電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,617件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

イノフィス、福島林業にアシストスーツ42台納入 (2024/4/11 機械・ロボット・航空機2)

日本の林業では最近、花粉症対策のスギ人工林の植え替えや木質バイオマス発電所向けのバイオマスチップ需要増加など、各工程で新しい動きが起きている。

2029年に間伐材などの木質バイオマスを原料にSAFとナフサを年間約12万キロリットル生産できる設備の商業稼働を目指している。

石油資源開発、愛媛・大洲の発電所に木質ペレット供給 (2024/4/4 素材・建設・環境・エネルギー2)

石油資源開発は出資する大洲バイオマス発電(愛媛県大洲市)が運営する大洲バイオマス発電所に、燃料用木質ペレットの供給を始めた。約2万5000トンの木質ペレットを積載した第1船が大洲市長浜...

王子HD、木質由来ケミカル材量産 幅広く供給へ (2024/4/2 素材・建設・環境・エネルギー2)

技術・ニーズ見極め協業検討 王子ホールディングス(HD)は木質由来で非可食のケミカル材料を段階的に幅広く生産する。... 木質由来のポリ乳酸ができれば外販のほか、自社...

木造部の柱と梁(はり)にはシェルター(山形市)の木質耐火部材「クールウッド(1時間耐火仕様)」を使用し、同社が木造設計を担った。

【名古屋】JERAは1月に発生した武豊火力発電所(愛知県武豊町)の爆発火災事故について、木質バイオマス燃料の貯蔵設備内の搬送装置で発火した可能性が高いと明らかにした。

【市村産業賞貢献賞】▽トクヤマデンタル「構造色による発色機構をもつ歯科用修復材料」▽日立製作所「画像・映像利活用のための類似画像検索システム」▽マツダ「燃焼機能を高めた3・3L直列6気筒ディーゼルエン...

艶金(岐阜県大垣市)は、1987年から木質バイオマス(生物由来資源)ボイラを稼働させている。... まだオイルショックの記憶が残り、重油の値上がりを...

姫路にバイオマス発電所、大ガスが竣工式 専焼4カ所目 (2024/3/14 素材・建設・環境・エネルギー1)

木質チップやパームヤシ殻を燃料に使い、カーボンニュートラル(温室効果ガス〈GHG〉排出量実質ゼロ)に貢献する。 ... 2023年12月に稼働しており、大ガス子会社の...

エイブル、双葉町に新工場 再生エネ・ロボ事業拡大 (2024/3/13 素材・建設・環境・エネルギー1)

福島県内でも地元自治体と組み、木質材を使ったバイオマス発電や小水力発電、風力発電を検討中だ。

熊谷組は木質耐火部材「環境配慮型ラムダウッド・ツー」で梁(はり)の90分耐火大臣認定を取得した。 ... 木ぐるみFRは純木質でありながら、60分耐火の認定を取得。

【財団賞学術賞】▽井藤彰名古屋大学大学院工学研究科教授▽白井孝名古屋工業大学大学院工学研究科工学専攻准教授▽髙橋一浩豊橋技術科学大学次世代半導体・センサ科学研究所教授▽鷲見裕史産業技術総合研究所極限機...

王子HD・山形大、高分子電解質膜にCNF 燃料電池向け開発 (2024/3/8 素材・建設・環境・エネルギー)

王子ホールディングス(HD)と山形大学は7日、木質パルプ由来のセルロースナノファイバー(CNF)を主成分にした燃料電池用高分子電解質膜(PEM)を開発し...

銀賞には豊田鉄工(愛知県豊田市)などによる企業の森づくり、フルハシEPOによる木質廃棄物の再資源化技術の2件が選ばれた。

NTTアグリテクノ、排熱栽培シイタケ増産 バイオマスエネ地産地消 (2024/3/7 電機・電子部品・情報・通信2)

NTTアグリテクノロジー(東京都新宿区、酒井大雅社長)は、小型木質バイオマス発電所の排熱を用いたシイタケやドライフルーツの生産を強化する。... 他自治体からの引き合いも来ており、山形...

SAF用バイオエタノール計画 製紙4社、27年度量産へ (2024/2/29 素材・建設・環境・エネルギー1)

ベンチャーと連携、再生材・木質パルプ活用 製紙4社で非可食性の持続可能な航空燃料(SAF)用バイオエタノールの生産計画が出そろった。... これらに先立ち、王子ホール...

DMG森精機、木質バイオマス発電ガス化炉が連続2000時間稼働 (2024/2/28 機械・ロボット・航空機1)

DMG森精機は27日、伊賀事業所(三重県伊賀市)に導入した木質バイオマス発電のガス化炉が、メンテナンスせずに連続2000時間稼働したと発表した。これまで約500時間...

三菱UFJ技術育成財団、iCUREXなど5件に研究開発助成金 (2024/2/23 中小・ベンチャー・中小政策)

▽iCUREX=狭小空間内の創傷治癒を目的とした新しい概念の被覆材の開発および事業化▽ExtenD(佐賀県鳥栖市)=高感度ダイヤモンド電子舌を用いた溶液指紋情報のビッグ...

国内商社では、住友商事が米ストラテジック・バイオフューエルズと木質バイオマスを原料にしたSAFの共同開発契約を締結。

米ルイジアナ州で、木質バイオマスを原料にSAFやナフサを生産するプラントを建設する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン