735件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

2019年の第46回東京モーターショーではブースが設けられ、多方面から注目を集めた。

19年秋の東京モーターショーで披露されたコンセプトカーに、アルミニウム管にCNFを巻き付けた2層構造のルーフサイドレールが搭載された実績を持つ。

20年度についても新型コロナウイルスの影響や東京モーターショーなどの大型イベントがないため、不透明感が漂う。

19年の「第46回東京モーターショー」で発表したFCトラックのコンセプトモデル「ビジョンF―セル」から小規模の改良だが、実用化に近づいた。

昨秋開かれた「第46回東京モーターショー」でコンセプトモデルを公開していた。

当連載の最初に、この変化に取り組むために、日本の東京モーターショー(TMS)とフランクフルトモーターショー(IAA)を組み合わせて、新しい世界的なモビリティーイベントを作るというマクロな視点からの提案...

「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)対応をどうするか、各社が迷っている様子がみえた東京モーターショーだった」と振り返るのは、INCJ(東京都千代田区)会長の志賀俊之さん。 ...

2019年の「第46回東京モーターショー」で発表したコンセプトモデルだ。

1967年(昭42)5月の発売から4年前、63年10月の全日本自動車ショー(現東京モーターショー)の会場に松田恒次社長が試作車に乗って広島から駆けつけ、話題となった。

また、新たな取り組みとして4輪車メーカーにも外販できる高出力の駆動モーターを開発中だ。... (昨年開催の)『東京モーターショー』に出品した前2輪後1輪の“転ばないバイク”も数年内に世に出せるところま...

e―フォースは前後に計二つのモーターを搭載する。... 日産は19年の「第46回東京モーターショー」で、e―フォースを搭載したEVのコンセプトカー「アリア」を世界初披露した。

19年の「東京モーターショー」で公開した電気自動車「MX―30」については、20年度上半期に宇品第1工場(広島市南区)で量産開始し、日本でも20年度内に発売することを明らかにした。

東京五輪・パラリンピックは日本の自動車関連技術を世界にアピールする絶好の機会となりそうだ。... 1964年の東京五輪以来、国内で開かれた全ての大会に車両を提供してきた。... ト...

令和も多彩 国内新型車 (2020/1/3 自動車)

ホンダ 小型車「フィット」 2モーター式HV ホンダは主力小型車「フィット」を6年ぶりに全面改良して2月に発売する。HVモデルには、2モーター式システムをホンダの小型車として初めて搭...

レンズ越しに見た産業界の1年 (2019/12/27 産業界今年の一枚)

日本中の人々が2020東京五輪・パラリンピックや、新しい時代に夢と期待に胸を膨らませた年でもあった。... 久美子夫人(右)と仲睦まじくリチウムイオン電池の模型を手に笑みを浮かべた(10月10日)&#...

(総合1参照) ◇   ◇ 来場者130万人を達成した「第46回東京モーターショー」について振り返り「異業種との連携で新たな客層にアプローチできた」と総括し、2年後...

システムは「青空ワイヤレスチャージングシステム」の名称で、2019年10―11月の東京モーターショーで初公開した。

その象徴的な事例が、トヨタ紡織が今年の東京モーターショーで発表した次世代車室空間「MX191」だ。

NOKとグループ会社の日本メクトロン(東京都港区)が、触覚技術の開発を進めている。... まず10―11月に開催した「第46回東京モーターショー」に出展。... 3原触グローブは18―21日に東京ビッ...

DX 変革を迫られる日本の産業(中)自動車の新たな事業機会 (2019/11/20 電機・電子部品・情報・通信2)

米国で開催された世界有数の技術展示会である「CES2019」や、先日開催された「東京モーターショー2019」では、サービスを意識した箱型の電動車両が多く展示され、そのコンセプトが示された。 &...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる