185件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

これまで企業は施設の建設や改修の工事、市町村から委託を受けた運転・維持・保守業務の範囲で携わってきた。... 同市に11ある下水道処理区で最大の西遠処理区の浄化センターと中継ポンプ場2カ所の運営を、J...

東急建など、低周波用防音パネル軽量化 加圧膜使い6分の1 (2021/7/7 建設・生活・環境・エネルギー2)

東急建設は旭機工(東京都豊島区)、松陽産業(大阪市中央区)と、軽量な低周波音用防音パネル「(仮称)低周波音用・軽量防音パネル」を共同開発した。... 用途は、トンネル発破掘削工事の防音扉や防音シェルタ...

工事生産性30%向上、設計図書BIM化 東急建が導入 (2021/6/10 建設・生活・環境・エネルギー2)

東急建設は建築工事のビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)活用を推進するため、工事着工前に作成した「BIMファーストモデル」を全作業所に導入する。

東急建設は9日、旭コンクリート工業(東京都中央区)と大型ボックスカルバート(箱状のコンクリート構造物)を、部分的にプレキャスト(PCa)部材に置き換える工法「PPCa ボックスカルバート」を開発したと...

東急建、全新規工事に再エネ電力 (2021/6/1 建設・生活・環境・エネルギー2)

東急建設は新規着工する全工事に100%再生可能エネルギー由来の電力(再生エネ電力)を使用する。

外壁下地をユニット化 東急建が新工法、品質確保・生産性向上 (2021/4/29 建設・生活・環境・エネルギー)

東急建設は28日、大規模建物で外壁の下地となる胴縁材を高い精度でユニット化する「外装下地ユニット工法」を開発したと発表した。

経営ひと言/東急建設・寺田光宏社長「恐れず挑戦」 (2021/4/15 建設・生活・環境・エネルギー2)

東急建設社長の寺田光宏さんは新入社員にこう期待する。

長引く混乱、一時撤退やむなし 国内建設業がミャンマー事業の縮小を迫られている。... 東急建設は作業員や資機材の確保が難しく、施工中のミャンマー国鉄ヤンゴン―マンダレー線改良工事が徐...

東急建、全電力を再生エネ化 (2021/4/7 建設・生活・環境・エネルギー2)

東急建設は2030年までに事業活動で使う全電力を100%再生可能エネルギーに転換することを掲げた新たな企業ビジョン「VISION2030」を策定し、国際的な環境イニシアチブ「RE100」に加盟した。

東急建など、災害時にビル一括支援 建物診断や交通情報提供 (2021/4/5 建設・生活・環境・エネルギー)

東急建設など東急グループ4社は、共同開発したビル所有者や施設管理者向け災害対策・事業継続ソリューションサービス「Dr.BC・プッシュ」を、東急グループの複合商業施設、渋谷ヒカリエ(東京都渋谷区)で運用...

東急建、外壁被覆改修システム改良 意匠性・省エネ両立 (2021/4/1 建設・生活・環境・エネルギー2)

東急建設は乾式外壁被覆改修システム「プラスリム工法」を改良し、外断熱仕様と薄型大判タイルへの対応を実現した。... 同工法は東急建設、ニチアスセムクリート(東京都中央区)などが共同開発した。 ...

AI支援で品質確保 東急建など、シールドマシン操作システム開発 (2021/3/31 建設・生活・環境・エネルギー2)

東急建設はAutomagi(東京都新宿区)、協立電機(静岡市駿河区)と共同で、シールドマシンの操作を人工知能(AI)で支援する「シールドマシンAI掘進システム」を開発した。

東急建設はマック(千葉県市川市)、東宏(札幌市東区)と山岳トンネル工事の粉じん対策ツール「トンネル粉じん測定システム」を開発した。

東急建と世紀東急、高耐久コンクリ補修材開発 施工の手間省く (2021/3/18 建設・生活・環境・エネルギー2)

東急建設は世紀東急工業と道路のコンクリート舗装に発生するひび割れの補修材「クラック リペア」を共同開発した。

東急建設は28日、ベクトル総研(東京都渋谷区)と共同で、建設現場の土砂運搬作業を効率化する土砂運搬最適シミュレーターを開発したと発表した。... 土砂運搬最適シミュレーターは、建設現場の土砂運搬に特化...

トンネル内に通信環境 東急建、電力線活用し実証 (2021/1/20 建設・生活・環境・エネルギー2)

東急建設は高速電力線通信「HD―PLC」のマルチポップ通信方式を活用した実証実験で、全長1500メートルのトンネル内で良好な通信環境を構築した。... 今回、東急建設などは、豊川用水二期西部幹線併設水...

東急建・石坂産業、建設廃棄物の自動選別ロボ 画像解析技術活用 (2021/1/8 建設・生活・環境・エネルギー)

東急建設は7日、石坂産業(埼玉県三芳町)と建設副産物(廃棄物)を中間処理プラントで自動選別する「廃棄物選別ロボット」を開発したと発表した。... 特にさまざまな材料が混在する建設混合廃棄物の選別自動化...

東急建、トンネル掘削時の肌落ち検知 東京都市大と技術開発 (2020/12/23 建設・生活・環境・エネルギー1)

東急建設は東京都市大学と共同で、山岳トンネル掘削時の切羽で発生する岩片落下(肌落ち)を即時に検知する技術を開発した。

東急建設は2021年3月着工予定の複合ビル新築工事(イメージ、東京都中央区)に、国内建設業13社で構成するCELBIC研究会が10月に開発した低炭素型コンクリート「CELBIC」を初めて適用する。.....

▼は減点 ※EV(企業価値)は時価総額+ネット有利子負債額、FCはフリーキャッシュフロー ※非上場企業の安定性得点は該当する従業員規模、業種の回答上場企業の得点との...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる