電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

104件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.022秒)

96年に外務省出向、在中国日本大使館経済部参事官。通商政策局北東アジア課長、経済産業研究所上席研究員などを経て独立。中国問題に通暁する。

期待は大きいが、新エネ分野産業は中国企業の成長が著しく、とりわけコスト面で米国や日本、韓国、豪州などの先進国に比肩する競争力はない。 ... (次回は日本...

(次回は三菱総合研究所海外事業本部長の高島由布子氏です) 【略歴】つがみ・としや 東大法卒、通商産業省(現経済産業省)入省。... 通商政策局...

日本、賢く付き合う戦略を 「日本は米国と共にある」―。... 欧州連合(EU)も森林伐採を問題視してパーム油の輸入規制に入った。... (次回は日本国際問題研...

かつて日本や韓国、台湾も通った道だ。国が小さい間は問題にならないが、今や国内総生産(GDP)が日本の4倍あり、世界第2位の科学技術大国になった中国がそれをやる、しかも舞台は自動車や半導...

製造拠点から介護人材まで東アジアに依存する日本経済にとって東アジアの変化は自らの問題であり、見方を変えればチャンスにもなるとみるべきだ。... (次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研...

96年に外務省出向、在中国日本大使館経済部参事官。通商政策局北東アジア課長、経済産業研究所上席研究員などを経て独立。中国問題に通暁する。

ただし、下落幅最大の台湾ドルでも23年の対ドルレートは年初比10%以下程度で、日本円ほど大きくは下落していない。... (次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉...

一つは失業問題。... 通商政策局北東アジア課長、経済産業研究所上席研究員などを経て独立。中国問題に通暁する。

通貨危機後、東アジアは国際通貨基金(IMF)の処方箋を受け入れ、金融や貿易・投資のさらなる自由化、労働市場の柔軟化でグローバル化への適応を図った。... (次回は日本国際問題研...

日本では半ば「常識」だが、本当だろうか。... 通商政策局北東アジア課長、経済産業研究所上席研究員などを経て独立。中国問題に通暁する。

ただし、これまでは需給変動に伴う価格の乱高下や代替の進展、加工プロジェクトの失敗、あるいは国有企業のガバナンス問題などにより、成功事例はそれほど多くなかった。 ... また、中国は国...

96年に外務省出向、在中国日本大使館経済部参事官。通商政策局北東アジア課長、経済産業研究所上席研究員などを経て独立。中国問題に通暁する。

ただし、国内生産・安定輸入・備蓄の安保条件をみると日本の輸入にはむしろ、円安の進行という大逆風が吹いてきた。... (次回は日本国際問題研究所客員研究員〈現代中国研究家〉の津上俊哉氏です...

日本ではこれを「中国不動産バブル、いよいよ崩壊か!?」... 通商政策局北東アジア課長、経済産業研究所上席研究員などを経て独立。中国問題に通暁する。

国際通貨基金(IMF)は、7月に供給網の安定に伴い、23年の世界経済見通しを0・2ポイント上方修正して3・0%とし、日米および大半の欧州主要国についても予想を引き上げたが、ドイ...

景気刺激、インフラ投資に限界 景気の悪化が伝えられる中国では、バブル崩壊後の日本で野村総合研究所のリチャード・クー氏が唱えた「バランスシート不況」論が話題になっている。... 通商政...

50年代には米国・中国を上回り、最大の勢力になるとみられる(三菱総合研究所)。... 卒業して怪物化した中国経済が最大の問題とはなったのだが。(次回は日本国際問題研究所客員研究...

96年に外務省出向、在中国日本大使館経済部参事官。通商政策局北東アジア課長、経済産業研究所上席研究員などを経て独立。中国問題に通暁する。

世界最多かつ若い人口構成から期待される消費市場が専らの理由だが、中国の生産コストが上昇し、経済安保問題が浮上したこともインドへの関心につながっていよう。... 輸出主導型の東アジアでは投資環境は国際競...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン