電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

52件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

これにより、保守にかかる時間を大幅に短縮し、経済性も向上する技術にめどをつけた。 ... 本技術の確立は、核燃料物質などの分離回収プロセスの高度化に道筋を付けると言えよう。 ...

本技術は印刷工法の幅を広げ、半導体、自動車、医療、エネルギー、デザイン業界などさまざまな生産プロセスに寄与できると期待しております。... 本製品を通じ、理科や化学が好きという学生が増えればこの上ない...

中小企業優秀新技術・新製品賞 受賞38氏「喜びの声」 一般部門 (2024/5/10 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

本製品はこれを目指したものです。 ... 本技術を、日本発で世界に普及させ、持続的な経済発展に貢献できることを目指します。... (熊本市北区) &...

単眼カメラ画像の物体、動的に3D化 富士通が米大と開発 (2024/3/12 電機・電子部品・情報・通信1)

両者は同大周辺の交差点を撮影した画像データなどで本技術の有効性を検証する実証実験を始めた。... 開発した技術は3D形状推定技術と3Dプロジェクション技術の二つの中核技術で構成される。... 3D形状...

このような背景から、廃棄物中の電池を自動で検出する効率的な技術が求められている。 ... 本技術が全国のリサイクル施設に普及すれば、電池が効率的に自動で選別されるため、処理速度が向上...

霧(マイクロ液滴)を部品として微細な3次元構造を組み立てる技術を開発している。... そんな「液体は流動的で不定形状」という常識も、本技術により破壊され、SFさながらの機能実現も夢では...

そこで産業技術総合研究所(産総研)では、地図とカメラ画像の景色の類似性から、自己位置を推定する技術を研究している。... 本技術の応用先は機械の自動化だけにとどまらない。... 計測し...

より多くの皆さまに、弊社の経験と技術力を結集した現代土木の機動力となる本技術を知って頂き、暮らしの安全安心を守る前衛として幅広くご活用いただければ幸いです。... この技術の確立により、本製品は液体の...

富士フイルムと神戸大、CT画像から膵臓がん検出 AI支援技術開発 (2023/4/10 生活インフラ・医療・くらし)

富士フイルムと神戸大学は人工知能(AI)技術を活用し、腹部の造影コンピューター断層撮影装置(CT)画像から膵臓(すいぞう)がんが疑われる所見の検出を支援...

今後さらに詳細評価などを進めて本技術を確立することにより、低消費電力と高速処理を両立するAI機器として、セキュリティーカメラや工場などの無人搬送車、サービスロボットなどのさまざまな機器へ組み込むことが...

第65回十大新製品賞・喜びの声 (2023/1/27 総合3)

本賞 SMC取締役執行役員技術本部長・土居義忠氏 受賞製品はエアの流量・圧力・温度を測定するセンサーと無線技術により、生産設備の待機状態を検知、エアシステムを自動コ...

本研究に関する特許(「極微量核酸の増幅方法」〈特許第6714251号〉)が登録された20年6月頃、新型コロナウイルスの世界的な猛威に対し、本技術が活用できないかと考えた。... 本技術...

光学素子開発、パワー変動自在に レーザーは、科学技術における20世紀最大の発明とも言われ、今日の私たちの生活を支えるさまざまな技術に応用されている。... そして、この素子と標準の研...

プロジェクト終了後は、本技術の実用化を進め、導入が期待される食品・飲料・ケミカルなどの製造ラインへの適用を検討していく。... 断熱材・長期蓄熱なども研究 ...

その取り組みの一つとして新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が進める「人と共に進化する次世代人工知能に関する技術開発事業(共進化PJ)」を紹介する。 ...

コンクリ建物がCO2吸収 清水建、北大と表層塗布剤 (2022/5/31 建設・生活・環境・エネルギー)

清水建設と北海道大学は30日、コンクリート構造物の表層に塗布した含浸剤により二酸化炭素(CO2)を吸収・固定化する技術を開発したと発表した。... 日本国内のコンクリート構造物は約30...

本技術では、複核イリジウム触媒を固体のままガス相中で反応させることで、30度Cあるいは0・5メガパスカル(メガは100万)の温度・圧力条件でメタノールを合成できる。 ...

勃興5Gサービス(65)日本IBM、AGV複数台を最適制御 (2021/12/1 電機・電子部品・情報・通信2)

「MECを使ってソフトウエアで集中制御すれば、低価格のAGVでも、複数台を自動走行のように賢く動かせる」(坂本佳史日本IBM技術理事)。 ... 「こうした...

TROSはアルコールを利用して再生、再利用することができるので、本技術では実質的にはアミン、CO2、アルコールのみが消費され、副生成物は水だけである。... 本技術の実用化によってCO2由来のポリウレ...

この克服のため、新たに試験片を微細に加工する、試験片を真っすぐ引っ張る、微小な梁のたわみから材料にかかる力を測定する、非接触で伸びを測定するなどのマイクロサイズの試験技術を開発した。... 今後は本技...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン