233件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

都、テレワークアワード募集 (2021/2/2 東日本・西日本)

都はテレワーク緊急強化月間として、週3日・社員の6割以上のテレワーク、交代勤務や時差出勤などによる出勤者数7割削減を目指しており、その一環。

2度目の発出前に比べてともに15%程度の押し下げ効果が出ているが、首都圏ではピークを避ける時差出勤が普及したこともあり通勤需要全体が大きく減る状況ではない。

都は2月7日までの緊急事態宣言の期間中をテレワーク緊急強化月間として、週3日・社員の6割以上のテレワーク、交代勤務や時差出勤などによる出勤者数7割削減を目指している。

都は政府が発出した2月7日までの緊急事態宣言期間中、企業に対し週3日・社員の6割以上のテレワーク実施、時差出勤や交代勤務により出勤者数を7割削減することを求めている。

また経済界へ改めてテレワークの促進を呼びかけ、「時差出勤や自転車通勤などさまざまな方法で(ピーク時の)出勤者を減らすほか、20時以降の勤務を抑制するようにお願いしたい」と述べた。

経営ひと言/UACJ・石原美幸社長「全員野球」 (2021/1/13 素材・医療・ヘルスケア)

「在宅勤務や時差出勤対応など、コロナ禍での業務継続を目指し、早急に変革を進めた」と多様な働き方を推進する。

社内はテレワークや時差出勤で対応する方針だが今回は自動車生産は続くと予想し、対策の規模は小さくする。

事業者にはテレワーク率50%と時差出勤、会食自粛、また県民には夜間の不要不急の外出自粛などを要請する。

中小、時差出勤など推進 中小企業でも対策は進む。... 「50%程度の出勤になっている」(西村章会長)。小原歯車工業(埼玉県川口市)は「間接部門も現場連動型でテレワークできるのはほん...

事業者にはテレワークと時差出勤の徹底を求める。

新型コロナ感染対策として、21年以降も取り組む施策(複数回答)については、「在宅勤務(テレワークなどを含む)」が97人と最も多く、次いで「オンライン会議の採用」が96人、「時差出勤」が89人、「海外渡...

3密回避へソーシャルディスタンスの確保、マスク着用、手洗いが“当たり前”となり、企業もテレワーク、在宅勤務、時差出勤を積極活用するなど働き方改革を加速。

10区分の時差出勤を継続 愛知県は職員のワークライフバランスや柔軟な働き方に対応するため、1月にテレワーク用端末100台を導入し、在宅勤務の試行を始めた。... 新型コロナウイルス感...

テレワークや時差出勤の徹底、年末年始の分散休暇も改めて求めた。

新たな取り組み方針では、時差出勤や時間単位の有休取得といった柔軟な働き方や、不妊治療を目的とした特別休暇などを導入する中小企業を対象に助成金を給付する制度を盛り込む。

また県は3日から17日までテレワークや時差出勤、会食時も含めたマスク着用の徹底などを要請。

従来のテレワークや時差出勤の推進に加え、感染リスクが高まる場面の周知や冬場における換気の実施などを示した。

政府も産業界にテレワーク推進や時差出勤、会食事のマスク着用など感染拡大防止策を改めて求めたほか、年末年始休暇の分散取得を呼び掛けている。... 経済同友会の桜田謙悟代表幹事も、テレワークや、時差出勤の...

各地の新規感染者が同日、過去最多を更新したことに「強い危機感」を示し、テレワークや時差出勤、大人数での会食の自粛などを要請。

(金沢支局長・本荘昌宏) PFUは新型コロナの感染拡大を受け、3月から週3回までとしていた在宅勤務の制限を撤廃し、在宅勤務や時差出勤などを推奨する方針を打ち出した。

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる