電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

668件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

深層断面/地域中核・特色大始動 (2024/2/26 深層断面)

7大学とは北海道大学、千葉大、東京農工大学、金沢大学、神戸大学、岡山大学、広島大学のことだ。 ... 東京農工大近接2校と連携 ...

アイガモロボで除草回数58%減 井関など実証 (2024/1/25 機械・ロボット・航空機1)

井関農機は農業・食品産業技術総合研究機構、有機米デザイン(東京都小金井市)、東京農工大学と共同で、水田用抑草ロボット「アイガモロボ=写真」の抑草効果を実証し...

ソーラーシェアなど活用 先進技術、国内外で社会実装 東京農工大学は電気通信大学、東京外国語大学と、食とエネルギーの資源循環の先進技術を国内外で社会実装する...

東北工業大学の柴田憲治教授は東京大学、東北大学などと共同で、半導体コロイド量子ドット1個を使った単一電子トランジスタを作製し、電気伝導の詳細な評価と制御を行った。... 東京農工大学、理化学研究所と連...

慶応義塾大学の尾上弘晃教授と遠山周吾専任講師、東京農工大学の倉科佑太准教授らは、心筋細胞への薬物評価基盤技術を開発した。... 詳細は12月15日に東京国際フォーラム(東京都千代田区)...

医薬・化粧品に生かす 東京農工大学は大学の基本特許をオープンにし、用途別の知的財産をクローズにする産学共同研究の「オープン―クローズ戦略」を進める。... 東京農工大の三沢和彦教授ら...

PEAKS、7大学で「知」を収益化 実証事例まとめ (2023/11/16 科学技術・大学2)

内閣府委託事業の大学支援フォーラム(PEAKS)は、日本型大学成長モデルに向けた実証事業を、会員である七つの大規模大学で実施した。... 東京大学におけるリカレント教育や、京都大学にお...

北越パッケージ、農工大祭に高機能紙容器を提供 (2023/11/7 素材・建設・環境・エネルギー)

北越パッケージ(東京都中央区、川島嘉則社長)は、高いバリアー性を持つ食品用高機能紙容器「ハロパック=写真」を東京農工大学府中キャンパス(同府中市)で10―12日...

東京農工大学とBPキャピタル(東京都中央区、松多洋一郎社長)などは、国立大学発スタートアップ(SU)向け民間ファンドを核としたエネルギー・食料に関す...

東京外国語大学と東京農工大学、電気通信大学が共同で実施する標準化教育の取り組みなどを評価した。 表彰式と記念シンポジウムを17日11時から都市センターホテル(東京都千代田区&...

東京農工大学の熊谷義直教授らは大陽日酸と共同で、次世代パワー半導体向け材料として期待される高純度のβ型酸化ガリウム結晶の高速成長を、有機金属気相エピタキシャル成長(MOVP...

広がる「大学SDGs」 教育×社会貢献の変革期待 (2023/10/5 科学技術・大学2)

私立の総合大学は学生の関心に合わせた幅広い課外活動を行う。... (編集委員・山本佳世子) 東洋大学はSDGsに積極的な大学の一つだ。... 電気通信大学と東京農工大...

「他大学の学生と議論することは本当に刺激的。... 東京農工大学、東京外国語大学との大学院「共同サステイナビリティ研究専攻」を運営する中で、文系学生に「データ解析など副指導する」ケ...

東京農工大学の滝口創太郎大学院生と川野竜司教授らは鹿児島大学、東北大学と共同で、薄膜上の微細孔「ナノポア」を用いて、口腔がんマーカーとなるマイクロRNA(miRNA)の発現上昇と減少を...

農業と発電両立目指す 出光・東京農工大、千葉で実証 (2023/9/14 素材・建設・環境・エネルギー1)

自動追尾式、パネル下収穫量向上 出光興産は東京農工大学と、農業と発電を両立させる「次世代営農型太陽光発電」の共同研究を始めた。... 東京農工大は東京都府中市内に2ヘクタールの付属水...

「説明会で多数の質問をしたことで、幹部の目に止まり担当になってしまった」と振り返るのは、東京農工大学大学院教授の香取浩子さん。... 同専攻は電気通信大学、東京外国語大学と共同で運...

そんな切り口で2019年度にスタートしたのが、電気通信大学と東京農工大学、東京外国語大学で設置した大学院博士後期課程「共同サステイナビリティ研究専攻」だ。... 東京農工大の香取浩子教授は「課題解決に...

凸版・東京農工大、複数ロボの行動最適化 物流向けAI研究 (2023/8/30 電機・電子部品・情報・通信1)

凸版印刷は東京農工大学と共同で複数のロボットの行動を最適化するアルゴリズム(計算手順)に関する研究を始めた。... 東京農工大の藤田桂英准教授の研究室と共同研究する。

文理共同、発足4年で成果 東京外国語大学、東京農工大学、電気通信大学による大学院「共同サステイナビリティ研究専攻」は発足4年超で中国、イラク、日本の3人が博士号を取得し、実績を出し始...

ホソカワ粉体工学振興財団(大阪府枚方市、細川悦男理事長)は、9月4日に東京ガーデンパレス(東京都文京区)で「粉体工学に関する講演討論会」を開く。55回目の今回は「持続可...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン