1,501件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

東北大病院が持つ96検体分のゲノム解析情報データ(約3・1テラバイト〈テラは1兆〉)と、模擬オンライン会議データ(約1・4ギガバイト〈ギガは10億〉)をそれぞれ暗号化して伝送した。

東北大学大学院工学研究科・高等研究機構新領域創成部の好田誠准教授らの研究グループは、ニュージーランドのヴィクトリア大学ウェリントンと共同で、次世代の情報担体として期待されている半導体の「スピン波」が、...

(梶原洵子) 【略歴】さくらい・えりこ 87年(昭62)東北大院文学研究科博士課程前期修了、同年米ダウコーニングコーポレーション入社。

◆人事教育局長 菅原隆拓氏(すがわら・たかひろ)88年(昭63)東北大法卒、同年防衛庁(現防衛省)入庁。

東北大国際放射光イノベーション・スマート研究センターや同大大学院農学研究科などが持つ放射光技術とナノバブル技術に関する知見と、ポエックが持つオゾンガスとオゾン水製造技術を融合する。

新役員/東邦ガス 執行役員・山本宣雄氏ほか (2020/7/29 建設・生活・環境・エネルギー2)

【略歴】こざわ・かつひこ=89年(平元)東北大文卒、同年東邦ガス入社。

東北大学と三菱電機、京都大学の研究グループは、毎時1キロシーベルト程度の超高線量環境での線量計測を実現した。東京電力福島第一原子力発電所の廃炉を迅速化できる。光ファイバーと新規材料...

【電子版】先週の注目記事は? (2020/7/21 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(7/13~7/19) 1位 中国のマスク業者、年内で95%が破綻 供給過多・価格急落… 2位 富士ゼロックス、...

東北大学災害科学国際研究所のエリック・マス准教授と越村俊一教授らは、人工知能(AI)を利用し被災地の洪水浸水域を推定する技術を開発した。2018年夏の西日本豪雨の際の被災地の衛星観測データを機械学習し...

東京工業大学物質理工学院応用化学系の相馬拓人助教と大友明教授は、東北大学多元物質科学研究所の吉松公平講師と共同で、低温で超電導体になる層状ニオブ酸リチウムが、常温では優れたp型透明導電体になることを突...

東北大学電気通信研究機構の吉田真人准教授と中沢正隆特任教授の研究チームは、波長分割多重伝送の採用で、通信速度が従来比100倍となる毎秒10テラビット(テラは1兆)超で秘匿性の高いデータ伝送を可能とした...

東北大学金属材料研究所と高知工科大学の研究グループは、コバルトと酸化マグネシウムからなる材料で、熱電変換効率を大幅に高められることを発見した。酸化マグネシウムの添加量を調整するだけで、熱電変換効率を自...

材料の探索にあたり、東北大などが磁気熱電効果を自動計算するハイスループット計算手法を開発し、理論値をデータベース化。

東北大が開発してきた航空機用複合材料・構造のシミュレーション技術やスパコンの高速化技術、NECのスパコンを組み合わせ、航空機用CFRPの材料開発をデジタル上で行えるシステムを開発する。

【ダウ・ケミカル日本】桜井恵理子氏(さくらい・えりこ)87年(昭62)東北大院文学研究科博士課程前期修了、同年米ダウ・コーニング入社。

東北大学の山本俊介助教は英ケンブリッジ大学と共同で、脳の神経回路網に似た動作を示す電子素子「神経模倣素子」を作製し、従来比5倍の高速で動作させることに成功した。高分子を用いた同素子の応答速度を自在に制...

NEC、実装密度倍増のベクトル型スパコン 東北大から受注 (2020/6/30 電機・電子部品・情報・通信1)

NECは29日、ベクトル型スーパーコンピューター「SXオーロラ・ツバサ」において、従来機と比べて実装密度を倍増したデータセンター(DC)向け新モデル「SXオーロラ・ツバサB401―8=写真」を発売する...

同部門の教授に東北大の埜上(のがみ)洋教授、客員教授にはJFEの三木祐司スチール研究所主席研究員がそれぞれ就いた。 東北大の数理解析技術、JFEの高温工程の技術を融合し、今後、鉄鋼製...

住友金属鉱山の新規事業創出と東北大の研究成果の実用化を目的に、両者の研究開発力を結集。... 「幅広く未来の姿を議論した上で、東北大と当社の理念と強みを生かして共創する分野として『エネルギー』分野を選...

【略歴】わたなべ・いくお 82年(昭57)東北大院工学研究科修了、同年国鉄入社。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる