78件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

(第3水曜日に掲載) ◇東京大学大学院教授 松原仁 86年東大大学院博士課程修了。... 電子技術総合研究所、公立はこだて未来大学を経て20年から東京大学大学院情報...

設立当初は社長を務めていたが、現在は取締役会長である(現職の東京大学が社長の兼業を認めてくれないのである)。... (第3水曜日に掲載) ◇東京大学大学院教授 松原仁 ...

東京大学大学院情報理工学系研究科は、新型コロナウイルス禍の教訓を得て、もとのシステムに戻さず、新たな重要業績評価指標(KPI)を導入すべきなどとする“ポスト・コロナ”の情報化社会に向けた提言を公表した...

挑む スマート農業(2)画像認識、AI学習に工夫 (2020/4/7 機械・ロボット・航空機2)

東京大学大学院情報理工学系研究科の深尾隆則教授は、立命館大学客員教授として、フクハラファーム(滋賀県彦根市)でスマート農業の実証実験を進める。専門分野は農業ではなく、自動車の自動運転技術などの研究だ。...

挑む スマート農業(1)入り交じる期待と不安 (2020/4/6 機械・ロボット・航空機2)

(7回連載) 大規模農場で経営するフクハラファーム(滋賀県彦根市)は、立命館大学理工学部の深尾隆則教授(現東京大学大学院情報理工学系研究科教授)と組み、キャベツ自動収穫の実証実験を2...

東京大学大学院情報理工学系研究科は、2020年度の修士課程入学定員を前年度比5割増とした。... 東大情報理工学系研究科の修士1学年の定員は従来158人だった。... 東大など「8大学情報系研究科長会...

東京大学大学院情報理工学系研究科の中村仁彦研究室とNTTドコモは、特殊な装置やスーツを用いずにカメラ映像だけから複数の人の動きをデジタル化するモーションキャプチャー技術を開発した。... カメラ映像だ...

東京大学大学院情報理工学系研究科は4日、情報科学技術の教育・研究を産学連携で進める新組織を2020年度に立ち上げると発表した。... 新組織「UMP―JUST」は文部科学省が進める「卓越大学院プログラ...

機械学会、16日に仮想技術活用設計の講習会 (2019/12/4 機械・航空機 1)

日本機械学会は16日10時から東京・京橋のAP東京八重洲で「VE/VRを用いた設計・開発・ものづくりの新しい検討手法の紹介」を開く。東京大学大学院情報理工学系研究科の広瀬通孝教授などが3次元(3D)デ...

東芝、AI技術者2.7倍に増強 (2019/11/8 電機・電子部品・情報・通信1)

東京大学大学院情報理工学系研究科と共同開発した教育プログラムを12月から導入し、育成を急ぐ。

でも研究が進むにつれ、人のさりげない行動がいかにたくさんの機能によって成り立っているのかが分かってきた」 ―足りない要素は何ですか。 ... それがロボットとともに...

東京大学大学院情報理工学系研究科の山崎俊彦准教授や相沢清晴教授らは、人工知能(AI)技術を利用し、広告の画像や言語の特徴などのデータから広告配信前に高精度に広告効果を予測する技術を開発した。業種情報や...

東京大学のほか、大日本印刷、電通、JTBなど8社の協力の下、コンソーシアムへの参加企業を募集する。... 街における活動関連データの活用プロジェクトは、東京大学大学院情報理工学系研究科山崎研究室と実施...

調査企業の選定や調査方針の検討にあたり、有識者や情報関連企業などで構成する委員会を設けた。... 一方、同技術活用の効果に関する情報が少なく、普及は進んでいない。... 有識者検討委員会の委員長を務め...

三菱UFJニコスは三菱電機インフォメーションシステムズ(東京都港区)や東京大学大学院情報理工学系研究科などと共同で、個人認証技術「ライフスタイル認証」を活用した決済サービスの実証実験を始めた。スマート...

菱電商事、アセンブローグに出資 個人生活録技術を拡販 (2019/7/8 電機・電子部品・情報・通信)

菱電商事はアセンブローグ(東京都千代田区)が実施する第三者割当増資を8日に引き受ける。... 菱電商事が個人情報の保護に関する企業に出資するのは初めて。 ... PLRはアセンブロー...

高速ライン、“電子の目”で異物検知 NECと東大が認識技術 (2019/3/28 電機・電子部品・情報・通信2)

NECは、東京大学大学院情報理工学系研究科の石川正俊教授室・妹尾拓講師らの研究グループと共同で、高速で動く製造ラインでの外観検査や異物検知を瞬時に行う物体認識技術を開発した。... NECは「高速カメ...

東京大学大学院情報理工学系研究科は10日、三菱UFJニコス(東京都千代田区)と凸版印刷、三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS、東京都港区)、日立製作所の4社と共同で、生活者の行動データをもと...

東京大学大学院情報理工学系研究科の小山佳祐特任助教は、高速・高感度に検出できる近接覚センサーを開発した。... 反射波の位相情報から素子と対象の距離や傾きを求める。

奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科の太田淳教授と東京大学大学院情報理工学系研究科の石川正俊教授らは、使用者が自分で目の奥を撮影できる小型カメラシステムを開発した。

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる