電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

50件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

これらの成果はリチウム電池材料のみならず、他のイオン伝導体物質にも適用できる。 電池の全固体化や動作温度の適正化へ向けた新たなイオン伝導体の材料開発はまだ途上だ。... (火...

その結果、製造過程での分散などの各プロセスで生じるCNTの長さの変化を計測し、それが材料物性に与える影響を迅速に定量できるようになった。 ... これによって、従来の手法では分からな...

プロテリアル材料科学財団、理研研究員ら助成 (2023/12/20 素材・建設・環境・エネルギー2)

プロテリアル材料科学財団は材料分野の若手研究者に対する助成事業で、2023年度(第38回)の助成対象を、理化学研究所開拓研究本部の横田泰之専任研究員ら13人に決めた。助成総額は1375...

物質・材料研究機構の宇都甲一郎独立研究者と荏原充宏グループリーダーらは、3次元(3D)プリンターで形状記憶樹脂を造形し、狭窄血管を広げるステントを作製した。... ステントの編み目構造...

さらにこの方法は、物質・材料科学全体にも大きな変革をもたらす可能性を秘める。... 現在は第一原理計算と機械学習を駆使し、大型計算機による材料物性の高精度シミュレーションに携わる。核燃料やセメント・粘...

新役員/住友金属鉱山 執行役員・松下博彦氏ほか (2023/7/4 素材・建設・環境・エネルギー1)

■執行役員金属事業本部副本部長 服部靖匡氏 【横顔】大学院では材料物性学を専攻。入社後は製錬、材料で研究開発とモノづくりに携わり、湿式製錬、乾式製錬の工場長を歴任した。

ここでは、熱電素子の物性を評価する技術を紹介する。 ... 例えば、ビスマス(Bi)製のナノワイヤ熱電素子の詳細な物性を評価するために、集束イオンビームによる最先端ナ...

ユニソク 液体ヘリウムフリー極低温走査プローブ顕微鏡 ユニソク(大阪府枚方市、宮武優社長)は、最先端材料の研究に使う走査型プローブ顕微鏡(SPM...

ビッグデータ補完、代替可能な物性探る 実験の自動化が進んだとしても、生命科学や材料分野は実験のコストが高い。... 電子工学や固体物理、材料力学などの領域をまたいで物性同士の因果関係...

【松山】マルヤス(愛媛県新居浜市、野村俊夫社長)は、樹脂フィルムのロス材料を再資源化するペレット再生装置「ecoペレGP2」を発売した。非加熱再生方式であるため材料...

材料開発におけるMI研究では、一般的に材料組成や加工プロセスの条件から材料物性を機械学習で予測することで、材料開発を加速することができる。一方、プロセス加工後の構造が材料物性に強く影響する場合は、材料...

再生プラも物性表があれば対応する。 円滑にマッチングするため、主要メーカーを網羅した8000グレード超のプラスチックの材料物性データベース(DB)を活用する。同DBと...

「使われてこそ材料」。物質・材料研究機構(NIMS)が掲げるこの理念に照らすと、信頼性や設計自由度の高いリチウムイオン電池を実現するために必須である固体電解質は、長...

NIMSなど、材料物性を高精度予測 AI使い新技術 (2021/10/26 素材・医療・ヘルスケア2)

物質・材料研究機構(NIMS)と化学大手4社は25日、最少の実験回数で材料物性の高い予測精度を実現する汎用的人工知能(AI)技術を開発したと発表した。... NIMSな...

CTC、材料開発にAI 素材候補、数秒で物性予測 (2021/7/29 電機・電子部品・情報・通信2)

材料解析シミュレーション(計算科学データ)と機械学習、ニューラルネットワーク(人工神経回路網)などのAI技術を組み合わせて材料物性の予測モデルを構築し、効率的な材料開発...

サイバネットシステム、材料試験所と提携 (2021/6/3 電機・電子部品・情報・通信2)

金属、複合材料の材料物性データを作成し、高精度なシミュレーションを実現するサービスを提供する。今後はサイバネットが販売する材料情報管理基盤「アンシス・グランタ」を用いた顧客専用の材料データベースの構築...

ブレーキ機構は、材料を押し付けたり、離したりして機械的に摩擦力の増減を行うが、材料本来の物性は変化させていない。 何らかの方法で材料物性を瞬時に変化させられれば、全く新しい摩擦制御の...

それらの材料物性と成形や金型についての基礎技術を解説し、最新の活用事例も紹介する。 ... それに対する基礎技術をそれぞれの材料の専門家が解説している。... 省エネルギーや環境対策...

天田財団、今年度後期の助成テーマ35件(上) (2020/2/25 機械・ロボット・航空機1)

(敬称略) 【国際会議等準備および開催助成(レーザプロセッシング)】▽慶応義塾大学理工学部電子工学科教授田邉孝純「慶応義塾大学」 【...

「コネクターは材料物性値の解析、ウエアラブルは当社技術と東大の知見を組み合わせたモックアップの作成と実証、HMIは東大の設備内におけるゴルフカートを活用した実証を目指している」 【チ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン