1,572件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

本書は、IT技術の動向などを予測するシンクタンクと、そのグループである情報セキュリティー企業の担当者らが執筆。

新刊/山野弘樹著『独学の思考法』 (2022/5/23 books)

本書は、哲学の研究者が著者となってまとめた。

本書は、フィールドワークなどを通して、ドンキの歴史や戦略を建築や社会学的見地などから分析した。

ただ先入観を持たず、善し悪しを客観的に判断する材料としてフラットな気持ちで本書を読んでほしい。

本書は、新聞記者を経て作家・ジャーナリストとして活躍している著者が実践している「読む力のノウハウ」をまとめた。

「『スマホ脳』ハンセン先生の特別授業」と副題に据えた本書は「スマホ脳」を執筆した精神科医の著者が脳の能力を高めるために心がけることや、脳の発するサインで気をつけるべきことなどを紹介している。

本書は、立命館大学情報理工学部の教授として、AIの研究をしている著者が執筆している。

そのことを本書はひもといている。

その現場で本書により深めた知見を生かしている。 ... だから本書によって実践していた仕組みの効果が学術的に裏付けられたようでうれしかった。

本書は「発酵、蒸留に秘められた日本人の知恵と技」を副題に据えた。

本書は都会と過疎地域の双方で暮らした経験を持つ著者が、過疎地域の持つ問題点や閉鎖性などを指摘し、文化面や保守性などについて分析。

新刊/三中信宏著『読書とは何か』 (2022/4/4 books)

本書は「知を捕らえる15の技術」を副題に据えた。

本書は同社の創業家である松田家の歴代経営者の生涯をたどりながら、同社が深く関わってきたプロ野球球団の広島東洋カープの歩みを合わせて描いた産業史となっている。

本書は副題に「孤独をたのしむ。」

そんな思いを本書で訴えたかった」 ―もうひとつの執筆動機である中国の見方については。

本書は、生き方や学問など六つのテーマにわたり、ドイツの哲学者であるヘーゲルが、弁証法を軸にどう考え抜いたかを説いた。

本書にはリーダーとして約600人の研究メンバーを束ね、ミッションを成功につなげた秘訣(ひけつ)が書かれている。

本書は、人材育成トレーナーや経営コンサルタントとして活動する著者がまとめた。

経済などの利害を超えて、本書が人間としてのかかわりをあらためて考える助けになればと思う」(名取貴) ◇中尾元(なかお・げん)氏 追手門学院大学...

本書は最近の半導体をめぐる動向から、半導体の基礎知識、日本の半導体産業が停滞した理由などを紹介しながら、タイトルの通り、復権への道を探る。

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる