電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

221件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

リケジョneo(250)山陽特殊製鋼・高橋春香さん (2023/12/25 ひと カイシャ 交差点)

色々な経験積み視野広げる (総合1から続く)出身地の兵庫県淡路島を飛び出して入学した徳島大学大学院総合科学教育部(現創成科学研究科)...

例えば、フォトレジストは(長年の)有機合成の技術を生かしている。

有機合成化学者の挑戦テーマになっている。... タキソールの複雑な構造を分割して断片を合成し、連結して完成させる合成戦略をとった。... タキソールは半世紀以上有機合成化学者が挑戦してきた研究テーマ。

リケジョneo(247)カルビー・須藤麻里さん (2023/11/27 ひと カイシャ 交差点)

それ以前は高校で有機化学に興味を持ち、青山学院大学大学院で有機合成化学を学びました。有機化学は構造で説明ができるところが好きです。... コメやコンニャクなどから抽出できるセラミドにはない、コラーゲン...

次なる成長へ 出雲からの変革 神戸天然物化学(上)量産向け設備増強 (2023/11/15 素材・建設・環境・エネルギー2)

中分子薬の受託合成拡大へ 神戸天然物化学が医薬、バイオ材料と、電子材料など機能材料を3本柱に、成長を加速している。... 同社では低分子医薬品に加えて、これまで培ってきた有機合成技術...

ソフト・ポリマー材料の研究・開発では、有機合成や構造制御、分子物性評価に関する最先端手法、成形加工技術や溶液塗布・プリンティング技術を駆使し、ソフト・ポリマー分子が持つポテンシャルを最大限に引き出すた...

ADEKAが抗寄生虫剤 新動物薬、30年事業化 (2023/9/22 素材・建設・環境・エネルギー)

農薬専業の日本農薬の創薬ノウハウとADEKAの持つ有機合成技術を組み合わせ、動物薬分野で新たな事業モデルの確立を目指す。

神戸大が開発した光オン・デマンド有機合成法により作製したフッ素化カーボネートを活用する。... 研究チームはまず、光オン・デマンド有機合成法でフッ素化カーボネートを合成。... さらに同前駆体を汎用ア...

東京工業大学の伊藤繁和准教授らはフッ素を含む複素環化合物の合成法を開発した。... 収率などの技術課題は残るが、有機合成と素粒子計測を統合して新手法を生み出した。

九州大学の大嶋孝志教授と九州工業大学の森本浩之准教授らは、有機分子の官能基評価キットを開発した。... 有機合成の条件探索に機械学習を応用すると、反応開発の自動化や高速化が期待できる。 ...

有機合成・分解に関わる製品を扱うメーカーなどに訴求する。

一方で、DNPは長年培ったP&I(印刷技術と情報技術)を生かした医薬品パッケージ事業や、精密有機合成技術を駆使した原薬事業を展開している。

例えばデバイス開発の場合は有機合成と理論計算、先端計測の研究室が連携する。合成の研究室で実験データが得られたら、計測の研究者が分子構造を特定し、理論計算の研究者がデバイス性能を予測するといった連携を想...

産総研では、2022年4月から稼働しているマテリアル・プロセスイノベーションプラットフォーム事業・先進触媒拠点に、有機合成の後段プロセスが連続化できる装置群を導入した。... 反応から精製までの連続プ...

常務執行役員では年齢などで後継の可能性があるのは管理部門の要職を担う秋本俊哉氏(63)と有機合成事業部長などを兼務する荒井文男氏(64)。

有機合成化学ベースに50年 ナード研究所(兵庫県尼崎市、土肥幸生社長)は1972年、化学の研究者13人が集まり創業した。有機合成化学が将来、花開く時代が来ると確信し、...

それら化合物は有機合成において重要な役割を果たすが、有機合成に利用した例はほとんどなかったため新たな合成法を検討することにした。 合成に成功した今回の方法ではまず、パークロロエチレン...

有機合成→バイオ生産 生命が持つ多様な情報を、情報科学や統計学などでアプローチするバイオインフォマティクス。... 同社の事業は、化学企業の樹脂や香料の有機合成反応の一部などを、バイ...

リケジョneo(207)ADEKA・岡田奈奈さん (2022/12/5 ひと カイシャ 交差点)

率先し成膜用途開拓進める (総合1から続く)大学から有機合成化学を学び、お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科ではフッ素化合物の研究室で反応...

三井化学、京大と共同研究講座 自動合成で高機能材料開発 (2022/11/23 素材・医療・ヘルスケア)

自律的な自動合成実験システムを構築し、これを活用してヘルスケア分野などの高機能材料の開発を加速する狙い。... 京大は工学や薬学、医学研究科で培った自動実験や有機反応化学、フロー合成、データ科学などの...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン