36件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

機械遺産で示された先人たちの努力の歴史を読み解き、未来への変革の礎としたい。

人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)の活用で急転する市場変化に合わせて、企業文化も含めて全社変革を推進するのが狙いだ。... 「“未来を変える、変革を創(つく)る”が新会社のビジョンだ」と...

日本新薬社長・前川重信氏 DMD軸で海外比率3割 ―デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)の治療薬「ビルトラルセン」は、国産で初の核酸医薬品として注目されています。 ...

手頃な価格で最適治療提供 ―事業環境をどう見ますか。 「これまでの医薬品の範疇(はんちゅう)を超え、遺伝子治療や再生医療のほか、ITを用いて薬と同等の効果を出すデジ...

【心を一つに 小糸製作所・三原弘志社長】 目の前の業務に精通し全世界の小糸グループの仲間と共に、心を一つに力を合わせ、共に未来を切り開いていこう。... さらなる未来への変革を担う、...

富士製薬工業社長・岩井孝之氏 女性医療で新薬継続投入 ―力を入れる分野を教えてください。 「女性医療分野といえば当社というイメージになるよう力を入れる。パイプライン...

サンバイオ社長・森敬太氏 細胞薬安定供給へ体制強化 ―細胞薬「SB623」について、慢性期外傷性脳損傷を適応症とした承認申請予定を1年先に延ばしました。なぜですか。 ...

抗体開発の進展に期待 ―事業環境をどう捉えていますか。 「日本市場の成長率は中期的に見て、良くて横ばいだ。マイナス成長の予測もあり、大変厳しい。

日医工社長・田村友一氏 抗がん剤拡充で中心に ―政府は後発薬の使用割合を80%に引き上げる方針で、9月に目標時期を迎えます。 「80%にはぎりぎりで到達するか、少し...

「未来への変革 製薬トップに聞く」は休みました。

オプジーボ、価値最大化 ―がん免疫治療薬「オプジーボ」の適応症拡大に向けた進捗(しんちょく)は。 「非小細胞肺がんを対象とした試験では、がん免疫薬『キイトルーダ』に...

ADCの価値を最大化 ―今の事業環境をどう評価しますか。 「社会保障費が増大する中で、2020年度から薬価は毎年改定となる見通しだ。当社としても主力の抗凝固剤『リク...

デジタル技術取り込む ―3月2日に三菱ケミカルホールディングス(HD)の完全子会社となりました。 「HD内にシナジー創出委員会が立ち上がった。米国や中国事業のマネジ...

富士通、デジタル変革の新会社 外部登用経営陣が意欲 (2020/3/10 電機・電子部品・情報・通信1)

デジタル変革(DX)推進で新たな船出―。富士通は9日、DXの新会社「Ridgelinez(リッジラインズ)」がけん引する“ビジネス変革”と、富士通自身のDX化に向けた“社内変革”の二段構えの成長戦略を...

しっかりと強化したい」 【記者の目/品質体制・意識変革の正念場】 自社創製の世界戦略品がけん引役となり、収益力が向上する。

細胞培養・分化技術磨く ―欧州の製薬ベンチャー、ロイバント・サイエンシズと事業提携しました。 「非定型抗精神病薬『ラツーダ』に次ぐ成長エンジンを確立する。子宮筋腫な...

日本の医薬品市場は長期的にマイナス成長が見込まれ、日系製薬企業は事業モデルの変革が急務だ。

「堅実」と未来志向の「変革」を 2020年10月に三菱グループは創業150周年を迎える。... 三菱の創始者である岩崎彌太郎氏が社会や経済の未来図を描き、そこに求...

モルガン・スタンレーとの提携深化をはじめ、アユタヤ銀行、インドネシア大手商業銀行のバンクダナモンの買収といったアジア事業のプラットフォーム確立など、グループのグローバル化を進化させてきた」 &...

東和薬品社長・吉田逸郎氏 特徴的製剤を海外展開 ―政府が2020年に医薬品における後発薬の占めるシェア80%を打ち出しています。 「必要な生産量...

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる