641件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

中国も年初はコロナ禍と春節で生産が落ち込んだが、4月からは回復。

建設機械は、後ろ倒しになった春節明け商戦による4―5月の好調さと比べれば鈍ったが、それでも「前年比では6月も大幅増加の状態」(日立建機)。

産業春秋/リベンジ消費 (2020/7/14 総合1)

春節の期間に買い物の機会を逸した中国の人々が、感染拡大の落ち着きとともに、爆買いに走ったのがリベンジ消費の始まりとされる。

ツガミの前期、営業益55%減 主力の自動旋盤が不振 (2020/5/28 自動車・機械・ロボット・航空機)

中国市場は足元では回復基調に入りつつあるものの「今は需要が戻ってきたのか、春節が長引いた反動なのかは分からず、今後も不透明感は拭えない」(西嶋尚生会長)とした。

建機出荷、昨年度10%減 新型コロナで減少に拍車 (2020/5/12 機械・ロボット・航空機)

さらに中国で新型コロナ感染拡大の影響により、1年のうち最も新品が売れる2月以降の春節(旧正月)明けの商戦がなかった。

新型コロナ/デジカメ業界、新たな試練 コロナ禍、生産に打撃 (2020/5/12 電機・電子部品・情報・通信2)

1月下旬の春節直後こそ休暇の延長を余儀なくされたが、ソニーや富士フイルムによると稼働再開以降は春節前に近い水準まで回復している。

それでも、最も販売が伸びる春節明け商戦が消えてしまうなど、厳しい市場環境は続く。

安川電機、川崎重工業、不二越などは1月下旬に始まった春節(旧正月)休暇が終了した後も現地のロボット工場の稼働を停止。

果物、冬眠でおいしさ維持 三井化が特殊包装材 (2020/4/7 素材・医療・ヘルスケア)

例えば、秋に収穫したシャインマスカットなどを、より高値で取引される中国の春節(旧正月)シーズンに輸出できる。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各社とも春節後の稼働停止を余儀なくされた。... ツガミは、春節から新型コロナの影響で休眠状態だった中国顧客が活動を再開したことで、浙江省の自社工場が一転して高水準...

銅加工産業、再開率8割に 中国の国務院が春節休暇の終了を当初の1月30日から2月2日まで延長すると通知したのは1月27日で、新型コロナウイルスの防疫措置とされた。... 春節休暇期間...

(総合1参照) トヨタは1月下旬の春節(旧正月)休暇以降、中国工場の稼働を止めたり、一部ラインの操業を落としたりしていた。

先行き不安は株価にも表れており、回復に向かっていた上海証券取引所の上海総合指数は、春節(旧正月)明け後の急落時の水準まで売り戻されている。

新エネ関連原材料も、一部の大型企業では春節期間中も生産が続けられ、現時点で大部分の再開企業も2月10日には再開にこぎつけていたものの、2月の稼働率はまだ極めて低く、湖北地区を除いて大部分の省区市での平...

iPhoneの中国出荷、2月50万台割れ (2020/3/12 電機・電子部品・情報・通信2)

中国政府は贈答品需要が高い旧正月(春節)の直前の1月下旬に国民の移動を制限し、住民に公共の場所を避けるよう指示した。

中国全体では、新型コロナウイルスの影響による商品不足で物価が高止まりしているが、春節(旧正月)後の操業再開から1カ月が経過し、一部では供給が正常化に近づいている。

当初は春節明けから稼働予定だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大で食肉加工機の材料供給が滞り、延期していた。

春節前の1月後半は、採算性を改善するため各社が減産に動き、供給過剰感が解消に向かって同800ドル超え。

旧正月(春節)連休明けの生産再開は極めて厳しい状況だった。

建設機械業界は、最も新品が売れる春節(旧正月)明けの売り上げが例年より低迷する見込みだ。

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる