電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

325件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

製造現場の人手不足が進む中、「職人の暗黙知を数値化する」(北名古屋テクノセンター機械グループ)ことで、職人と同様の繊細な作業がロボットで可能になるという。

ライオン、粉末用洗剤生産技術を形式知化 AIで伝承 (2024/6/4 生活インフラ・医療・くらし)

ライオンとNTTデータは3日、衣料用粉末洗剤の生産技術で熟練技術者の暗黙知になっている技術・ノウハウを生成人工知能(AI)を使い形式知化する取り組みを始めると発表した。... 生産技術...

メッキの暗黙知を言語化 公共インフラ向けを中心とする鉄鋼製品の溶融亜鉛メッキを行う眞和興業(愛知県江南市、眞野祥典社長)は、環境マネジメントと並ぶ経営の軸として人材の...

重視する材料特性の選択やデータ活用方法の選定には、研究者(匠)の専門性や勘・こつ・経験といった暗黙知が重要である。一方、データを活用することは、新たな因果関係や理論を見いだしたり、それ...

センシングによる生産現場の“見える化”のほか、属人化している「暗黙知」のモデル化など、データ収集と分析、対策の循環を推進することで、代表的な製品の生産リードタイムを約50%削減することができた...

個人の「暗黙知」伝授に挑む 社会人向け大学院として3研究科を擁する社会構想大学院大学。... 学生は社会学、経営学、教育学を通じて、職業人の実務で蓄積してきた個人の暗黙知を、組織内外...

株式上場ニューフェース/SOLIZE 実践・変革力で車設計支援 (2024/3/26 中小・ベンチャー・中小政策)

技術者を派遣するなどしてハイエンドな領域の設計・開発業務を支援する「エンジニアリング」、3Dプリンターを使って試作を引き受ける「マニュファクチュアリング」、現場の暗黙知をデジタル技術で可視化して業務変...

高砂熱学、ArentとBIM基盤開発 空調設備工事向け (2024/3/25 機械・ロボット・航空機1)

高砂熱学の小島和人社長は同プラットフォームについて、「さまざまな暗黙知をシステムにしており、これから成長・進化する」としている。

NTTとブリヂストン、サステナなど3テーマで共創 (2024/3/5 電機・電子部品・情報・通信2)

現実世界をデジタル空間に再現するデジタルツイン関連では、フィジカル面での特徴や特性、モノの微細な性質に対する暗黙知、メンタル面での意識を含めた状態をデジタル化し、他者に伝えて再現する技術を開発する。&...

従来から中小のイノベーションを支えてきた支援者の暗黙知を明文化して、人材育成にもつなげたい」と話す。

個人ノウハウを暗黙知から形式知へ移行し、人材育成や定着を組織レベルで考える必要も出る。

そのうち「受注・生産管理システム」の活用で、コロナ禍でも取引先を1・5倍に増やし、またベテランの暗黙知をデジタルで共有する「虎の巻システム」では、製造現場の不具合を7割程度削減するなど効果を発揮してい...

後藤邦之社長は長年蓄えた技術、ノウハウなど「知の蓄積」を活用し、高付加価値な製品づくりを推進する。 ... 暗黙知だった知識を情報化することで、社内で共有しやすくなる。

日鉄、生産計画を迅速立案 製鋼向けシステム開発 (2023/11/2 素材・建設・環境・エネルギー1)

熟練者の暗黙知をデータや条件として形式知化し、膨大な選択肢から最適計画を選び出すことで計画の所要時間を約70%削減する。

「仕入れた部品を組んだだけではモノにはならず、組み立て技能者の暗黙知が必要。形式知にする努力はしているが、教えられないものもある。

JERA、「デジタル発電所」公開 メタバース活用 (2023/10/11 素材・建設・環境・エネルギー)

JERAのデジタル発電所構想は、過去のデータを集積して未来予知につなげる「時を超えてつながる」、離れた場所でも同じ課題を共有できる「空間を超えてつながる」、発電所運営の熟練者の暗黙知を形式知に変えて活...

技術の暗黙知をデータ化 東洋製缶が製造管理システム (2023/10/2 素材・建設・環境・エネルギー)

サテラスは同社が今まで培った生産データや暗黙知を形式知に変え、データを利用して誰でも製造できる環境を提供する。

ブランドマネジメント部の武田真一郎副部長は「伝統技術など属人的な暗黙知を形式知に変えるライツのツールが、豆乳ヨーグルトの技術継承に合っていた」と話す。

経営ひと言/LIGHTz・乙部信吾社長「『汎知化』で貢献」 (2023/9/8 中小・ベンチャー・中小政策)

「熟練者の暗黙知を共有できるようにするのが汎知化」と話すのは、LIGHTz(茨城県つくば市)社長の乙部信吾さん。同社は「汎知化」を商標登録している。 ...

同伴走支援は支援者の“暗黙知”になりがちで、企業庁はノウハウを形式化する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン