156件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

日本製鉄は2020年11月、君津地区(千葉県君津市)で一時休止していた高炉1基を再稼働。... 日本製薬工業協会は、あらゆる疾患の治療が滞ることのないよう、医療機関などへ必要な医薬品の供給と適切な情報...

日本製薬工業協会によると、2012―16年度の間、基礎研究段階で合成された化合物が最終的に承認へ至る確率は2万5956分の1だった。... 製薬会社は“自前主義”からの転換を一段と進めることも必要だ。...

産業春秋/カレンダーの季節 (2019/12/16 総合1)

日本製薬工業協会は今年、会員企業から取引先への贈り物を禁止した。

こうした意味で製薬企業への期待は大きい。... 日本製薬工業協会によると、2012―16年度の間、基礎研究段階で合成された化合物が最終的に承認へ至る確率は2万5956分の1だ。... こうした環境下で...

「アジアは欧州以上にそれぞれの国で審査方法が違う」と現状を明かすのは、日本製薬工業協会会長の中山譲治さん。4月にアジア製薬団体連携会議(APAC)を開催した。 ... 「アジアには豊...

製薬協、第8回APAC開催 アジアの課題議論 (2019/4/11 素材・医療・ヘルスケア)

日本製薬工業協会(製薬協)は「第8回アジア製薬団体連携会議(APAC)」を経団連会館(東京都千代田区)で開催した。「革新的な医薬品をアジアの人々に速やかに届ける」をミッションに、国際製薬団体連合会(I...

「社会保障が立ち行かなくなる」と危惧するのは、日本製薬工業協会会長(第一三共会長兼最高経営責任者)の中山譲治さん。

日本製薬工業協会(製薬協)は「政策提言2019 イノベーションの追求と社会課題の解決に向けて」をまとめた。... 薬剤費はコストではなく健康長寿社会の実現に向けた投資と考えるべきだとする製薬協の主張が...

日本製薬工業協会(製薬協)は24日、医薬品の価値を多面的に評価する必要性などを訴える政策提言を発表した。

大商、新薬創出で商談会 23日から大阪で (2019/1/8 中小企業・地域経済2)

DSANJは大商と日本医療研究開発機構(AMED)、日本製薬工業協会が連携し、06年10月にスタートした。... 1月に大阪で開く商談会には、80人の研究者と、製薬会社約40社がマッチングする。英国、...

日本製薬工業協会(製薬協)の中山譲治会長(第一三共会長兼最高経営責任者)は21日に都内で会見し、医薬品の研究開発基盤の整備や、技術革新の評価の枠組みに関する中長期的な提案を2019年初旬にまとめる考え...

「日本はアジアや新興国を医薬品の市場として見がちだ」と指摘するのは、日本製薬工業協会理事長の伍藤忠春さん。... アジア各国にある豊富な資源と日本の高い技術を結びつけ、共同開発につなげる。 &...

日本製薬工業協会(製薬協)はタイのライフサイエンス研究拠点(TCELS)、台湾経済部バイオ医薬産業発展推進オフィス(BPIPO)と「APAC(アジア製薬団体連携会議)天然物創薬コンソーシアム」を発足し...

「京都大学高等研究院特別教授、本庶佑先生のノーベル生理学医学賞受賞を心よりお喜び申し上げます」と話すのは、日本製薬工業協会会長(第一三共会長兼最高経営責任者)の中山譲治さん。 製薬企...

日本製薬工業協会の統計では、創薬メーカーは一つの新薬開発に、平均約9年の期間と、480億―1700億円という莫大(ばくだい)な研究費を投じている。... 日本は世界でも数少ない新薬開発力を持つ国であり...

6月4日に96歳で死去した森岡茂夫氏(元山之内製薬〈現アステラス製薬〉会長・社長)のお別れの会が、東京・内幸町の帝国ホテルでしめやかに営まれた。... 47年、山之内製薬に入社した。... 92年から...

カギは「共感」 産業価値訴え 体制を刷新したばかりの日本製薬工業協会(製薬協)が試練の船出に挑む。... 例えば、日本では社会保障関係予算の伸びを抑制するにあたって「財源の大半は薬価...

日本製薬工業協会(製薬協)は24日、同日開催の総会で、新会長に第一三共の中山譲治会長兼最高経営責任者(68)を選任したと正式発表した。... 畑中好彦会長(61、アステラス製薬会長)は副会長に就いた。...

製薬協、会長に中山氏 (2018/5/15 総合3)

日本製薬工業協会(製薬協)は、次期会長に第一三共の中山譲治会長兼最高経営責任者(68)を選任する人事を内定した。... 日本では薬価制度抜本改革に伴って4月から新薬評価の枠組みが縮小されており、製薬協...

製薬協、アジアの研究者育成 天然物の創薬応用推進 (2018/4/12 素材・ヘルスケア・環境)

日本製薬工業協会(製薬協)はアジアの創薬研究者を日本の製薬企業へ招いて育成する取り組みを2018年度中にも始める。... タイで天然物のスクリーニング(ふるい分け)を行うにあたり、同国の研究者を日本の...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる