電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,700件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

インタビュー/IHI副社長・池山正隆氏 経済安保取り組み強化 (2024/2/29 機械・ロボット・航空機1)

今後の焦点は政府が経済安保上の重要情報の取り扱い資格「セキュリティー・クリアランス(適格性評価)」の新法を制定する点への対応だ。... 「日本が海外に必要と言われるためには、日本と当社...

停戦は各地でロシアを助長させるだけで、日本においても北方領土問題を正当化する理由にしかならないと指摘する。 ... 武器輸出に制約がある日本にできる支援は何か。 ....

あいさつに登壇したTSMC創業者の張忠謀氏(モリス・チャン)は「半導体製造の日本におけるルネサンスの始まりと信じている」と祝いの言葉を贈った。 ... 両工場の総設備...

その要因に日本企業の変化を挙げ、「資本コストを意識した経営や持ち合い株の解消が進んだ。... 私はこう見る 4万円弱での日柄調整必要 りそなアセ...

日本貿易振興機構(ジェトロ)は、ロシアに進出している日系企業へのアンケート調査の結果を発表した。... 「日本政府による対ロ制裁」も47・4%に上った。

日本政府観光局(JNTO)は海外26カ所目の拠点としてスウェーデンの首都ストックホルムに事務所を開設する。

日本政府はロシアのウクライナ侵略に対し「力による一方的な現状変更による明白な国際法違反であり断じて許されず、即時撤収と国際法の順守を求める」と開戦直後から強く非難してきた。... このような中、ロシア...

日本政府は第1工場の投資の半額程度を助成し、第2工場も巨額支援が見込まれる国家プロジェクトだ。... 日本政府は半導体関連の国内売上高を2030年に20年比3倍の15兆円に拡大する目標を掲げる。すでに...

日本政府観光局(JNTO)は21日、1月の訪日外客数(推計値)が268万8100人だったと発表した。

今年、日本政府はエネルギー基本計画の見直しに着手することになっており、それと整合性のあるNDCを提出する、というのがいまの行政の考えのようだ。 ... 政府が水素技術開発の補助金など...

JCMは日本の技術で途上国の温暖化対策を支援し、削減した排出量の一部を日本政府が獲得する仕組み。... 日本政府は2025年までにJCM実施国を30カ国に拡大し、30年度までに1億トンの削減量の確保を...

JERAなど、インドネシアの脱炭素化計画策定を支援 (2024/2/20 素材・建設・環境・エネルギー1)

このため、日本政府に対しエネルギー転換に向けた基本計画策定を支援するよう要請。

「日ウクライナ経済復興推進会議」には岸田文雄首相とシュミハリ首相をはじめ、両国の政府・企業関係者ら約300人が出席。... 日本側は7分野でウクライナ支援を表明する予定だ。... 日本政府は、地雷対策...

2019年に日本政府が半導体材料3品目の対韓輸出管理を厳格化したことは両国にとっていまでもトラウマだ。 他方で、韓国にとり、日本が半導体製造への回帰を打ち出したことは微妙だ。... ...

日米の株式市場は半導体関連銘柄がけん引し、日本は史上最高値の更新が視界に入る。... 日本半導体製造装置協会は、24年度の日本製の販売高は前年度比27%増と予測する。... 日本政府は半導体の...

「日本で半導体の人材育成に関わりたい」との思いで2021年に帰国。その後、日本政府が半導体支援に乗り出し、若手ながら中心メンバーとして前面に立つ多忙な日々を送る。 「日本の研究開発は...

日本のシチズンサイエンスの事例も多い。... 日本政府は科学技術・イノベーション政策に関する中長期的な方針において、16年に「市民参画型のサイエンス」の推進に言及し、21年に「多様な主体が研究活動に参...

日本政府はウクライナ政府関係者を招いて「日・ウクライナ経済復興推進会議」を19日に都内で開催する。... 会議には岸田首相とウクライナのシュミハリ首相をはじめとする両国政府首脳・関...

日本政府からの補助金を前提とする。

政府はこのデジタルノマドを日本に呼び込み、消費の拡大などにつなげるという。 ... 日本政府観光局によると、2023年12月の訪日外国人客は273万人で、19年12月比で8・2...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン