電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

114件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

核融合反応に必要な高温のプラズマを強力な磁場で閉じ込める「ヘリカル型核融合炉」の研究開発を進める。... ヘリカル型核融合炉の研究開発として、高温超電導導体とその技術を使った磁石の研究を進める。高温超...

日米で核融合発電の実証と商業化を加速させる。 日米で運営している核融合エネルギー調整委員会(CCFE)で連携活動を始める。協調して技術開発に取り組むほか、核融合炉のサ...

政府は核融合発電の安全規制の策定に着手する。... 原子力発電と異なる核融合発電の特性を踏まえ、安全確保の要件を検討する。... 米国では27年までに核融合炉を含む先進炉に関して、...

2022年設立のBLFは、自社開発の強力なレーザーを用いた核融合炉を30年に商用化することを目指している。... 同核融合炉は22年に米ローレンスリバモア国立研究所が実証実験に成功したことで関心が高ま...

高温超電導コイルは核融合炉の小型化に必要な技術。... 「国際熱核融合実験炉」(ITER)では、液体ヘリウムを冷却に使う「低温超電導コイル」を採用している。 ... ...

半導体再興へ 大学の最先端研究(9)SiCでLSI作製 (2024/2/8 科学技術・大学1)

SiC半導体は高温や高電圧、放射線に強く、宇宙探査機や原子力発電所、核融合炉など極限的な環境で使える。

東芝エネルギーシステムズ(川崎市幸区)やIHIなど核融合炉建設に関わる企業に加え、住友商事や日揮、NTT、三井住友海上火災保険など19社が名を連ねる。核融合との関わりが薄い業界からも参...

日本原子力研究開発機構では従来の核データを大幅に拡充し、革新炉や医療用加速器利用にも対応できるデータベースJENDL―5を開発した。 ... 核データとは中性子などの放射線と原子核の...

同日と28日の2日間にかけて開催し、ヘルスケアやレーザー核融合炉などのスタートアップ21社がピッチ形式で登壇。... 同行大阪法人第一部が事務局として主催し、関西の産学融合プロジェクト「関西イノベーシ...

そのため商用の核融合発電では、炉自身でトリチウムを増やす必要がある。... 将来は核融合炉を開発する企業への技術導入を目指す。... ただ核融合炉が本格的に立ち上がれば、重水炉由来のトリチウムだけで運...

那珂研究所(茨城県那珂市)にある最先端の核融合実験装置「JT―60SA」の見学などを通じて核融合分野の国際的なトップレベル人材の育成を目指す。... 核融合分野の世界トップレベルの研究...

文部科学省は核融合炉の小型化などに寄与する技術開発を支援するための有識者会議を立ち上げる。... 検討するのは高温超電導コイルなど核融合炉の小型化につながる技術。... これまで核融合になじみのない研...

日本は国際プロジェクト「国際熱核融合実験炉(イーター)」に参画するなど研究開発で先行する。... 「核融合炉に必要な部品を一国ですべて揃えられるのは日本だけだ」(政府関係者&#...

「核融合の実現はいつになるかは断言できない。... 一方で実用化すれば、エネルギー問題や産業界へのインパクトは大きい」 「KFは核融合炉を作るプレーヤーに部品を納入するため、すでに顧...

核融合をめぐっては日本や米国、欧州など世界7極が参加する国際熱核融合実験炉(イーター)プロジェクトが約20年前に始まった。... 同社は核融合反応により生じた熱の取り出し、核融合炉の加...

夢のエネルギーといわれる核融合発電向けの高温超電導(HTS)線材だ。... 古河電工と同社子会社の米スーパーパワー(ニューヨーク州)は、核融合炉の建設に必要な数百キロメ...

古河電気工業は英トカマクエナジーの核融合炉向け高温超電導(HTS)線材供給に関して2023年内に増産設備を導入する。... 古河電工はトカマクエナジーと核融合炉で用いるHTS線材の供給...

KFは調達した資金で核融合炉を加熱する「ジャイロトロン」の開発を強化する。ジャイロトロンは高出力のマイクロ波を核融合炉に向け発振させ、反応に必要なプラズマ状態を起こし、維持するために使う。... 20...

SiC材・燃料サイクル検証 核融合スタートアップの京都フュージョニアリング(KF、東京都千代田区、長尾昂最高経営責任者〈CEO〉)が核融合炉向けの部品開発を加速してい...

またその先には核融合もある。... 米エネルギー省での評価では、既存の大型軽水炉だけでなく、より規模の小さい革新型原子炉がさまざまに開発されてきたことで、C2Nの機会が大きく膨らんでいるようだ。...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン