170件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

その結果、通常の森林火災より高温の火山活動で生成される燃焼有機分子「コロネン」の凝集と水銀の凝集、絶滅が同時に発生したことを発見し、シベリア火山の大規模噴火が絶滅の原因であると示した。 ...

仁科記念財団、仁科記念賞に鹿野田・仲沢氏 (2020/11/12 科学技術・大学)

鹿野田氏は、電気を通す有機分子内の電子に関するさまざまな未知の現象を発見した。

日本曹達にとっては有機ELディスプレー事業参入の足がかりになる。... 有機EL発光分子にエネルギーを供給するTADFという有機分子を合成する。TADF自体を発光させることもできるが、発光分子にエネル...

【研究開発助成/奨励研究助成 若手研究者(塑性加工)】▽井尻政孝/東京電機大学工学部先端機械工学科「環境に配慮した新しい表面加工法によるCr―Mo鋼の疲労特...

輝け!スタートアップ(50)Kyulux (2020/10/8 中小・ベンチャー・中小政策)

AIで有機分子を探索して、実際に合成。... 化学者が一つの有機EL分子を設計すると、AIが1000個ほどの類縁分子を考えて性能を予測する。有機分子の考案から有用分子の完成まで16週間かかっていたのが...

がん細胞周辺の血管から分子が抜けやすい性質により、大きな分子の化合物ががん細胞に集積する「EPR効果」を解明。... 分子が自発的に構造体を形成する「自己集合」を化学合成に応用。有機分子と金属イオンを...

電気→光に効率変換 京大が分子設計 (2020/8/4 科学技術・大学)

京都大学化学研究所の梶弘典教授らは、電気を光に効率よく変換するための分子設計指針と、これに基づく有機分子を開発した。... 有機ELデバイスの高性能化のほか、酸素センサーや腫瘍の探索などの生態応用が考...

物質・材料研究機構の樋口昌芳グループリーダーと東京化成工業の研究グループは、電気を流すと色が変わる材料「メタロ超分子ポリマー」の量産手法を確立した。 原料の有機分...

阪大発VBの同社は有機分子の分布を可視化するラマン顕微鏡を手がける。

二つの有機分子材料を混ぜ、導電性をリレーさせる。絶縁性のために従来は使えなかった多様な有機材料を電極に利用できるようになり、有機蓄電池の高性能化や低価格化が期待される。 ... 二つ...

3つの研究成果 【正方形の有機金属分子】 藤田氏の研究成果の「原点」とも言えるのが、90年に発表した「自己集合による正方形の有機金属分子の合成」だ。 ...

DICと産総研、連携研究ラボ設置 機能材料を開発 (2020/2/27 素材・医療・ヘルスケア)

産総研が持つ触媒化学技術やバイオマスからの機能化学品創生技術や、生分解性ポリマーに関する合成・評価・解析技術と、DICの有機分子設計、高分子設計技術を融合する。

有機分子のアントラキノン誘導体(AQDS)を利用しており、単一装置内での充電も可能で繰り返し使用できる。... 太陽光などを照射するとAQDSは電解液中の水素原子と反応し、AQDS―H2という分子に変...

東京工業大学の細野秀雄栄誉教授らは、アンモニアの合成や分解などに有効な固体触媒「イットリウム・パラジウム」を有機分子の合成に重要な炭素―炭素の結合の形成反応に使うと高い活性と安定性...

有機分子材料に機能を付加するには各分子の化学構造だけでなく、分子の形状と集合体構造を最適化する必要がある。有機半導体単結晶薄膜を構成する各分子の形状は電子の輸送に影響を与えるが、基板界面の分子の形状を...

開発した多孔性物質は、金属―有機構造体(MOF)や多孔性配位高分子(PCP)と呼ばれるもので、有機分子と金属が格子構造を作り微細な空間を持つ。... 微細な穴は水のみを取り込み、アルコールなど有機分子...

【電子版】先週の注目記事は? (2019/12/10 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(12/2~12/8) 1位 東大、情報科学研究で新組織 博士学生に給与600万円 2位 日産・ルノー・三菱自、...

関西学院大学の吉川浩史准教授と田中大輔准教授、大阪大学の北河康隆准教授らは、リチウムイオン電池の電極材料で、2種類の有機分子を混ぜ合わせると1種類の分子と比べて性能が大幅に向上することを発見した。.....

同社は光反応性を持つ官能基を含むポリマー溶液を基板に塗り、固定化したい分子などをマイクロアレイ化して光照射することにより固定化に成功。生体分子のほか、有機分子やウイルス、細菌も固定できる。 &...

これまでに、隕石からは多くの有機物が検出され、アミノ酸や核酸塩基などの生命の原料となる有機分子も見つかってきた。... リボースを含む複数の糖分子を検出した。炭素同位体分析で地球生物の糖分子はマイナス...

おすすめコンテンツ

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる