27件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

プラスチック製品に植物由来添加剤を加え、その成分比率が一定に達すると、日本有機資源協会認定の「バイオマスマーク」の使用申請ができる。

巴川製紙所のセルロース配合樹脂、バイオマスマーク取得 (2021/7/20 素材・医療・ヘルスケア)

巴川製紙所は、同社のセルロースマイクロファイバー複合樹脂「グリーンチップCMF」で日本有機資源協会の「バイオマスマーク」の認定を取得した。... バイオマスマークは生物由来の資源を活用し、品質および安...

日本有機資源協、プラ資源循環で報告会 (2021/6/17 建設・生活・環境・エネルギー)

日本有機資源協会(東京都中央区、牛久保明邦会長=東京農業大学名誉教授)は7月16日と19日、プラスチックの資源循環や代替素材の実証成果の報告会を開く。... 環境省のプラスチック資源循環システム構築実...

日本有機資源協会(牛久保明邦会長=東京農業大学名誉教授)は2月6日13時から、東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区)で「バイオマス産業都市推進シンポジウム」を開く。... 参加は無料、申し込みは同協会ホ...

DIC、日本有機資源協会の認証取得 (2019/10/4 素材・医療・ヘルスケア)

DICはバイオマス度100%のポリエステル系可塑剤「ポリサイザー W―1810―BIO」を開発し、日本有機資源協会認定の「バイオマスマーク(バイオマス度100%)」の認証を取得した。可塑剤で日本有機資...

バイオマス(生物由来資源)由来の製品へのニーズが高まると見て開発や販売を進めるほか、化学物質規制や廃プラスチック問題にも対応する。 ... 日本有機資源協会の「バイオマスマーク」を取...

5月にライスインキ・コンソーシアムが認定するライスインキ製品一覧に登録されたのに続き、8月に日本有機資源協会のバイオマスマーク製品にも認定された。

三井化学東セロ、農林水産大臣賞を受賞 (2016/3/1 素材・ヘルスケア・環境)

三井化学東セロ(東京都千代田区)は鮮度保持フィルム「スパッシュ」が青果物の廃棄量削減に貢献したとして、日本有機資源協会が主催する「第3回食品産業もったいない大賞」の農林水産大臣賞を受賞した。

日本有機資源協会が定める「バイオマスマーク」を取得した。

菜種油を主成分とする「パフォーマンスバイオNCシリーズ」が、同マークの運営・審査機関である日本有機資源協会(東京都中央区)に認定された。... バイオマスマークは2006年8月に地球温暖化対策の一環と...

リン・資源リサイクル推進協議会は24日、インテックス大阪(大阪市住之江区)でシンポジウムを開く。... 申し込みは事務局の日本有機資源協会(03・3297・5618)へ。

日本有機資源協会による「バイオマスマーク」を人工大理石分野で初めて取得。

日本有機資源協会が定める「バイオマスマーク」を人工大理石分野で取得したのは初めてという。

日本有機資源協会、流通経済研究所は食品ロス削減に向けて、卸売業・小売業の多くで取引条件で設定されている納品期限の見直しの実証実験を2013年度以降に行う。

日本有機資源協会(東京都中央区、兒玉徹会長、03・3297・5618)は流通経済研究所と共同で、食品ロス削減に向けて卸売業・小売業の多くで取引条件で設定されている納品期限の見直しの実証実験を2013年...

日本バイオマス製品推進協議会(事務局=日本有機資源協会)はバイオマス製品の普及促進に積極的な企業を表彰する「第2回バイオマス製品普及推進功績賞」に、コクヨS&T、ニチバン、ユニーの3社を選定した。

日本有機資源協会と流通経済研究所は、食品ロス削減のための商慣習を検討する組織を、3日に発足させる。

利用推進協議会の設立発起人は、今井伸治日本有機資源協会専務理事や片岡明人住友林業山林部長、加藤鐵夫日本森林技術協会理事長など森林関連の企業や団体を中心とした10人。会長には熊崎実日本木質ペレット協会会...

【京都】三洋化成工業は生物由来の資源を原料の50%以上使用したモデリング材「グリーンモジュール」を6月中旬に発売する。... 日本有機資源協会が定める「バイオマスマーク」を取得した。 ...

【広島】ダイクレ(広島県呉市、山本浩社長、0823・21・1331)の「グリーンパネル(のり面用受圧板)」が、日本有機資源協会からバイオマスマーク商品として認定された。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる