37件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

96年に外務省出向、在中国日本大使館経済部参事官。通商政策局北東アジア課長、経済産業研究所上席研究員などを経て独立。中国問題に通暁する。

問題は日本よりもずっと早い速度で世界が進んでいることだ。... ■ ■ ■ 個別の問題点よりも重要な点は「デジタル途上国」であり続けることがもはや、総体的な危機に進行しつつある、とい...

96年に外務省出向、在中国日本大使館経済部参事官。通商政策局北東アジア課長、経済産業研究所上席研究員などを経て独立。中国問題に通暁する。

しかしながらダイヤモンド・プリンセス号の感染問題では主体的な説明責任努力も、明快・迅速な情報発信努力もなされず、結果として一時は英語の有力情報ベンダーによる臆測や刺激的ストーリーだけが独り歩きした。....

日本であまり語られないこの状況について何点か述べたい。 ... 通商政策局北東アジア課長、経済産業研究所上席研究員などを経て独立。中国問題に通暁する。

日本だけではない。... (次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です) 【略歴】ふかがわ・ゆきこ 早大政経卒、日本貿易振興機構などを経て、米エール大大学院...

96年に外務省出向、在中国日本大使館経済部参事官。通商政策局北東アジア課長、経済産業研究所上席研究員などを経て独立。中国問題に通暁する。

国際ビジネス拠点としての香港の機能低下は中国自身にとってもマイナスで、シンガポールや上海が取って代われるようなものでもない。... (次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏で...

96年に外務省出向、在中国日本大使館経済部参事官。通商政策局北東アジア課長、経済産業研究所上席研究員などを経て独立。中国問題に通暁する。

日本、「3妄」から目覚めよ 日本の新型コロナとの闘いにはなかなか先が見えず、目下のアジアの優等生は台湾と韓国だ。... ノーベル賞を取るような基礎技術を持つことと、現実の問題に対処す...

そこで日本国際問題研究所客員研究員(現代中国研究家)で、日刊工業新聞の提言企画「講壇」執筆者である津上俊哉氏による、特別寄稿「『コロナ・パンデミック後の世界』三景」を掲載する。   ...

96年に外務省出向、在中国日本大使館経済部参事官。通商政策局北東アジア課長、経済産業研究所上席研究員などを経て独立。中国問題に通暁する。

中核となる通信ではファーウェイ問題が象徴するように中国が最先端技術を掌握し、デジタル通貨の実験を繰り返し、遺伝子操作による子ども誕生のデータを握る。... (次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中...

日本はこの新型肺炎問題を「上から」ならぬ「外から目線」で見ているが、感染が日本国内に広がれば「日本も内側」と見られ、日本人も海外で「入国禁止」処分に遭うことになる。 ... 通商政策...

日本は幸いにも太平洋戦争を除いて本土がポーランドのような悲劇に見舞われた経験に乏しく、地政学的発想を持ったのはせいぜい戦前までであろう。... (次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の...

という問題提起から始まった。... 通商政策局北東アジア課長、経済産業研究所上席研究員などを経て独立。中国問題に通暁する。

両国は農産品、知的財産権の保護、技術移転強要の問題、金融サービス、為替、貿易拡大、紛争処理などで合意し、米国は対中制裁関税「第4弾」を見送り、適用済みの追加関税率も一部引き下げた。... (次回は日本...

96年に外務省出向、在中国日本大使館経済部参事官。通商政策局北東アジア課長、経済産業研究所上席研究員などを経て独立。中国問題に通暁する。

対日感情を抱える一方、経済面では韓国にとって日本は長年の追撃目標だった。... (次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です) 【略歴】ふかがわ・ゆきこ 早...

米中間の貿易摩擦を契機として、先端技術産業の躍進や中国資本の増大と言った世界的な状況変化と日本の関係を捉えている。 日本国際問題研究所客員研究員の津上俊哉氏、セラリカNODA社長の野...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる