70件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

緊急地震速報の情報を5カ国語(中国語の繁体字と簡体字を含む)で表示する。 ... 国内では気候変動による豪雨や台風などの災害が増加し、東南海地震の危険性も叫ばれている。

東南海地震など巨大地震に備えた事業継続計画(BCP)の拠点とする。... 巨大地震の発生で本社工場が操業不能となった場合に備え、地震発生リスクが比較的低い長崎県に技術・設計・生産機能を分散させる。&#...

南海トラフの巨大地震を引き起こすプレート境界断層を初めて掘削するため、海洋研究開発機構の探査船「ちきゅう」(約5万7000トン)が10日、静岡市・清水港を出港した。... 南海トラフでは陸側プレートの...

研究グループは、関東から九州までの1000キロメートルの領域について、地下を地震波が伝わる速度「地震波速度」の変化を検出する「地震波トモグラフィ」という方法で地下を可視化。... 深部低周波地震が発生...

海洋研究開発機構・地震津波海域観測研究開発センターの荒木英一郎主任技術研究員らは、4月に三重県南東沖で発生した地震の規模を示すマグニチュード(M)6の地震について、南海トラフの東南海地震の想定震源域と...

海洋研究開発機構、東南海地震予測を高度化 (2016/7/22 科学技術・大学)

海洋研究開発機構は地震動や地殻変動の観測用として紀伊半島沖の海底に設置されている「長期孔内観測装置」を、同半島沖の海域で展開・運用している地震・津波観測監視システム「DONET」に接続した。... 紀...

産業春秋/地震予知  (2015/12/8 総合1)

地震は予知できる? ... 予知は超常能力の範ちゅうで語られることもあるが、東海・東南海地震の発生が確実視される中で、科学的な予知方法の確立は急務といえる▼ただ気象庁、学会などの大勢は「予知は不可能」...

すぐ採用できる技術もあれば、近い将来や遠い未来につながるアイデアもある」 ―生産拠点が集積する静岡県は東海・東南海地震の発生が予測されます。

海洋研究開発機構、名古屋大学減災連携研究センター、文部科学省は7日13時から名古屋市千種区の名古屋大学減災館で、南海トラフ広域地震防災研究プロジェクトシンポジウム「昭和東南海地震から70年―次の地震へ...

海洋研究開発機構は10日、三重県尾鷲市から紀伊半島沖合まで敷設されている地震・津波観測監視システム「DONET(ドゥーネット)」による観測情報の活用について、同市および中部電力と協定を結んだと発表した...

東南海地震などの災害に備え、自家発電システムや自家給油スタンドを設置し、発光ダイオード(LED)照明も用いた。

南海トラフでの大地震が懸念される中、物流網の整備はそのまま減災に直結する。 ... 「東日本大震災以降に東南海地震などのリスクが再確認され、事業継続計画(BCP)...

医療産業の育成は成果もあり「仕掛けはできている」 静岡県は東海・東南海地震のリスクを抱える。

東南海地震を想定して堤防を強化し、5・8メートルの津波に耐えられる。

三河港は東海・東南海地震が発生した時に大きな被害を受ける恐れがある。

南海地震や東南海地震の発生も想定し、津波などで大阪府内の既存施設と同時に被災しない場所に立地しているという。

海洋研究開発機構は、東南海地震の想定震源域である紀伊半島沖熊野灘の海底下の掘削孔に設置した長期孔内観測装置を、同海域で運用している海底ケーブル観測網に接続してリアルタイムで観測データを受信することに成...

名古屋支店管轄の地域には自動車関連産業などが集積し、東海・東南海地震による災害リスクの高まりを背景に新築・改修を問わずエネルギーの自立性確保や節電、防災機能強化などの顧客ニーズが強まっている。

震度6強の地震に耐えられるように設計。大阪で危険視される上町断層帯の活動や東南海地震、南海地震を想定して構造設計を実施。

もし東海・東南海地震が発生すれば、事業に与える打撃は大きい。 ... チームでは大地震発生時の製品供給プランを策定する。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる