電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

205件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

東急電鉄、駅の改修に地方木材 (2024/6/14 生活インフラ・医療・くらし2)

東急電鉄は駅などへの木材の活用を核に、森林資源の循環を促進する取り組み「ソーシャル・ウッド・プロジェクト」を始める。... 東急電鉄はこれまでに3駅で多摩産材を活用し、沿線住民の木材活用に関する意識の...

東急電鉄は鉄道事業の人材確保・定着のため、賃金や処遇の改善を進めている。... 人気の沿線を抱える東急電鉄も例外ではない。... これまでに東急電鉄は担い手不足に対応するため、運行...

既に東急電鉄でも採用され、全国の鉄道会社から問い合わせが来ている。

ニュース拡大鏡/東急、廃石膏を有効活用 固形土壌改良材に再生 (2024/5/30 生活インフラ・医療・くらし)

(梶原洵子) 最初のきっかけは、東急電鉄が2023年に駒沢大学駅周辺で実施した地域循環プロジェクトで、コーヒー粉をメタン発酵で液体肥料化したことだった。... これを...

タッチ決済乗車拡大 インバウンド対応、東急・京急が実証 (2024/5/16 生活インフラ・医療・くらし)

東急電鉄は15日からタッチ決済を使った後払い乗車の実証実験を開始。京浜急行電鉄は都営地下鉄と連携し、2024年内に実証実験を始める。... 東急電鉄は世田谷線を除く東急線全駅で、タッチ決済を使った後払...

東急電鉄、技術系中堅10%昇給 (2024/5/15 生活インフラ・医療・くらし2)

東急電鉄は中堅技術係員の月額賃金を従来比で最大10・8%引き上げた。

東急、大規模蓄電を導入 災害時BCP強化 (2024/4/24 生活インフラ・医療・くらし1)

東急電鉄は23日、田園都市線に電力を供給する市が尾変電所(横浜市青葉区)に大規模蓄電システムを設置すると発表した。... 親会社の東急、東急パワーサプライ(...

アジラ(東京都町田市、木村大介最高経営責任者〈CEO〉)は東急セキュリティ(東京都世田谷区)と、東急電鉄の駅で画像解析を使った警備オペレーションサービスを始める。東急電...

JR西日本不動産開発、川崎の不動産を取得 (2024/3/29 生活インフラ・医療・くらし2)

東急電鉄田園都市線梶が谷駅の徒歩圏内で利便性が高く、需要が見込めるとして所有権を取得した。

東急電鉄、キッズパスを通年販売 16日から (2024/3/15 生活インフラ・医療・くらし2)

東急電鉄は子ども向けに、土休日に100円で東急線が1日乗り放題となる乗車券「東急線キッズパス」の通年販売を16日から開始する。

「東急×新興」23年度共創、最優秀賞にフードリボン (2024/3/14 生活インフラ・医療・くらし)

東急はスタートアップ企業との事業共創を推進する「東急アライアンスプラットフォーム(TAP)」のイベント「2023年度DemoDay(デモデー)」を東...

東急、アジラと資本業務提携 施設にAI警備 (2024/3/7 生活インフラ・医療・くらし)

東急は独自の人工知能(AI)による映像解析や人の行動認識技術を持つアジラ(東京都町田市)と資本業務提携した。今後、東急グループ施設の防犯カメラにアジラの行動認識AIを組...

駅員の手合図をAI判別 東急電鉄など実証、ワンマン運転支援 (2024/2/2 生活インフラ・医療・くらし1)

東急電鉄とパナソニックコネクトは駅ホーム上の乗降監視カメラの映像を人工知能(AI)で解析し、ホームにいる駅係員の手合図を検出する実証実験を開始した。... 東急電鉄...

京急、再生エネ100%運行 4月から全線で (2024/2/2 生活インフラ・医療・くらし1)

通勤・出張のCO2ゼロ 京浜急行電鉄は4月1日から京急線全線で運行に使用する全電力を再生可能エネルギー由来の電力に置き換え、実質二酸化炭素(CO2)排出量ゼロで運行す...

つなぐ/鉄道技術の進化、再加速 コロナ後の成長へ布石 (2024/1/1 生活インフラ・医療・くらし1)

東急電鉄のクレカ乗車・2次元コード(QRコード)乗車サービス「Qスキップ」はひと味違う。... JR東の首都圏路線や東急電鉄、東京メトロなどは設置車両が大半。... 東急電鉄は、23年...

激動の経営/山口証券印刷(2)乗車券カラー化技術 (2023/12/22 中小・ベンチャー・中小政策)

当時両社は東急電鉄に、同カードを乗車券や記念乗車券として売り込んでいた。 ... そこで東急は乗車券を担当していた山口証券印刷に同カードのカラー印刷を依頼。... その後もルトランカ...

山本光学、東急電鉄と運転士用めがねの実証開始 (2023/12/22 生活インフラ・医療・くらし2)

山本光学(大阪府東大阪市、山本直之社長)は、東急電鉄と共同で運転士の視認性向上や疲労・ストレス軽減を目的とした「運行業務者用防護めがね」の実証実験を始めた。... 実証実験を経て、20...

東急電鉄と京浜急行電鉄のそれぞれの蒲田駅を接続する新空港線(蒲蒲線)も30年代後半の整備が計画され、アクセス性がさらに強化される見込みである。

西武鉄道、来年1月からCO2ゼロ運行 全線で再生エネ電力使用 (2023/11/8 生活インフラ・医療・くらし1)

全路線のCO2ゼロ運行は東急電鉄に次いで2例目。

ローカル5Gで映像送信 東急電鉄は住友商事と連携し、ローカル5G(第5世代通信)と人工知能(AI)を使い、鉄道の線路設備に異常がないかを確認する巡視業...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン