133件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

日本造船工業会の斎藤保会長は「痛みを伴う対応は避けて通れない」と指摘する。... 製造業の生産高に占める造船・舶用工業の比率は、長崎県西海市で約7割に達し、愛媛県今治市でも約2割という。また造船や舶用...

にっぽん再構築/造船、荒波覚悟の合従連衡 (2021/1/1 機械・航空機 2)

日本造船工業会の斎藤保会長(IHI相談役)は「造船所のデジタル化で生産性を高める必要がある」と指摘する。 ... 一方、次世代燃料に挙げられるアンモニアを利用する船舶をめぐっては、伊...

検証2020/造船再編 集約の波、艦船にも (2020/12/11 機械・航空機)

国内造船首位の今治造船(愛媛県今治市)と、同2位のジャパンマリンユナイテッド(JMU、横浜市西区)は、2021年1月1日付で資本業務提携し、新会社を設立する。... 三井E&Sは三菱重工業と艦艇事業の...

7月23日は海の日 (2020/8/4 特集・広告)

日本造船工業会の斎藤保会長は6月17日の定例会見で「新型コロナによる海上荷動き量への影響は一時的なものと見ている。... 技術開発の促進に向け、日本造船工業会は企業間の連携や協業が必要であるとの認識を...

成功すれば造船業界の新勢力として台頭し、日本の造船所すらも脅かす存在になる潜在能力を秘める。... 日本造船工業会の斎藤保会長は「韓中勢によって競争がゆがめられている」と是正を訴え、日本政府は韓国を相...

日本造船工業会の斎藤保会長(IHI取締役)は17日、定例会見を開き、「発注意欲の低下や新型コロナウイルスのまん延で、2020年の日本の造船受注量はここ数年で最も低い水準で推移している」と述べた。

本日も東奔西走/中小企業診断士からの応援歌(249) (2020/6/2 中小・ベンチャー・中小政策)

製造業全般に関わるガイドラインとしては、経団連、日本造船工業会、日本中小型造船工業会、情報サービス産業協会が発表している。

賀詞交換会/船主協会ら「状況を注視する」 イラン情勢緊迫で (2020/1/8 建設・生活・環境・エネルギー1)

イラン情勢が緊迫度を増す中、日本船主協会と日本造船工業会は7日、都内で合同賀詞交換会を開いた。... 長沢仁志日本郵船社長は「状況を注視するだけだ。... 船主協会の内藤忠顕会長(日本郵船会長)はあい...

経営ひと言/日本造船工業会・斎藤保会長「腹をくくる」 (2019/12/24 機械・ロボット・航空機2)

こう話すのは、日本造船工業会会長の斎藤保さん。 韓国では造船大手が経営統合し、日本勢と差を広げている。... 日本は韓国をWTOに提訴しているものの、WTOが調整能力を失っている状態...

日本造船工業会の斎藤保会長(IHI会長)は19日会見し、今治造船(愛媛県今治市)とジャパンマリンユナイテッド(JMU、横浜市西区)の資本業務提携に象徴される業界再編の動きが2020年も加速するとの認識...

日本造船工業会の斎藤保会長は指摘する。 ... 電気推進船や水素船など次世代の船でも日本が有利になると見る。 【提携戦略に活路】 ...

6月に就任した日本造船工業会の斎藤保会長(IHI会長)に聞いた。 ... 国家レベルで日本の造船業を守ってもらうしかない」 ―ロボットや人工知能...

日本造船工業会は19日、第37代目の会長として斎藤保IHI会長を選出したと発表した。... 同日、会見した斎藤会長は「(造船業の)経営基盤の強化、技術基盤の強化、国際協調を推進する」と語った。 ...

(編集委員・嶋田歩) 日本、技術力で生き残りへ 90年代初めまで、日本の造船業は世界トップの地位にあった。... 日本造船工業会の加藤泰彦会長(三井E&Sホールディ...

日本造船工業会は17日、第37代目となる次期会長にIHIの斎藤保会長(66)を内定した。6月の総会、理事会を経て正式就任する。... 同日、会見した加藤泰彦会長(三井E&Sホールディングス相談役)は「...

韓国造船統合を警戒 造工会会長「日本は先進技術に活路」 (2019/4/18 機械・ロボット・航空機1)

日本造船工業会の加藤泰彦会長(三井E&Sホールディングス相談役)は17日の定例会見で、韓国と中国の造船能力増強が船腹過剰を招いたとの認識をあらためて示した。韓国での現代重工業と大宇造船海洋の統合の動き...

新しい時代を迎える中、造船業界にとっては厳しい状況が続きそうだ。... 日本造船工業会の加藤泰彦会長(三井E&Sホールディングス相談役)は昨年末、19年の新造船受注量について「2―3割は増えてほしい」...

新造船受注、19年は2―3割増期待 造工会会長 (2018/12/20 機械・ロボット・航空機)

日本造船工業会の加藤泰彦会長(三井E&Sホールディングス相談役)は19日の定例会見で、2019年の新造船受注量について「2―3割は増えてほしい」との期待感を示した。... 18年は「思うように受注が進...

日本の造船業はどこに向かうべきか。... 6月、日本造船工業会の加藤泰彦会長(三井E&Sホールディングス相談役)は「世界貿易機関(WTO)提訴に向けてしっかりと対応して頂きたい」と声を上げた。... ...

日本政府は経済協力開発機構(OECD)造船部会などさまざまな場面で問題提起してきたが、韓国は政府の介入を否定し、国際ルールに抵触しないと主張。... 日本造船工業会の加藤泰彦会長(三井E&Sホールディ...

おすすめコンテンツ

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

続・東京の長寿企業50社

続・東京の長寿企業50社

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる