電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

106件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

三菱重工業、核融合炉向け追加受注 外側垂直ターゲット12基 (2024/5/23 機械・ロボット・航空機2)

三菱重工業は南フランスで建設中の核融合実験炉「ITER(イーター)」向けに、重要部品である「ダイバーター」の構成要素である外側垂直ターゲット12基の製作を量子科学技...

同社はレーザー核融合の商用炉開発を目指す大阪大学発スタートアップ。... レーザー核融合は高速で射出する燃料にレーザーを当て「爆縮」という反応を起こす必要がある。... この施設では実際に核融合反応を...

核融合反応に必要な高温のプラズマを強力な磁場で閉じ込める「ヘリカル型核融合炉」の研究開発を進める。... 核融合技術を応用し、持続可能なエネルギーの実現を目指す。 ... 核融合発電...

エクスフュージョン(大阪府吹田市、松尾一輝社長)は、今夏から浜松市の自社研究施設でレーザー核融合の実用化に向けた実験に乗り出す。... 核融合は重水素と三重水素を核...

無尽蔵のエネ生む未来技術 レーザー核融合は水素の同位体である重水素と三重水素を核融合反応させ、1グラムの燃料から石油8トン分に及ぶエネルギーを取り出せる技術。... レーザー核融合は...

核融合反応を起こすプラズマを維持できなければ反応が止まるため、制御は不要だ。核融合反応でも放射性物質は生じるが、原発と比べると低レベルで済む。 ... 核融合反応とは異なり、一度起こ...

高温超電導コイルは核融合炉の小型化に必要な技術。... 20年代後半には核融合反応を起こさず、各種機器の性能を確かめる実験装置の完成を目指す。... 超電導コイルは強力な磁場を生み出す機器で、核融合反...

日本大学で研究する磁場反転配位(FRC)型と筑波大学のタンデムミラー型の核融合方式の知見を使い、核融合発電の実現を目指す。また、重水素と三重水素(トリチウム)による一般...

核融合発電にとってトリチウムは重要だ。現在、多くの研究機関やスタートアップは重水素とトリチウムの核融合反応(D―T反応)による発電を目指している。... 将来は核融合炉を開発する企業へ...

レーザーの照射や熱の取り出しなど、レーザー核融合の原理実証を目指す。 ... まず10月から26年9月までをフェーズ1と位置づけ、核融合反応で生じたエネルギーを取り出す「ブランケット...

中性子が発生しないレーザーによる核融合(用語参照)反応を研究する。... 両者が取り組む研究テーマは、軽水素とホウ素の核融合反応(p―B11反応)など、中性子が出ない核...

NIFが初めて、投入したエネルギー以上のエネルギーを核融合反応で作り出すことに成功した。... 独自特許の高出力、高繰り返しのレーザーを使い核融合反応を起こし、発電することを目指す。... 用語...

核融合エネルギーの早期実現に向け、国際熱核融合実験炉(ITER)やQSTが整備する「JT―60SA」などのプロジェクトが進んでいる。... 核融合発電は重水素と三重水素の原子核をプラズ...

三菱重工、ITER向けTFコイルの最終号機を完成 (2023/8/28 機械・ロボット・航空機2)

三菱重工業はフランス南部で建設中の国際熱核融合実験炉「ITER(イーター)」向けに、世界最大級の超電導コイルであるトロイダル磁場(TF)コイルの最終...

30年代後半めど、社会実装促進 住友商事は英国の核融合エネルギー関連企業トカマク・エナジーと核融合発電の商用化に向けて協業する。... 住友商事は22年に出資した...

文部科学省は核融合発電の安全規制の枠組みについて、英国やカナダなどと議論を始めた。... 政府は4月に核融合の国家戦略を取りまとめた。... 核融合発電は重水素と三重水素の原子核をプラズマでぶつけて核...

核融合発電は、重水素と三重水素を1億度C以上の高温でプラズマ状態にして核融合反応を起こし、熱エネルギーを生み出して電気エネルギーに変換する仕組みである。... レーザー核融合では、重水素と三重水素を原...

検討するのは高温超電導コイルなど核融合炉の小型化につながる技術。... これまで核融合になじみのない研究者を巻き込み、核融合研究の裾野を広げたい考え。... 核融合発電は重水素と三重水素の原子核をプラ...

夢のエネルギー「核融合発電」の産業化に向け、43社・機関が参加する任意団体「核融合市場研究会」が始動した。... 核融合発電は重水素と三重水素の原子核をプラズマでぶつけて核融合反応を起こし、生じた熱を...

同社は核融合反応により生じた熱の取り出し、核融合炉の加熱装置など周辺装置、プラントエンジニアリングが主力だ。 多くの核融合スタートアップは核融合反応を起こすプラズマに注力する。......

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン