637件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

▼は減点 ※EV(企業価値)は時価総額+ネット有利子負債額、FCはフリーキャッシュフロー ※非上場企業の安定性得点は該当する従業員規模、業種の回答上場企業の得点との...

クレーン協・優良従事者受賞者、65人決まる (2020/11/5 機械・ロボット・航空機2)

日本クレーン協会(東京都江東区、森下信会長、03・5569・1911)は、「2020年度優良クレーン等運転業務従事者表彰」の受賞者65人を決めた。... (敬称略) 【優良クレーン等...

日通、通期見通し上方修正 緊急輸送需要取り込み (2020/11/2 建設・生活・環境・エネルギー)

日本通運は国際貨物の輸送需要の伸びと全社のコストダウン効果によって、公表済みの21年3月期連結業績予想について、営業利益見通しを20億円引き上げるなど、すべての利益段階で上方修正した。... 4―9月...

米国南東部向け高速航空貨物便 日通、サービス開始 (2020/10/23 建設・生活・環境・エネルギー)

日本通運は22日、日本発、米国南東部向けに従来のサービスと比べてリードタイムが約1日半短い、ハイスピード航空混載サービスを始めたと発表した。

ソフトバンクと日本通運が中小物流事業者を対象とした配車の効率化サービスを始めることが14日、分かった。

実験は協力先である東三温室園芸農業協同組合(愛知県豊川市)から提供される過去の農作物出荷データを基に、CLOWが設定した集荷・配送ルートの効率性を日本通運の協力を得て精査する。

日通、米子会社・本社を移転 来年シカゴ近郊に新倉庫開業 (2020/10/5 建設・生活・環境・エネルギー)

日本通運は米イリノイ州ウッドデールで自動車関連向けロジスティクス機能の強化を狙い、新倉庫を開設する。

アサヒ飲料・日清食品・日通、関東―九州間の共同輸送開始 (2020/9/8 建設・生活・環境・エネルギー1)

アサヒ飲料、日清食品、日本通運は7日、関東―九州間で共同輸送を11日から始めると発表した。

物流大手3社の2021年3月期連結業績見通しが出そろい、日本通運が減収営業減益とした一方で、ヤマトホールディングス(HD)とSGHDの宅配大手2社は増収営業増益を予想した。

日通、新器材の企業間輸送サービス 全国展開 (2020/7/16 建設・生活・環境・エネルギー1)

日本通運は15日、企業間輸送向けに開発した堅固なパレット一体型器材による積み合わせ輸送サービス「プロテクトBOXアロー」を全国主要都市に拡大したと発表した。

日本通運は輸送中の荷崩れや汚破損を防ぐ箱型の輸送器材「NEX―NET プロテクトBOX」を開発し、国内の輸送ネットワークに乗せる新たな輸送サービスの提供を始めた。

日通、パレット一体型器材輸送 来月全国展開 (2020/6/24 建設・生活・環境・エネルギー)

日本通運は7月にも、企業間輸送向けに開発した、堅固なパレット一体型器材「プロテクトBOX」による輸送サービスを、全国主要都市に拡大する。

物流各社の通期見通し、コロナで荷物量減 生産回復を注視 (2020/5/28 建設・生活・環境・エネルギー1)

単価上昇見込む 陸運は当面の間「取扱数量に応じた適正な車両および人員配置」(日本通運)によるコストコントロールが課題だ。

日通、米医薬品物流を買収 ネットワーク確保 (2020/5/25 建設・生活・環境・エネルギー)

日本通運は米物流企業のMDロジスティクスグループ(インディアナ州)を買収する。

日本通運の前3月期、減収営業減益 (2020/4/29 建設・生活・環境・エネルギー)

日本通運が28日発表した2020年3月期連結決算は、米中貿易摩擦の長期化や下期以降の国内における荷動き鈍化を受けて、減収営業減益となった。... 日本のほか、海外主要エリアすべて減収減益。

ヤマト運輸、ダブル連結トラックを九州まで運行 (2020/3/17 建設・生活・環境・エネルギー2)

19年3月から西濃運輸、日本通運、日本郵便とともに共同輸送にも取り組んできた。

新型コロナ/日通、武漢市向け救援物資輸送サービス (2020/3/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

日本通運は中国最大手の総合物流企業、中国外運股份有限公司と連携し、鉄道輸送による中国・武漢市向け救援物資輸送サービスを始める。

日通、パリ経由でモロッコに輸送 (2020/2/28 建設・生活・環境・エネルギー)

日本通運はパリ経由モロッコ向けのクロスボーダー輸送サービス「NEXフォワーディング・ジブラルタルライナー」を発売した。... 日本での輸出申告から、モロッコの荷受人まで6―10日の所要日数を見込む。&...

WCPと日通、5Gでスマート物流 トラック荷室可視化 (2020/2/26 電機・電子部品・情報・通信1)

ソフトバンク傘下のワイヤレス・シティ・プランニング(WCP、東京都港区)と日本通運は25日、日本通運の江古田流通センター(同練馬区)で実施している第5世代通信(5G)を用いたスマート物流の実証実験を公...

損保ジャパン日本興亜は、日本通運が提供する越境EC関連サービス「海外展開ハイウェイ」を利用する中小企業向けに、海外生産物賠償責任(PL)保険を提供している。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる