213件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

多様な働き方に対応 交通系IC・定期券に時差料金 新型コロナウイルス感染拡大による社会の行動変容は一過性のものではない。... すでに「密」回避を目的とした時差出勤が広がり、現状は従...

感染症対策として、新型コロナが国内で拡大する前から従業員にマスクをいち早く配布し、テレワークや時差出勤を促すほか、本社オフィスのフリーアドレス化など多様な働き方を推進してきた。

インタビュー/イワブチ社長・内田秀吾氏 新製品開発、底上げ (2020/10/7 建設・生活・環境・エネルギー2)

生産体制は宣言解除後に通常に戻したが、時差出勤やリモート会議などは継続している。

ニュース拡大鏡/ホテルの空き客室、シェアオフィスに JTBなど (2020/9/16 建設・生活・環境・エネルギー1)

新型コロナによる時差出勤やテレワークの推奨で、自宅や会社でもない“サードプレイスオフィス”への関心は高い。

新型コロナウイルス感染拡大の影響によりテレワークの普及が進み、在宅勤務や時差出勤などオフィスの役割が変化している。

テレワークや時差出勤の運用ルールも緩和する。

職場周辺での感染防止では経済団体と連携し、大人数での会食を避けるよう呼びかけるほか、テレワークや時差出勤・自転車通勤を奨励する。

併せて産業界全体にもテレワークや時差出勤の継続、大人数での会食の抑制などを要請する方針だ。

同様に時差出勤については、利用意向が同10・2ポイント増の93・6%となり、コロナ禍が新入社員に新しい働き方を強く意識させていることが分かった。

本日も東奔西走/中小企業診断士からの応援歌(256) (2020/7/21 中小・ベンチャー・中小政策)

しかし、在宅勤務や時差出勤で従業員全員がそろうことは少なくなった。

新型コロナウイルス感染症の拡大を契機に、時差出勤や部分休業などを含む変則的な勤務でも生産が滞らない体制を目指す。

在宅・時差出勤、大手に定着 日刊工業新聞社が大手企業、中堅・中小企業それぞれ100人の経営者を対象に実施した景気定点観測調査において、新型コロナウイルス感染拡大が...

テレワークや時差出勤は印刷業で約6割が実施・検討と回答した。

堺市には国や大阪府の施策を補う支援と、事業所税の減免をはじめ市独自の支援策を強く望む」 【記者の目/今こそ手厚い支援策必要】 テレワークや時差出勤といった「働き方改...

千葉県産業振興センター「チャレンジ企業支援センター」(043・299・2907) 千葉県信用保証協会 【「緊急短期資金保証(新型コロナウイルス)...

千葉県産業振興センター「チャレンジ企業支援センター」(043・299・2907) 千葉県信用保証協会 【「緊急短期資金保証(新型コロナウイルス)...

「リモートワーク」「時差出勤・フレックス制」「リモート会議」「業務のデジタル化」「社内の稟議(りんぎ)・承認手続きのオンライン化」「セキュリティーの強化」など、DXの後押しで新常態化するであろう。&#...

千葉県産業振興センター「チャレンジ企業支援センター」(043・299・2907) 千葉県信用保証協会 【「緊急短期資金保証(新型コロナウイルス)...

今後は「この体制を継続しながらも、出社が必要な場合は時差出勤などの措置も検討していく」という。

千葉県産業振興センター「チャレンジ企業支援センター」(043・299・2907) 千葉県信用保証協会 【「緊急短期資金保証(新型コロナウイルス)...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる