58件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

今後、p型有機トランジスタと組み合わせることなどにより、高速駆動可能な相補型有機デバイスを作製すれば、IoT(モノのインターネット)社会に向けた、フレキシブルな無線識別(RFID)タグなどの開発が見込...

東京大学、産業技術総合研究所、物質・材料研究機構の研究グループは、数マイクロメートル(マイクロは100万分1)寸法で微細加工した有機トランジスタアレイを作製し、これまで解明されていなかった有機トランジ...

東京工業大学科学技術創成研究院未来産業技術研究所の飯野裕明准教授、半那純一名誉教授らは、従来比2000倍以上の成膜スピードで有機トランジスタ向けの半導体を塗布成膜することに成功した。... 有機半導体...

東京大学や産業技術総合研究所などの研究グループは、超短波帯で応答する有機トランジスタを開発した。... 有機トランジスタの応答周波数として世界最速という38メガヘルツ(メガは100万)を達成した。.....

同センサーシステムは、柔軟な有機トランジスタと、磁場に対する抵抗値の大きい素子をプラスチックフィルム上に集積したもの。

東京大学や産業技術総合研究所、物質・材料研究機構などの研究グループは、高性能トランジスタとして利用できる有機半導体ウエハー(基板)を簡便な印刷法で作る手法を開発した。... 有機トランジスタ集積回路の...

同回路は、薄いプラスチックフィルムを基材にできる有機トランジスタを電子素子に使った。トランジスタの電流のバラつきを2%以下に抑える技術により、これを集積してノイズ除去機能の高い回路ができた。

東ソー、有機EL用の印刷エレ材開発 山形大と試作実証 (2019/1/29 素材・ヘルスケア・環境)

東ソーは短チャネル有機トランジスタ向けプリンテッド(印刷)エレクトロニクス材料を開発した。有機半導体と絶縁膜材、撥液バンク材、保護膜材で構成する。... 実用化に向け、高移動度が求められる短チャネル有...

東京都立産業技術研究センターと東京大学は21日、有機薄膜太陽電池に用いる新規有機半導体材料を共同開発したと発表した。2種類の有機半導体材料を組み合わせて電力を発生するもので、最高効率5・73%の有機薄...

東大、低ノイズトランジスタ開発 (2018/7/24 科学技術・大学)

東京大学の渡邉峻一郎特任准教授と竹谷純一教授は有機トランジスタのノイズ源を特定し、低ノイズトランジスタを開発した。有機半導体と絶縁体の界面に存在する、わずかな乱れからノイズが発生していた。対策を施した...

物質・材料研究機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点の若山裕副拠点長と早川竜馬主任研究員らは、三つの値を記録する有機トランジスタを開発した。... 有機エレクトロニクス分野はトランジスタの微細化が難し...

東京工業大学物質理工学院の王洋研究員と道信剛志准教授らは、素子の性能指標となる高い電子移動度を持つ有機半導体高分子を作り、これを使って高性能な有機トランジスタを開発した。... これで有機トランジスタ...

▽金井駿東北大学助教「強磁性体/酸化物界面の電界制御とその記憶素子応用」▽金子健太郎京都大学助教「次世代パワーエレクトロニクス材料の物性開拓とデバイス応用」▽久保亮吾慶応義塾大学専任講師「スマートコミ...

これまで有機半導体の回路では薄いものも実現されていたが、有機LEDなどの有機光デバイスは、大気中で安定的に動作させることが難しかった。... 染谷教授は有機エレクトロニクスの草分けで、有機半導体を駆使...

開発した有機LEDは、ガラス基板上に作製した既存の素子とほぼ同等の性能を持つ。... これまでに有機トランジスタ集積回路などが開発されているが、有機LEDなどの有機光素子は従来、大気中で安定に動作させ...

産業技術総合研究所は、有機トランジスタの性能分布を光学イメージで一括評価する技術を開発した。電子ペーパーやディスプレーなど膨大な数のトランジスタを組み込む機器の製造工程に導入できる。... 有機トラン...

工学部キャンパスのある山形県米沢市を拠点に、産学官で塗布型デバイス、有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)、有機トランジスタ・集積回路などの技術と異分野の技術を融合化した産業創出を狙う。... これま...

東京工業大学像情報工学研究所の半那純一教授、飯野裕明准教授らは、「液晶性」を持つ新規の有機トランジスタ材料を開発した。... 既存の有機材料を使ったトランジスタに比べて3倍以上の性能(移動度)を持つ。...

従来は有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)照明や有機トランジスタ、有機太陽電池など「有機エレクトロニクス」の研究が主流だった。... 一方、時任卓越研究教授が開発した世界最薄のフィルム状有機トランジ...

メルクは有機トランジスタと液晶に関する技術を応用。またFlexEnable社の有機TFT(薄膜トランジスタ)アレイを使った。

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる