1,209件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

日立建機が営業支援アプリ運用開始 価格・納期素早く提示 (2020/10/19 機械・ロボット・航空機1)

日立建機は国内事業子会社の日立建機日本(埼玉県草加市)と共同で、営業・サービス員向けのスマートフォン・タブレット端末専用の見積もりシミュレーターアプリケーション(応用ソフト)を開発、全国の約970人で...

日立建機、中国に低価格ショベル 現地調達品増やす (2020/10/13 機械・ロボット・航空機1)

日立建機は12日、中国市場向けに土木専用ミニショベル「ZX60C―5A=写真」を発売したと発表した。... 日立建機は19年4月に国・地域別の市場ニーズを収集するマーケティング本部を設立。

新車需要の逆風を見越して、日立建機は中古建機やレンタル建機の取り組みを加速。

鉱山機械の亀裂予知 日立建機、AIで可視化 (2020/10/1 機械・ロボット・航空機1)

日立建機は30日、カナダ子会社と共同で、IoT(モノのインターネット)と人工知能(AI)を活用した鉱山機械の24時間監視システム「コンサイト・マイン」を開発したと発表した。

日立建機は17日、中小企業基盤整備機構と連携して国内の建機サプライヤー向けに、経営基盤強化の教育支援プログラムを10月から始めると発表した。... 日立建機の調達部門と中小機構が一体となり中小サプライ...

原子力機構など、鋳鉄強化のメカニズム解明 (2020/9/17 大学・産学連携)

日本原子力研究開発機構と日立建機、京都大学の研究グループは、建設機械や自動車の部品などに使われる鋳鉄が強化されるメカニズムを大強度中性子ビームを用いて解明した。

日立建機は中古建設機械をメンテナンス・部品交換などで新車同様にして販売する。... 日立建機は、レンタル建機と中古建機をセット商品ととらえており、自社レンタルから発生した良質の中古建機を商品として活用...

日立建機は海外でレンタル建機事業を拡大する。... 顧客ニーズが保有からレンタル・シェアリングに変わってきていることに加え、日立建機としても関連サービスの取り込みや、レンタル建機を中古車市場に戦略展開...

日立建機、超大型油圧ショベル・ダンプを同時納入 (2020/8/27 機械・ロボット・航空機1)

日立建機は26日、国内砕石プラントへの超大型油圧ショベルとリジッドダンプトラックの納入が決まったと発表した。... 日立建機グループで超大型油圧ショベルとダンプ2台を同時納入するのは、日本国内では初め...

自律型建機、開発容易に 日立建機がシステム基盤 (2020/8/20 機械・ロボット・航空機1)

日立建機は19日、自律型建設機械向けシステムプラットフォーム「ZCORE(ズィーコア)」を開発したと発表した。

R&Dアンケート協力企業(順不同、HDはホールディングス) 日立製作所、東芝、三菱電機、富士電機、明電舎、安川電機、シンフォニアテクノロジー、NEC、富士通、日本ユニシス、OKI、日...

日立建機、カザフスタンに修理センター (2020/8/10 機械・ロボット・航空機2)

日立建機は、カザフスタンの関連会社を通じて、同国のカラガンダ地区に鉱山機械のコンポーネント修理センターを設立した。

日立建機はレンタルなどバリューチェーン事業を拡大する。

国交省が事務局の「iコンストラクション推進コンソーシアム」からも熊谷組、日立建機、阪神高速道路など重複を含め32社が参加する。

日立の4―6月期、営業益53%減 コロナで車部品不振 (2020/7/31 電機・電子部品・情報・通信)

4―6月期は上場子会社の日立金属と日立建機が不振だったほか、本体も新型コロナにより消費が冷え込んだことで自動車部品などが足を引っ張った。

日立建機の4―6月期、当期益98%減 欧米・アジアで苦戦 (2020/7/28 機械・ロボット・航空機1)

日立建機が27日発表した2020年4―6月期連結決算(国際会計基準)は、同社が指標とする「調整後営業利益」が前年同期比87・2%減の29億円、当期利益が同98・5%減の2億円と大幅に落ち込んだ。

●日立建機は社会福祉法人中央共同募金会を通じて1000万円の支援金を寄付する。

日立建機は20日、顧客に提供するアフターサービス用部品のブランド区分をグループ全体で統一すると発表した。... セレクテッドパーツは日立建機の認定サプライヤーとともに純正部品と互換性のある仕様に調整し...

現場事故、原因追究し未然予防 昔から読書は好きで今でも1日に1時間は本を読んでいる。小説やノンフィクション、美術書などジャンルにこだわりはない。週に一度は書店に立...

日立建機は16日、豪州の鉱山で超大型油圧ショベルの自律運転技術の開発に向けた実証実験を2021年度に始めると発表した。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる