軸制御横形マシニングセンタ HN80E-5X 航空機部品加工や難削材加工...

汎用ロボットをはじめ、同社のロボット商品群の約95%を製造できる。... 生産はこれまで通り日本国内で行い、中国では現地の要望を取り込みながら据え付けなどの事業を強化する。... 【仮需要の懸...

技術で世界をリードする日本のロボット産業にとっても飛躍の好機である。 日本ロボット工業会は、2021年の産業用ロボット受注予想を、年初より800億円増の9640億円(前年比1...

日本ロボット工業会は2022年度内に新しいロボット産業ビジョンを策定する。... ロボット産業の変遷を内外に紹介し、理解の促進につなげる。 記念事業の実行委員会では産業ビジョン策定の...

日本ロボット工業会は31日、2021年の産業用ロボットの受注予想(非会員を含む)を上方修正し、年初予想比800億円増の9640億円(前年比12・3%増)になると...

おすすめコンテンツ

カラー版 はじめての溶接作業

カラー版 はじめての溶接作業

2022年度版 
技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

2022年度版 技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい二次電池の本
新版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい二次電池の本 新版

よくわかる粉体・粒体ができるまで
機能を持った粒をつくる造粒技術

よくわかる粉体・粒体ができるまで 機能を持った粒をつくる造粒技術

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる