電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

507件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

第36回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(2) (2024/4/17 中小企業優秀新技術・新製品賞2)

(東京都小金井市) データケミカル 実験・製造データ解析「DatachemicalLAB」 ...

東京農工大学の梅澤泰史教授と李揚丹大学院生らは、植物ホルモンのアブシジン酸(ABA)が葉を老化させる仕組みを解明した。... 明治大学、中部大学、米ミズーリ大学との共同研究。

(総合2に「評伝」) 東京都出身で、1968年に明治大学工学部卒業後、72年にアマダに入社。

環境省、26日にオンラインシンポ 生物多様性の戦略議論 (2024/2/20 素材・建設・環境・エネルギー2)

主な登壇者は、明治大学専門職大学院の松浦正浩専任教授、東京大学大学院の橋本禅准教授など。ストックホルム大学からも研究者が参加する。

明治大学発のベンチャーのポル・メド・テック(川崎市多摩区、三輪玄二郎社長)は、人間に移植するための臓器を持つブタの誕生に国内で初めて成功した。

日本の産業安全とその進歩・普及に努める向殿政男会長(明治大学名誉教授)の名を冠した賞で今回が9回目。

NTTドコモ、遠い場所から味覚共有 再現技術開発 (2024/1/30 電機・電子部品・情報・通信2)

人間拡張基盤、精度上げる NTTドコモと明治大学総合数理学部の宮下芳明研究室、H2L(東京都港区、玉城絵美社長)は、相手の感じ方に合わせて味覚を共有できる技術を開発し...

一橋大学、明治大学、千葉工業大学、埼玉医科大学といった単科大学や私立大学など13校が参加した。以前からある研究大学向け契約の参加大学数も21校に倍増した。... 契約した大学の所属研究者は、同社の20...

帝京大学対明治大学。... 最多優勝は早稲田大学の16回、次いで明治大の13回で、早明に迫る。 ... 東京箱根間往復大学駅伝を制した青山学院大学は24年までの10年間で7回優勝した...

【東大阪】近畿大学の西原秀典准教授らは、脊椎動物が従来考えられていたよりも多様な味覚を持つことを明らかにした。... 明治大学や東京慈恵会医科大学、国立遺伝学研究所、東京大学との共同研究。

豊橋技術科学大学や東京都立産業技術研究センター、明治大学との共同研究。

国公立27大学と私立7大学が、東京大学発スタートアップのAlumnote(アルムノート、東京都台東区)と協力して実施する。... 11月5日まで京都大学、高知大学、明治大学などが参加。...

ポル・メド・テックは明治大学農学部生命科学科の長嶋比呂志教授の研究成果を活用したスタートアップ。

明治大学の宮下芳明教授は2023年のイグ・ノーベル賞(栄養学)を受賞した。東京大学の中村裕美特任准教授と箸やストロー型のデバイスで電気味覚の味変調効果を検証した論文が評価された。

「電気味覚」評価 明治大学の宮下芳明教授と東京大学の中村裕美特任准教授は2023年のイグ・ノーベル賞(栄養学)を受賞した。... 明治大はキリンホールディングス...

茨城県経協、DX推進でセミナー開催 (2023/9/19 東日本・西日本)

セミナーでは明治大学経営学部の岡田浩一教授が「DX時代の中小企業―生産性向上を超えて」と題して基調講演(写真)。

みずほ銀のビジネスマッチング支援を活用し、効果を実証できる有識者として、明治大学の酒井孝司専任教授の紹介を受けて連携した。

明治大学の森下正専任教授のゼミ生約20人が参加。

アルムノート(東京都台東区、中沢冬芽社長)は東北大学など12大学へのオンライン寄付イベントを19日から25日まで開催する。... 19日からのイベントには公立大学(熊本県立大学...

証券市場や機関投資家を専門に研究し、エーザイの社外取締役なども務める三和裕美子明治大学教授に聞いた。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン