37件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

東北大学大学院理学研究科の若林裕助教授らは、錆が進行する「赤錆」を食い止める黒錆の形成の仕組みを明らかにした。... 研究グループは、大型放射光施設「スプリング8」のX線を利用。... 東京工業大学と...

大会見守りまで「やり切る」 (総合1から続く) 東北大学大学院理学研究科物理学専攻を修了しました。... 研究では考える過程を大切にし、ストーリ...

新たな物理現象の発見に世界中の研究者がこの分野に参入、一大ブームとなり、スピンカロリトロニクスは世界中で研究される学際領域へと瞬く間に成長した。 ... (水曜日に掲載) &...

被ばく線量、歯で測定 東北大が新手法 (2018/9/14 科学技術・大学)

福島第一原発の被害究明に期待 東北大学大学院理学研究科の岡寿崇助教と東北大病院の高橋温助教らは、抜歯した歯を使ってわずかな被ばく線量を測る技術を開発した。... 放射線環境下での生態...

天の川、2段階で誕生 東北大が過程解明 (2018/7/26 科学技術・大学)

東北大学大学院理学研究科の野口正史准教授は、太陽系を含む天の川銀河が2段階の異なる形成過程を経て作られたことを明らかにした。

東北大学大学院理学研究科地震・噴火予知研究観測センターの趙大鵬教授らは、2011年の東日本大震災をもたらした東北地方太平洋沖地震の発生メカニズムを解明した。... 同地震のメカニズムはまだよく分かって...

東京工業大学理学院の中島淳一教授と東北大学大学院理学研究科の内田直希准教授は、断層面がゆっくりとすべる「スロースリップ」により、プレート境界にある水が動くことを初めて示した。

東北大学大学院理学研究科の海保邦夫教授と気象研究所の大島長主任研究官らは、直径10キロメートル程度の小惑星が地球へ衝突した場合、動物の大量絶滅が起きる確率は10%程度に過ぎないことを明らかにした。

東北大学大学院理学研究科は9月16日13時半から青葉山北キャンパス(仙台市青葉区)で公開講座「地震はなぜ起きるのか?」... 同大の松澤暢地震・噴火予知研究観測センター長、長谷川昭名誉教授が講演する。...

東北大学大学院理学研究科付属地震・噴火予知研究観測センターは23日14時半から東北大学川内北キャンパス(仙台市青葉区)で、同大の長谷川昭名誉教授による講演会「沈み込み帯物理学の構築と新展開」を開く。優...

東北大学大学院理学研究科の平山祥郎教授、長瀬勝美助手らは、中国吉林大学、米オクラホマ大学と共同で、2次元構造に閉じ込められた電子に垂直に磁場をかけて冷やすと、電流方向の電気抵抗がゼロになり、直行方向の...

所員にはそういった記録に日ごろから関心を持ってほしいと話している」 【略歴】おばら・かずしげ 85年(昭60)東北大学大学院理学研究科博士課程前期地球物理学専攻修...

東北大学大学院理学研究科、東北大学学際科学フロンティア研究所は高校生向け天文学体験イベント「もしも君が杜の都で天文学者になったら。。。」... 同大学や仙台市天文台(仙台市青葉区)で、12月22―28...

物質・材料研究機構環境・エネルギー材料部門ジオ機能材料グループの佐久間博主任研究員らは、地下10キロ―70キロメートル程度の高温・高圧環境における塩水の電気の流れやすさ(電気伝導度)を理論で導くことに...

東京工業大学大学院理工学研究科の深谷亮産学官連携研究員(現高エネルギー加速器研究機構特任助教)らの研究チームは、東北大学大学院理学研究科の石原純夫教授らと共同で、銅酸化物超電導体中の電気の流れをレーザ...

それが意味するのは、我々は今をむさぼるのではなく、未来に信頼を置く社会をつくっているということだ」(村山茂樹) 安田喜憲(やすだ・よしのり)氏  ...

東北大学大学院理学研究科の古川善博助教らは、生命誕生前の地球の海洋に隕石(いんせき)が衝突するという模擬実験を行い、DNAやたんぱく質などの材料となる分子が作られることを明らかにした。... 物質・材...

東北大学大学院理学研究科の松原正和准教授らは、新型の多機能電子素材である「マルチフェロイック物質」において、新しい電子機能の制御法を開発した。... 青山学院大学理工学部の望月維人准教授、大阪大学大学...

【技術を商業化】 石井は東北大学大学院理学研究科を出た後、技術商社へ就職した。... 【多くのアイデア】 04年、東北大学大学院工学研究科技術社会システム専攻に入学...

東北大学大学院理学研究科化学専攻は磯部寛之教授と河野裕彦教授らは、ナノサイズ(ナノは10億分の1)の分子がコマのように回転する仕組みを解明した。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる