14件中、1ページ目 1〜14件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

日本大学生物資源科学部の窪田聡教授と日立トリプルウィン(東京都港区)や金山化成(愛知県西尾市)など6社は、施設園芸用根域環境制御システム「N・RECS(エヌ・レックス)」を開発した。

開発した簡易遺伝子分析装置「BIOFELLOW(バイオフェロー)HDGP」は、日本大学生物資源科学部の畠山吉則准教授と共同開発した。... 日本、米国、欧州連合(EU)で特許出願中。

東京大学大学院農学生命科学研究科の大竹二雄教授と黒木真理助教らは、南太平洋におけるウナギ属魚類の産卵と仔魚<しぎょ>(レプトセファルス)の回遊生態の解明を目的に大規模海洋調査を実施する。... 日本か...

「再生医療では安全性の高いiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作ることが不可欠」と強調するのは、日本大学生物資源科学部准教授の舛廣善和さん。

日本大学生物資源科学部の舛廣善和(ますひろよしかず)准教授らは、皮膚などの細胞に特殊な設計を施したたんぱく質を導入してiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作る手法を開発した。

愛媛大学発のベンチャー企業、ベクタ(愛媛県新居浜市)や日本大学と連携して事業展開する。... 遺伝病予防などのアフターフォローは日本大学生物資源科学部獣医学科や愛媛大学農学部の教授らからアドバイスを受...

書店だより (2016/3/14 books)

著者の水谷氏は日本大学生物資源科学部教授。

「ふじさわ生豚」は藤沢市畜産会(養豚部門)、日本大学生物資源科学部、湘南産業振興財団などの協力を得て実現できた。

日本大学生物資源科学部植物資源科学科に進学。

科学技術や水産など海洋分野で功績のあった個人・団体を表彰する「第6回海洋立国推進功労者表彰」の式典が9日、首相官邸で行われた。文部科学、農林水産、経済産業、国土交通、環境の5省などが実施しているもので...

日本大学生物資源科学部の教授らの講演後、それぞれのテーマについて会場からの質問や意見も交えながら業界動向やビジネス展開の可能性をディスカッションする。

でも、そんな時、「動物の言葉になるのは血液だ」と日本大学生物資源科学部准教授の桑原正人さんは言い切る。

熱環境測定と解析について明治大学理工学部建築学科の酒井・加治屋研究室、芝生管理については日本大学生物資源科学部植物資源科学科の藤崎研究室の協力を得ながら進める。

彼の体力は私の何倍もあり、私は3年になった時に彼の走る距離についていけず退部した。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

ソーラー・デジタル・グリッド
卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

ソーラー・デジタル・グリッド 卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

製造業のための 
目標原価達成に必要なコスト見積もり術

製造業のための 目標原価達成に必要なコスト見積もり術

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる