710件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

3つの研究成果 【正方形の有機金属分子】 藤田氏の研究成果の「原点」とも言えるのが、90年に発表した「自己集合による正方形の有機金属分子の合成」だ。 ...

京都大学物質―細胞統合システム拠点(アイセムス)の今堀博連携主任研究者と京大大学院工学研究科の梅山有和准教授らは、エネルギーが高まった励起状態で寿命が長い、有機薄膜太陽電池材料を開発した。... 高効...

【財団賞学術賞】▽カリタ・ゴラップ名古屋工業大学大学院工学研究科准教授▽柴富一孝豊橋技術科学大学大学院工学研究科応用化学・生命工学系准教授▽田中誠ファインセラミックスセンター材料技術研究所先進構造材料...

負極に保護膜を作る有機溶媒である炭酸エチレンなどの炭酸エステル類が充放電に必要だが、燃えやすいことが課題となっていた。 炭酸エチレンと難燃剤として使われるリン酸エステルの分子構造を融...

DICと産総研、連携研究ラボ設置 機能材料を開発 (2020/2/27 素材・医療・ヘルスケア)

産総研が持つ触媒化学技術やバイオマスからの機能化学品創生技術や、生分解性ポリマーに関する合成・評価・解析技術と、DICの有機分子設計、高分子設計技術を融合する。

有機分子のアントラキノン誘導体(AQDS)を利用しており、単一装置内での充電も可能で繰り返し使用できる。... 太陽光などを照射するとAQDSは電解液中の水素原子と反応し、AQDS―H2という分子に変...

分子量のバラつきが少なく、容易に高純度で精製できる技術を確立した。... 研究グループは、トチュウ果皮からTPIを工業的に有機溶媒で抽出する手法を開発した。... TPIの抽出に使用する有機溶媒は、再...

東京大学や産業技術総合研究所などの研究グループは、超短波帯で応答する有機トランジスタを開発した。... 研究グループは、有機半導体単結晶の薄膜をフッ素系高分子膜で被膜し、有機半導体でのダメージを減らせ...

東京工業大学の細野秀雄栄誉教授らは、アンモニアの合成や分解などに有効な固体触媒「イットリウム・パラジウム」を有機分子の合成に重要な炭素―炭素の結合の形成反応に使うと高い活性と安定性...

有機分子材料に機能を付加するには各分子の化学構造だけでなく、分子の形状と集合体構造を最適化する必要がある。有機半導体単結晶薄膜を構成する各分子の形状は電子の輸送に影響を与えるが、基板界面の分子の形状を...

産業技術総合研究所ナノ材料研究部門の向田雅一主任研究員らは、熱を電気に変換する「熱電発電」を利用し、100度C程度の低温熱源に設置するだけで、無線通信に必要な電源となる有機熱電モジュールを開発した。....

広島大学の尾坂格教授らは、従来よりも発電効率が約1・2倍向上した「有機薄膜太陽電池(OPV)」の作製に成功した。... またOPVに適した半導体ポリマーの開発には、ポリマーの分子軌道や結晶性、分子配向...

開発した多孔性物質は、金属―有機構造体(MOF)や多孔性配位高分子(PCP)と呼ばれるもので、有機分子と金属が格子構造を作り微細な空間を持つ。... 微細な穴は水のみを取り込み、アルコールなど有機分子...

近年、弱い相互作用で複数の分子が集まった「超分子」が注目されている。... 取り込んだ分子が反遮蔽効果の影響を受けることを利用し、複雑な分子構造の解析と未発見分子の探索に応用できる。 ...

室温で反応し、有機溶媒を使わないため毒性が低く安全性が高い。... 研究グループは、有機化合物にさまざまな化学反応の出発物質に用いられるアリールジアゾニウム塩を使い、圧電材料であるチタン酸バリウムから...

世界的な環境負荷低減環境負荷低減ニーズの高まりで、シンナーなどの有機溶剤を含まない水性インキの需要が高い。... 同社が持つ分子を均一に分散できる技術やバインダー設計技術などで、顔料を強力に生地に固着...

ゲルは網目構造になった分子に水や油などの溶媒が取り込まれた物質で、家庭ではゼリーがなじみ深い。... リ助教らは、高分子の「テトラポリエチレングリコール」を有機溶媒「アセトニトリル」に重量比で12%溶...

【電子版】先週の注目記事は? (2019/12/10 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(12/2~12/8) 1位 東大、情報科学研究で新組織 博士学生に給与600万円 2位 日産・ルノー・三菱自、...

関西学院大学の吉川浩史准教授と田中大輔准教授、大阪大学の北河康隆准教授らは、リチウムイオン電池の電極材料で、2種類の有機分子を混ぜ合わせると1種類の分子と比べて性能が大幅に向上することを発見した。.....

同社は光反応性を持つ官能基を含むポリマー溶液を基板に塗り、固定化したい分子などをマイクロアレイ化して光照射することにより固定化に成功。生体分子のほか、有機分子やウイルス、細菌も固定できる。 &...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる