電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

185件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

日本の薬価算定制度や臨床試験の規定が海外の製薬企業の障壁となり、開発の遅れを招く。... 日本製薬工業協会の調査によると、欧米で承認されているが国内未承認の医薬品143品目うち86品目は、国内での臨床...

例えば、治験参加者から取得したデータを本来と違う目的で使う場合の同意の再取得が、日本では個別に対応が求められる。 ... 中外製薬の海老原潤一上席執行役員は「取り組みが先端的で独創的...

対話を続けて製薬産業を理解してもらう」と関係構築を図るのは、日本製薬工業協会理事長の木下賢志さん。

「日本の創薬力を高めるのが使命」と話すのは、日本製薬工業協会理事長の木下賢志さん。ベンチャーや研究機関と、製薬企業の連携強化の重要性を訴える。 ... 同時に薬価...

課題薬価算定制度改革遅れ 日本の医療を支える製薬産業。... こうした背景から、日本製薬工業協会は2月の政策提言において、薬の革新性を価格に反...

経営ひと言/日本製薬工業協会・上野裕明会長「創薬力を強化」 (2023/5/31 生活インフラ・医療・くらし2)

「製薬産業の役割は、イノベーションを生み出し国民と社会に貢献すること」と話すのは、田辺三菱製薬代表取締役で日本製薬工業協会の新会長に就任した上野裕明さん。 製薬産...

日本製薬工業協会は25日、同日付で上野裕明氏(田辺三菱製薬代表取締役)が新会長に就任したと発表した。会見で上野新会長は「日本の制度はイノベーションの評価が十分でない...

塩野義製薬の「ゾコーバ」について、厚生労働省は審議会の合同部会の了承を経て、薬事販売を承認した。... 年1000万人分、117カ国に提供 塩野義製薬にとって念願...

武田薬品工業、第一三共、協和キリン、参天製薬の製薬大手4社が協力し、患者と直接対話する取り組みを開始。... 今後、参画企業を増やし、日本で同活動を根付かせていく。... 近年では、16年に日本製薬工...

ドラッグ・ラグには二つの側面があり、日本で発売された医薬品については、日本を含む国際共同治験(臨床試験)の増加や審査期間の短縮といった改善により、欧米との発売時期の差は縮小傾向にある。...

「世界の医薬品市場が年平均5%成長する一方で、日本の市場は世界で唯一縮小している」と危機感を募らせるのは、日本製薬工業協会会長の岡田安史さん。 ...

日本製薬工業協会の岡田安史会長は30日、都内で会見を開き「日本の医薬品市場の緩やかな成長に向け、革新的新薬の早期アクセスを実現するメリハリのある仕組みの構築が必要だ」との認識を示し、特許期間中の新薬の...

日本の従来制度でも、海外当局が認めた医薬品を早期に承認できる特例承認制度がある。... 日本製薬工業協会は、「有効性の推定を採り入れた緊急承認の発動は、承認の選択肢が増える」と好意的に受け止める一方で...

創薬エコシステム「国家戦略に」 製薬協など政府へ共同提案 (2022/5/17 素材・医療・ヘルスケア2)

日本製薬工業協会と米国研究製薬工業協会、欧州製薬団体連合会の3団体は16日、6月に政府が策定する骨太の方針と成長戦略に向け、医薬品産業界の統一見解として「革新的新薬を国民へ届けるための創薬イ...

製薬協、APAC開催 創薬連携など推進協力 (2022/4/8 素材・医療・ヘルスケア)

日本製薬工業協会(製薬協)は第11回「アジア製薬団体連携会議(APAC)」をオンラインで開き、アジア全体で創薬連携や創薬シーズの情報共有などを積極的に進めるこ...

日本製薬工業協会(岡田安史会長、エーザイ最高執行責任者〈COO〉)は2022年度薬価制度改革について考えを示した。

一方、日本では中外製薬が開発した抗リウマチ薬がコロナ治療に使われている。... 日本製薬工業協会の岡田安史会長は「多くの国々は平時から予算を投入して備えていた。... 「米国は1兆円を製薬企業に出し、...

一方、医薬品産業ビジョンの改訂を受け、米国研究製薬工業協会(PhRMA、ファルマ)や日本製薬工業協会はともに同ビジョン策定を歓迎すると表明。... コロナ対応遅れ、教訓に…強固な創薬シ...

振り返ると、胃潰瘍が死に直面する病と言われる時代があったがその後、西洋の外科的治療が日本に到来し、胃潰瘍治療は大きく進歩した。... 山之内製薬(現アステラス製薬)入社後、経営戦略・販...

一方、日本ではDTxの承認審査や保険償還などの制度面の整備が欧米と比較して遅れており、行政と製薬企業が連携し、環境を整える必要がある。... 山之内製薬(現アステラス製薬)入社後、経営...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン